音声エフェクトが使える動画編集アプリおすすめ5選

Jun 18, 2020 • カテゴリ: 動画編集のスキル

はじめに

スマホで撮影した動画の音声に、エフェクトをかけることで、動画がどんどん楽しくなりますね。 携帯アプリをダウンロードして、撮影した動画の音声に、エフェクトをかけて楽しみましょう。

今回は、TikTokやSHOWROOM、17LiveなどのSNSサイトに動画をアップする前に、エコーなどのエフェクトをつけるアプリを紹介します。

音声エフェクトが使える動画編集アプリおすすめ5選

おすすめアプリ1:Premiere Rush

Adobe Premiere RushをiPhoneやiPadにダウンロードすると、オンラインでビデオの編集ができます。 スマホの中の動画をつないで、プロが作成したようなハイクオリティーのビデオが編集でき、そのままSNSにアップできる便利なアプリです。 20分ほどの短い動画ならば、外出先で大まかな編集し、iPhoneとPC間でファイルを同期して、自宅でパソコンを使って細かな仕上げ作業もできます。

Premiere Rushのインターフェイスは、直感的で使いやすく、ビデオ編集をグレードアップして、SNSのフォロワーを増やすことができます。 Premiere Rushを起動すると、1分間のビデオ編集の基本手順を学ぶチュートリアルが流れます。

ビデオ・画像・写真を Premiere Rush で編集して、コントロールでカラーやオーディオを調整します。 タイトル・オーディオ・トランジションを追加して仕上げ、様々なソーシャルチャンネルで、動画共有することが簡単にできます。

おすすめアプリ2:VLLO (Vimo/ヴィモ)

VLLOはVimoからパワーアップされた、シンプルに使えるフリーのビデオ編集アプリです。

有料バージョンに切り替えると、出力時の広告表示を取り除くことができ、1,000以上の編集ツールが利用できるようになります。 購入費用も一度支払いで、更新内容も随時アップデート可能です。

オーディオ編集では、背景音楽のフェードイン/アウトができる他、効果音や音声のエフェクトも簡単に追加できます。 テキストの挿入はもちろん、テンプレート・画面比率の選択や変更・速度変更・アニメーション効果などが利用できます。

トリミングをしたり、ケンバーンズ効果で動画を拡大・縮小して雰囲気を出したり、動画を反転・回転して、ユニークな映像が作れます。 音声録画もワンタップでできて、VLLO提供のBGMや、iTunesからも音楽が利用でき、効果音も無料で使えます。

おすすめアプリ3:Voloco

Volocoは、フリーの音声編集ソフトで、録音した音を、リアルタイムで加工できる便利なアプリです。音声にエコーがかけられるほか、オートチューニングやピッチ調整などの音声処理機能が充実していて、初めての人でも使いやすいので人気です。

Volocoでは、プリセットとしてボーカル・エフェクトを搭載していて、様々な歌い方に対応してくれます。 音楽ライブラリーも豊富で、無料ビートライブラリーから選んだ曲を歌うと、Volocoが声に合わせたキーを自動選択してくれます。自動チューニング、ハーモニー、ボコーダーなどの機能で音声を処理し、ラップの音量・音質調整機能が簡単に使えます。 音声や歌を録音したら、ネット上ですぐにシェアでき、自分のセルフィー動画をInstagramなどにアップするのにも便利です。

おすすめアプリ4: Hibiku

Hibikuは、音声にエフェクトをかけて、コンサート会場や大聖堂で聴くような音に加工できます。 マイクとイヤフォンがあれば、どんな音でも「別空間の残響(リバーブ)」を合成することができます。

キッチンで録音した普通の音を、コンサートホールや大聖堂などの、ありえない壮大な空間で聴く音に変身させることのできる面白いアプルです。 アプリをダウンロードしてセットするだけで、歌った声や音楽が、聖歌隊の歌声やオーケストラの重厚な演奏のような残響音に加工できます。

iPhone付属のマイク付きイヤフォンを使って、口笛や鼻歌、街の騒音や鳥のさえずりを録音してその効果を試してみましょう。 6種類のファクトリー・プリセットと、エディット可能な3つのユーザー・プリセットが装備されています。 自宅の限られた空間で、迫力のある動画やミュージックテープを、簡単に作りたい人におすすめのアプリです。

おすすめアプリ5:Voicer

Voicerは、マイクで録音した音に、リアルタイムで素早く音声エフェクトがかけられる、フリーの動画編集ソフトです。 基本的なリバーブやエコーなどのオーディオ・エフェクトから、ロボットの音声へ変換できる効果まで、音声エフェクトは全部で23種類から選べます。

共有機能を使えば、素敵に加工した音声やミュージックを、メールやiTunesで友達とすぐに共有して楽しめます。 サウンド・クラウドにアップロードすれば、より多くの人に、自分の作った自慢のオーディオファイルを発信できます。

音は波形で表示され、タッチ操作で再生し、指のスライドで効果を選択して、片手でらくらく操作。 リアルタイムでエフェクトをかけ、結果を知らせるチャイムがなるため、処理が終わるのをじっと待つ必要もありません。 シンプルなインタフェースにこだわり、利用の際にはあまり使わないアイコンは省いて、初めての人でも分かりやすい操作画面になっています。

PCで動画編集を試したい人にFilmoraProがおすすめ

YouTubeやVimeoなどで、登録ユーザー数を増やしたり、デモリールをアピールして仕事探しをしたりするのには、パソコンでの編集がおすすめです。

PCでは、音響効果や音声挿入の細かなタイミングや、音量の微調整ができるため、本格的なオーディオ編集が可能です。

PC用の動画編集ソフトは数多くありますが、初めて動画編集にチャレンジしてみたい人には、FilmoraProがおすすめです。

FilmoraProは、動画編集の初心者でも、分かりやすい操作画面になっています。

filmore-pro

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

まとめ

今回は、音声エフェクトが使える動画編集アプリを紹介しました。 スマホで撮影した動画の音声に、携帯アプリで簡単にエフェクトをつけることができます。

YouTube動画や、結婚式のビデオ、イベントの動画作成などをするなら、PCを使った動画編集の方がおすすめです。 たくさんの動画編集ソフトがありますが、初めての人でも使いやすいソフトにFilmoraProがあります。スマホで撮った動画の音声に、いろいろなエフェクトをかけて、より魅力的な動画を作ってくださいね。

FilmoraProで動画編集を始める!まずはクイックスタートガイドから~

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>