Mac OS X 10.11 El Capitan用動画編集ソフト

Wondershare Editor 編集者:

日常の何気ないひとときを切り取ったホームビデオ、仲良しグループで行った旅行のビデオなどを編集して、オリジナル作品を作ると楽しいものです。動画の編集には、動画編集ソフトが必要です。良い編集ソフトは操作が簡単なことはもちろん、処理速度が速く、対応している動画・音楽ファイルの種類も多いです。今回は、新たにリリースされたMac OS X 10.11 El Capitan用の動画編集ソフトのご紹介です。

Part 1: Mac OS X El Capitan--動画編集ソフト

おススメ動画編集ソフト:「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)はwondershareが提供する強力かつ人気の高い編集ソフトです。体験したユーザーからは「初心者でも使えて良かった」や「サクサク動いてくれる」、「テンプレートが豊富で嬉しい」といった声が続々と届いています。

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

肝心な編集機能はトリム、クロップ、回転、BGMの追加などから、トランジションやフィルターなどのエフェクトまで充実しています。完成した作品はMOV、MP4、WMVといった汎用動画形式に変換できるだけでなく、お好みのSNSにアップロードしたり、ISOファイルとしてDVDディスクに保存したりすることも可能です。つまり、自分で動画を作成して満足するだけでなく、周囲と共有することも驚くほど簡単にできてしまうのです。このソフトはあなたの動画ライフを確実に広げてくれるでしょう。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の主な特徴

  • ・多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • ・トリム、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • ・豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • ・イントロ、クレジットやエフェクトで個性的な動画作成
  • ・Macへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力
  • ・*Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac用動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をダウンロードしてください。

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part 2: 他の動画編集ソフトの紹介

OS X El Capitan用編集ソフト1:iMovie

imovie

シンプルな操作画面が最高にかっこいいソフトです。Mac標準装備のアプリケーションに加えられているため無料です。iOSデバイスとの連携もできるので、Macで編集途中だった動画を、出先に持ち出したiOSデバイスで完成させることができます。

OS X El Capitan用編集ソフト2:Avidemux mac版

avidemux

こちらは、オープンソース系の動画編集ソフトです。シェア率の高いほとんどのOS(Mac OS X 10.11 El Capitanを含む)に対応しており、Windowsでも動作します。動画からの音声抽出、複数動画の結合、エンコードなどができます。

OS X El Capitan用編集ソフト3:Final Cut Pro

final cut pro

iMovieのプロ仕様ソフトだと思ってください。値段は張りますが、動画編集のためのすべてが整っています。4K以上の画質でもスムーズに編集でき、使いたいメディアファイルも楽に見つけられます。マグネティックタイムラインの完成度も秀逸です。

OS X El Capitan用編集ソフト4:Video Pad Mac版

videopad

Macの最新のOSであるMac OS X 10.11にも対応している動画編集ソフトです。入力・出力ファイルもほとんどあらゆる形式を網羅しています。インターフェースはオフィスソフトに似た見た目です。編集作業はドラッグ&ドロップが中心ですから、初めてでも戸惑うことは少ないでしょう。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>