X
filmora logo
Filmora-動画編集アプリ
APP Storeからダウンロード(無料)
Google Playからダウンロード(無料)
入手
未経験から動画編集の仕事も受注可能?!
Filmoraを利用して、動画をもっとかこっよくしよう!

動画編集未経験から仕事を受注するまでの3ステップ!【仕事の取り方まで解説】

fukuda
fukuda リリース日: Sep 08, 22, 更新日: Sep 17, 22

未経験の方でも最低限のスキルを身につければ、動画編集の仕事は受注できます。しかし、「動画編集の仕事には難しいスキルが必要」と考えて、動画編集に挑戦できない方は多くみられます。

未経験で動画編集の仕事をしたいなら、案件の受注方法はしっかりと理解しておくとよいでしょう。

本記事では、動画編集の仕事を未経験から始められる理由や、未経験から始めるメリット・デメリット、仕事の受注方法などについて解説します。

「動画編集の仕事をしてみたい!」と考えている方は、本記事を参考にしてください。

目次
Wondershare Filmora11
新機能搭載:自動文字起こし・テキスト読み上げ・縦向き編集モード・スナップショットのpng保存

1.なぜ動画編集の仕事は未経験でも始められるのか

結論から申し上げると、SNSやYouTubeの普及により、動画コンテンツの需要が増えているからです。

国内動画広告の市場調査
出典:サイバーエージェント2021年、国内動画広告の市場調査を発表

上記のデータ通り、動画市場はこれからも拡大する可能性は非常に高いです。そのため、動画編集を発注したい企業や個人は増加しています。

しかし、動画市場の需要に対して、動画クリエイターの数は圧倒的に不足しています。なので、未経験の方でもスキルを身につけるだけで、仕事は確実に受注できるでしょう。

2.動画編集の仕事を未経験から始めるメリット・デメリット

ここでは、動画編集の仕事を未経験から始めるメリット・デメリットを紹介します。メリット・デメリットを理解したうえで、動画編集への一歩を踏み出しましょう。

2.1.動画編集の仕事を未経験から始めるメリット

メリット①在宅で仕事ができる

動画編集の仕事は自宅で対応できるので、職場に出社したり、撮影現場に出向したりする必要はありません。
人によっては、好きな場所で動画編集の仕事を受注しています。動画編集のスキルを身につければ、旅をしながら生活することも可能です。

メリット②学べる環境が充実している

YouTubeやオンライン教材を活用すれば、動画編集のスキルはしっかりと身につきます。短期間でスキルを習得したい方は、スクールを受講して、プロの動画クリエイターから直接指導を受けることも可能です。
10年ほど前は、「映像制作の専門学校を卒業しない限り動画クリエイターになるのは難しい」といわれていました。
しかし、近年では動画編集のスキルを無料でも身につけられます。スキルを学びやすい環境なのは、これから動画編集を始める方の大きな助けになるでしょう。

メリット③簡単に習得できる

動画編集のスキルは、数年前に比べると簡単に習得できるようになりました。なぜなら、動画編集ソフトの性能が年々高くなっているからです。
昔の動画編集ソフトは、エフェクトやトランジションなどは、自分で作成する必要がありました。しかし、近年の動画編集ソフトには、完成されたエフェクトやトランジションが用意されています。
ただし、動画編集ソフトによって使用できる機能は異なるので、これから動画編集を始める方には、素材や機能が充実している動画編集ソフトを推奨します。

2.2.動画編集の仕事を未経験で始めるデメリット

デメリット①案件の単価が低い

カットやテロップなどの動画編集でよく使用するスキルを身につけるだけでも、仕事を受注することは可能です。また、「動画編集未経験でも可能」という案件も多くみられます。
しかし、上記のように「難しいスキルを必要としない仕事」の案件単価は低い傾向です。
動画編集でしっかり稼ぐためには、高いスキルと経験が必要です。 未経験で動画編集を始める方は、仕事を少しずつ受注しながらレベルアップして、1年後に高単価案件を受注できるようになりましょう。

デメリット②実績を作りにくい

「未経験でも可能」という案件はあるものの、実績として使えないケースは多くみられます。
また、実績になる案件に応募しても、未経験の方には「動画編集実績」がないので、案件を勝ち取れる可能性は少ないです。
そのような場合は、自分で映像作品を作り、ポートフォリオとして提出しましょう。
動画編集の業界は、自分で作成した作品をスキルの証明として使用できるので、スキルを身につけたら作品制作に取り掛かりましょう。

デメリット③初期投資がかかる

動画編集を始めるには、パソコンやネット環境を整えるのに初期費用が必要です。人によっては、専用のデスクやチェアを購入する必要もあるでしょう。
初期費用が高額なのは、動画編集のデメリットといえます。しかし、スキルを身につけるとすぐに回収できる金額なので、妥協せずに必要なものを揃えましょう。

3.未経験から動画編集の仕事を受注するまでの3ステップ

ここでは、未経験から動画編集の仕事を受注する方法を紹介します。3ステップで紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Step1動画編集に必要なものを揃える

まずは、動画編集に必要なものを揃えて、動画編集ができる環境を整えましょう。 動画編集に必要なものは、下記の通りです。

動画編集に必要なもの 詳細
ネット環境

ネット環境は、光通信などの高速Wi-Fiをおすすめします。動画編集で扱うデータの容量は大きいため、ポケットWi-Fiやスマホ通信では、データ通信に時間がかかります。

完成した動画データをクライアントに送る際にもWi-Fi環境が整っていないと、動画を納品できません。

動画編集を始める際は、通信速度の速いWi-Fiを用意してください。

パソコン

動画編集は、パソコンで編集作業を行うことが基本です。スマホでも簡単な動画編集はできますが、細かい作業や本格的な動画編集は、スマホでは難しいです。

また、動画編集は重作業になるため、ハイスペックのパソコンを用意する必要があります。動画編集に使えるパソコンの選び方がわからない方は、購入時に店員に相談するか、YouTubeなどを参考にするとよいでしょう。

おすすめ記事:【windows&mac】動画編集用のノートパソコンの選び方&おすすめのノートパソコン

動画編集ソフト

動画編集ソフトには、未経験から上級者向けのものまで、さまざまなソフトが存在します。これから動画編集を始める方は、使いやすくて機能が充実している動画編集ソフトを選ぶとよいでしょう。

上級者向けの動画編集ソフトには、本格的な動画を作成する機能がたくさん用意されています。しかし、初心者では使いこなせない可能性が高いです。

動画編集ソフトの機能は、あなたが作成した動画の質に直結します。これから動画編集の仕事を始めるなら、直感的に使える動画編集ソフトを利用するとよいでしょう。

Step2スキルを身につける

動画編集に必要なものを準備したら、動画編集スキルを身につけましょう。動画編集のスキルを身につける方法は、以下の通りです。

動画編集の副業をするなら、必要なスキルについて、こちらの記事へ

【動画で稼ぐ】動画編集を在宅副業やバイトで始める方法と必要なスキルまとめのPart2.23 

動画編集スキルの勉強方法 詳細
独学

独学は、最も多い動画編集の学習方法です。好きなペースで勉強できるうえ、高額な教材費などは必要ありません。

独学で勉強して動画クリエイターとして起業した方は非常に多いので、動画編集は独学でも十分身につけられるでしょう。ただし、独学はプロの動画クリエイターからフィードバックをもらえません。

なので、あなたの実力を確かめるために、作成した動画はSNSやYouTubeに投稿して、周囲の評価をチェックすることをおすすめします。なお、独学で動画編集を学習する方法は、下記の記事を参考にしてください。

スクール

スクールは、独学とは異なり高額な入学費や受講料が発生します。しかし、短期間でスキルを習得できるので、動画編集で早く稼ぎたい方にはスクールがおすすめです。

案件を発注してくれるスクールもあるため、人によっては、稼ぎながらスキルを身につけられるでしょう。

ただし、先述したように動画編集スクールは高額なので、無理に受講する必要はありません。スクールを検討している方は、自分の収入や生活を考えた上で、無理のない範囲で受講してください。

また、動画編集のスキルを磨けるおすすめのスクールを知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

Step3案件を受注する

スキルを身につけたら、案件を実際に受注しましょう。動画編集のスキルをすべて習得しなくても仕事は受注できるので、参考にしてください。
案件を受注する方法は、下記の通りです。


案件を受注する方法 詳細
クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、案件を発注したい企業や個人と、受注したい人を繋ぐビジネスプラットフォームです。
仕事を発注したい方は「〇〇の動画編集ができる方を募集!」などの案件を掲載して、動画クリエイターが案件に応募するシステムです。
未経験者でも応募できる案件は多いため、実績を作りたい方に最適のサービスといえるでしょう。国内では、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングが有名です。
どのような案件があるのか気になる方は、クラウドワークスやランサーズを覗いてみるとよいでしょう。

知人からの紹介

知人の紹介で動画編集の案件を受注している方は、非常に多いです。というのも、動画を作りたい方は非常に多く、すぐに実績を作れます。

また、自分で事業をしている知人には「プロモーションビデオの作成してみない?」などと相談するとよいでしょう。

ただし、実績の少ないうちに高額な報酬を受け取るのは、トラブルになる可能性があります。駆け出しの間は、「実績を作らせていただく」という気持ちで、知人に案件を紹介してもらいましょう。

求人広告

動画編集ができる方を募集している求人広告は、求人サイトに多くみられます。求人を出している企業によって、求めるスキルのレベルは異なります。

未経験でも募集できる求人もみられるため、動画編集で安定収入を得たい方におすすめの方法です。

直接営業

高単価の案件を受注するなら、法人企業や事業主に直接営業することを推奨します。

ある程度の実績とスキルを求められるので、クラウドソーシングや知人の紹介よりも仕事を受注できるハードルは高いです。

しかし、高単価案件を受注できるうえ、継続的に仕事を受注することが可能です。スキルを身につけて実績を作ったら、直接営業にチャレンジしてください。

4.未経験でもクオリティの高い動画を作るならFilmora!

これから動画編集で仕事を始める方には、「Filmora」という動画編集ソフトをおすすめします。Filmoraは、世界的に有名なクリエイティブ企業「Wondershare」が開発した動画編集ソフトです。

UniConverteを起動して、「ダウンロード」を選択

従来の動画編集ソフトでは難しい機能も、Filmoraでは直感的に使用できます。すべての機能を感覚で使用できるのでで、難しい専門知識は必要ありません。

さらに、Filmoraには「無料で使用できる動画素材」がたくさん用意されています。そのため、効率的に動画編集を進められます。 Filmoraは、プロの動画クリエイターも使用している動画編集ソフトなので、初心者でも本格的な作品を作成することが可能です。

Flmoraの操作に慣れると、動画編集未経験の方でも、案件をすぐに受注できるでしょう。

「動画編集の仕事を少しでも早く受注したい!」と考えている方は、Filmoraで動画編集を勉強しながら、案件を受注してください。

4.1.動画編集未経験でも簡単に使えるFilmoraの機能!

マスク機能

【新機能】動画や画像を簡単合成!マスク機能の活用方法を3つ紹介|Wondershare Filmora

マスク機能とは、ひとつの映像に異なる映像を差し込んだり、映像の一部を切り取ったりする機能のことです。 車のナンバープレートや歩行者の顔にモザイクを加える際に、使用されるテクニックです。 従来の動画編集ソフトでは、マスク機能でモザイクをつけたり、映像を切り抜いたりするのは難しい傾向にあります。 しかし、Filmoraなら直感的にマスクを使用できるので、難しい操作方法を覚える必要はありません。

おすすめ記事:マスクを活用したカッコイイトリック(いたずら)合成動画の撮り方と編集テクニック

スピードランプ

スピードランプ

映像の速度を自由自在に操れるスピードランプは、多くの動画クリエイターが使用するテクニックです。

Filmoraでは、実際の動画を確認しながら映像の速度を調整できるので、感覚的にスピードランプを使用できます。

スポーツのアクションシーンやホラー風動画の作成などで大活躍するスキルなので、ぜひ活用してください。

デザイン文字

デザイン文字

Filmoraには、装飾された「デザイン文字」があらかじめ用意されています。そのため、自分でテキストを加工する手間は必要ありません。

用意されている「デザイン文字」に編集を少し加えるだけで、オリジナルテキストを簡単に作成できます。

手の込んだテキストを作成できる動画クリエイターは重宝されるので、Filmoaのデザイン文字をぜひ使用してください。

おすすめ記事:フォントサイトからダウンロードした好きなフリーフォントのインストールと編集する方法

オートリフレーム

オートリフレームとは、選択した動画を好きな大きさに切り抜く機能です。横画面で撮影した動画を縦画面動画として切り抜く際に、非常に役立つ機能です。

さらに、Filmoraのオートリフレーム機能は、被写体の動きに合わせて映像を切り抜きます。そのため、「縦に動画を切り取ったけど、被写体が動画の外に隠れてしまう」などのトラブルはありません。

「横の動画を縦動画にしてほしい」などの依頼は、近年増えている傾向です。

縦動画の需要はこれからも増えるので、Filmoraのオートリフレーム機能は、必要不可欠なスキルといえるでしょう。

5.未経験から動画クリエイターになる際の注意点

ここでは、未経験から動画クリエイターになる際の注意点を解説します。それぞれの意味を解説するので、参考にしてください。

①焦らずにコツコツ努力する

動画編集の勉強をしていると「初月で30万円稼げました!」などの広告をみつけたり、噂を聞いたりする可能性があります。
短期間で大きな結果を出す方もいらっしゃいますが、気にする必要はありません。

未経験で動画編集の仕事を始めるなら、周囲の噂は一切気にせず、あなたのペースでコツコツ努力しながら、実績を作りましょう。

②稼げるまで時間がかかる

「動画編集の仕事は簡単に稼げる!」と考えている方は多くみられます。しかし、未経験で動画編集の仕事を始めてしっかり稼げるまでは、時間がかかります。

なぜなら、スキルの習得や実績作りは一朝一夕ではいかないからです。

動画編集を本業にしたいと考えている方や、ガッツリ稼ぎたいと考えている方こそ、長期的な目線で焦らず努力してください。

まとめ:動画編集の仕事は未経験でも可能!

本記事では、動画編集の仕事を未経験から始められる理由や、未経験から始めるメリット・デメリット、仕事の受注方法などについて解説しました。

動画の需要は年々増えているので、これから動画編集の仕事に挑戦する方にはチャンスがたくさんあります。しかし、動画編集の仕事で収入を得るためには時間が必要なので、焦らずにコツコツ努力しましょう。

なお、これから動画編集を始める方には、Filmoraでの動画編集学習をおすすめします。すべての機能を直感的に操作できるので、動画編集ソフトを使いこなせるまでの期間は比較的短いです。

動画に使える素材も充実しているので、動画編集未経験の方でも、レベルの高い作品をすぐに作成できるでしょう。

基本的な機能はすべて無料で試せるので、これから動画編集の仕事をしたい方は、Filmoraの素晴らしさを、ぜひ体験してください。

【初心者向け】TikTok・Instagramリール・YouTubeショートに最適な縦動画の作り方|Wondershare Filmora

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
fukuda
fukuda Sep 17, 22
記事をシェアする: