youtubeにアップロードする動画の画質を最適に設置すべき!高画質じゃないと人気にならないのか?

Dec 28,2019 • カテゴリ: Youtube動画編集

1. YouTube動画と画質について

YouTubeへ動画をアップロードする際は、テーマや編集に再生時間などに拘っていると思います。 そして、再生回数を増やすには画質が大切と考える方もいらっしゃると思います。 しかし、現在活躍中のYouTuberの中にはiPhoneで撮影した動画を投稿する方がいます。 また、安価なデジカメを使って撮影するユーザーも成功しています。 そこで、YouTube動画と画質の関わりについて紹介します。

You Tube

2. YouTubeへ投稿する動画の最適画質を設定するには

youtubeへアップロードする動画は、どれも画質が良い訳では無いようです。

【動画の画質設定はジャンルにより使い分ける】

動画のテーマが、「世界の絶景百選」の様に景色をメインにしている場合は、4K画質で撮影すると良いと思います。 この場合は、カメラなど高価な撮影機材を準備します。

【投稿初心者はアスペクト比に気を付ける】

投稿初心者の方は、動画の縦と横の比率であるアスペクト比に気を付けて下さい。 YouTubeが推奨するアスペクト比は16:9で、これを守らないと再生ページの上下左右に黒い帯が表示されます。 そんな動画を投稿すると、視聴者から低クオリティという評価を受けてしまいます。慣れるまでは、動画の画質よりアスペクト比に対応する事を意識して下さい。

【とにかく高画質で撮影を】

投稿初心者の方は、スマートフォンやデジカメの画質をどの程度高画質にすれば良いか悩んでしまうと思います。 そんな時は、使用している撮影機材で可能な最高画質で撮影する事をお薦めします。その理由は、動画のジャンルに関わらず高画質がデメリットにならないことです。 そして、高画質にすると動画は重くなりますがインターネット環境の発達により、視聴者に対する通信速度への配慮は気にしないで大丈夫です。 またYouTubeにおいては、視聴者側の通信速度に応じて画質を調整してくれて、視聴者が画質を選択する事も可能です。

【編集ソフトを使って動画を高画質で書き出し】

高画質で撮影した動画は、編集ソフトを使って高画質で書き出します。撮影から時間が経過すると、編集ソフトの選択が適切でないため最終的に低画質の動画になります。 例えばWindowsムービーメーカーの場合は、必要な編集を行った後に「ムービーの保存」をクリックすると動画の画質を選択出来ます。 この時、「YouTube」や「高解像度ディスプレイ用」を選択する事がポイントです。 どの動画編集ソフトにおいても、書き出しの時に高画質の設定を選択しましょう。

【高画質のデメリット】

YouTubeへ高画質動画を定期的に投稿していくと、ハードディスクの容量を消費してしまいます。 また、動画ファイルの容量が大きいほどYouTubeへのアップロードは時間が掛かります。 こうしたデメリットを考慮して、HD画質で動画を制作すると良いでしょう。 動画の画質は、撮影と編集に書き出しという一連の過程において劣化は避けられません。 どうしてもYou Tube公開の動画を高画質にしたい場合は、撮影時の画質を最高レベルにします。

3. 高画質に対応する動画編集ソフトはFilmora9

次の工程を迷わない明快な画面構成と、簡単な操作性を両立した高性能動画編集ソフトは「Filmora9」です。 タイムラインにおいて、マウスのドラッグで画質の調整を行う事が出来ます。また、youtubeへ動画をアップロードする際に4kを含む高画質で直接実行します。 またPCのOSは、WindowsとMacのどちらにも対応しています。お使いのPCに合わせて選択して、無料体験版をダウンロードして下さい。 そして、Filmora9の使いやすさと豊富な素材、高度な編集機能に満足して頂けたら製品版の購入を検討して頂きたく思います。

filmora9

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

4. 最後に

YouTubeへ動画をアップロードする際は、初心者であれば高画質であることを重要視するでしょう。 しかし、ハードディスクの容量を占めることや作業の長時間化を避ける為に、ジャンルに合わせた画質の選択が必要です。 YouTubeにおいて、視聴回数やチャンネル登録者を増やす為には画質の他に動画のテーマなどポイントがあります。 そして、動画の編集は4Kを含む高画質で直接アップロードするFilmora9がお薦めです

「Filmora (フィモーラ)」であなたの面白いを始めよう!

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>