【2019年最新版】流行りの結婚式引き出物まとめ

Jun 18, 2020 • カテゴリ: 結婚式ムービー

【引き出物、みんなはどうしているのかな?】

引き出物は、平安時代、宴を開いた貴族がその成功を喜んで、庭に馬を引き出して、宴会に招いたお客様に贈ったことが由来だと言われています。 現代では、結婚式披露宴に参列してくれた方への、おもてなしと感謝の意味で渡されています。 ここでは、数ある「ウェディング準備」の中でも、とても大切な「引き出物」について考えてみましょう。

結婚

【知っておきたい今年はやった結婚式引き出物5選】

「引き出物」は「メイン引き出物」「引き菓子」「縁起物」と分けてかんがえる事が一般的です。ここでは、「メイン引き出物」について紹介します。№1人気のカタログギフト以外は調査会社により変動しますので順不同です。

● カタログギフト

賛否両論ありますがどの調査でも不動の№1は、自分で品物を選ぶことのできるカタログギフトです。好きなものを選べるのですから間違いありません。

● 食器類・カトラリー

「高級ブランドのシャンパングラス、もし割ってしまったら…」欲しくても躊躇してしまうような食器やカトラリーは引き出物にもらえると嬉しく大切に使うことができます。

● キッチン用品

消耗品として頻度の高い実用的なキッチン用品は、どの家庭でも喜ばれます。

● バス用品

日本人は、きれい好きな民族と言われています。女性は特にバスタイムに重点を置く方が多いので入浴剤、石鹸など、バス用品もうれしいです。

● インテリア・装飾品

こちらは、送り手の趣味が強くでてしまいますので、センスに自信があれば、2人の思いを込めて「引き出物」として贈るのも素敵です。

【ゲストも感心するかも?ユニークな引き出物】

引き出物には、きちんとした言われがあり、ルールのような事も存在していますが、極端に外れていなければ、ある程度の選択の幅が持たされています。少しユニークだったり、受け取った人が感心したりするような引き出物を、ご紹介したいと思います。

● ハンガー

”福を掛ける”という語呂合わせで素材やブランドにこだわった「ハンガー」を引き出物にするのはいかがでしょう。自分で購入すると100円均一や量販店のものを選びがちなので、うれしく感じる人も多いのではないでしょうか。

● 年代・性別・関係性などで送り分け

商品そのものの提案ではありませんが、ゲスト一人ひとりを思い浮かべながら、また関係性やご祝儀の金額などを加味して引き出物を送り分けるという考え方です。 その場合、宴席からの持ち帰り時、外見からはわからない配慮をすることをお勧めします。

【引き出物選びの注意点】

自分たちの結婚を祝ってくれる出席者へ渡す大切な引き出物ですから、誰もが喜んでくれる物を選びたいと思うのが自然です。

● 地域制に注意

「引き出物」に限らず結婚式は地域により、考え方が違う事があります。当たり前ですが、お互いの親族とも良好な状態を保ちたいと考える事でしょう。 そのためにも、皆さんに失礼がないようご両親や式場の方のアドバイスを聞きながら「引き出物」を選びましょう。

● 金額は相場を下回らない

ここでの金額は「メイン・引菓子・縁起物」トータルでの価格です。金額として一般的には披露宴の料理の3分の1と言われています。あまりにも貧相な引き出物は結婚後の人間関係に影響を与える可能性がありますので、しっかり考えましょう。 また、引き出物の送り分けなどを行う場合はこれに限りません。

【あいさつDVDを引き出物に入れてみてはいかがでしょう?】

昔は引き出物そのものに新郎新婦の写真や名前をいれたりしましたが、現在ではあまり好まれません。なので「2人の事をよろしくお願いします」という思いを込め、あいさつDVDを作成し引き出物に加えるのはいかがでしょう。 そんな作品を作成するのにピッタリなソフトがあります。それはWondershare社から発売されている動画編集ソフトFilmora9です。 Filmora9なら動画編集初心者向きなので簡単に作品を作る事ができます。スマホの中の写真やムービーもインポートできるので、そこにエフェクトや音楽(BGM)を加え素敵に編集してください。無料で使える素材が豊富にありますのできっと素敵な作品を作るお手伝いができるはずです。 Filmora9には無料版がありますので、WEBからパソコンにダウンロードして試してみてください。

【Filmora9(旧名:動画編集プロ)】人生の一大イベントであるウェディング・結婚式。ユニークな結婚式ムービーを簡単に作成!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>