アクションカメラ基本の撮影方法

Wondershare Editor 編集者:

スポーツなどの動画を撮影する場合、どんな撮影をするのでしょうか。

実際にスポーツを行っている選手などの頭や腕などにカメラを設置してから、実際のスポーツの醍醐味をアクションカメラで撮影することで、よりリアルな動画を撮影することが出来ます。スポーツ選手が頭部や腕に小型のカメラを付けて動きを重視したスポーツを撮影することがカメラの撮影のよさであり、付けたカメラのことをアクションカメラといいます。いろいろなスポーツでアクションカメラを使った撮影で有効的なカメラとなっていて、アクションカメラがなければ、躍動感あふれる動画の撮影は出来ないのではと思われます。

そのため、カメラは衝撃に強くて、小型のカメラがアクションカメラとして利用されます。 アクションカメラという言葉を浸透させたのがGoProという機種で、テレビなどのバラエティー番組などでよく使われているカメラです。GoProがアクションカメラの始まりで、その後各メーカーがいろいろなアクションカメラを販売するようになりました。

アクションカメラの撮影方法をご紹介

アクションカメラは、基本自動撮影モードで、付けている人物や乗り物などの動きに合わせた動画を撮影するように出来ています。そのため衝撃にも強くて、ある程度の衝撃を受けても壊れないような設計がされています。雑に扱っても壊れないので、激しいスポーツなどで撮影用によく利用されます。

スポーツの動きをしっかりと撮影することが出来て、それぞれのスポーツの醍醐味である、実際の選手と同じ目線で撮影されるので、撮影後の動画には、リアリティがあります。プロのスポーツ選手の動きを動画で再現できて、そのすごさを自分が写しているかのように体験することが出来る動画を撮影することが出来るのがアクションカメラです。アクションカメラは、通常モニターがついていないものもあり、その場合は、撮影前に撮影モードに設定しておいて、スポーツなどが終了後にどのような映像が撮れているのかを確認するタイプと、別途モニターを付けてから、リモートコントロールで撮影のオン・オフが出来るようなものもあります。

アクションカメラの使い方

アクションカメラの一般的な撮影方法としては、頭にヘルメットをかぶってからそのヘルメットに取り付けて、自動で撮影をするというやり方がよく使われます。テレビなどのジェットコースターなどに乗る場合に使われる撮影方法です。山登りなどでよく使うアクションカメラの撮影方法としては、自撮り棒などに付けてから撮影をするようなときもあります。高速で動く車などでは、フロントのダッシュボードの上に固定したり、フロントガラスに吸盤で固定してから、実際に車の動きをアクションカメラで撮影する方法があります。

バイクレースなどでは、アタッチメントでアクションカメラをバイクに取り付けてから撮影する方法もあります。この場合は、取れないようにしっかりと固定してから撮影をします。動物などの体にくくりつけてから、動物の動きを動物目線で撮影できるようにアクションカメラで動物の動きを撮影することもあります。登山や森林地帯の撮影をするときにはバッグパックにアクションカメラを取り付けてから撮影するケースもあります。この場合は、人の胸の位置くらいからのレンズでの撮影になるので、実際に動画を見ている人が登山などを行っているような感じを受けることが出来ます。

アクションカメラは、いろいろな方法で設置してから、自動撮影をすることで、そのスポーツや動きを実体験しているようにして動画を撮影するので、よりリアルな映像を撮影することが出来ます。

アクションカメラで撮影した動画を編集するソフトー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

  • *多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • *トリム、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • *豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • *イントロ、クレジットやエフェクトで個性的な動画作成
  • *PCへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

アクションカメラサマーコレクション - 今この瞬間をカタチに


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>