Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

ビジュアルエフェクトを動画に合成する方法

Wondershare Editor 編集者:

最近はyoutubeなどで個人が制作したものでもかなりクオリティの高い動画を見かけることがあります。こんな映像どうやって撮影したんだろう?CGを使っているのかな?なんて思うようなものもちらほら。そんな動画を自分でも作ってみたいと思ったら高額なCG作成ツールを購入しなくてはいけないのでしょうか?

いいえ、実はそんなことはありません。最近の動画作成ツールは安価なのに機能が豊富で思い通りの映像を簡単に作ることができます。中でもオススメなのがWondershare社の「Filmora(旧名:動画編集プロ)」という動画編集ソフトです。filmoraはほとんどの編集機能をドラッグ・アンド・ドロップで行える、直感的な編集ソフトです。動画の上に動画を重ねたり、BGMをつけたり、テキストを加えたり。逆再生動画なんかも作ることができます。操作方法が分からなくなった時は公式サイトに操作方法が載っている他に、Youtubeの公式チャンネルで実際に操作している映像を見ながら使い方を覚えることができます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Block Buster コレクションVol.1 & 2(爆発、レーザー光線、スパーク、隕石、火炎など)|Filmoraエフェクトストア


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」及びBlockbusterエレメントを紹介する

かなり高性能な動画編集ソフトのfilmoraですが、嬉しいことに無料体験版があるのでまずはお試しで使ってみるということも可能です。お試ししてみて気に入った時は公式サイトから購入が可能ですが、パソコン1台で使うのなら永久ライセンスがオススメです。1年ライセンスと1,000円しか変わらない7,980円という値段なので、間違いなくこちらがお得です。

そんなfilmoraですが、まるで映画のようなビジュアルエフェクトを合成することが簡単にできます。ビジュアルエフェクトって何?という方のために簡単に説明しておくと、「隕石が落ちてくるシーン」や「爆発するシーン」、「地面が突然崩壊してしまうシーン」や「レーザービームが飛んでくるシーン」といったCGを使ったような効果を付けることができるのがビジュアルエフェクトです。filmoraの場合、今説明したようなビジュアルエフェクトは「Block Buster」という別売りのビジュアルエフェクトパックを買うと使うことができます。「Block Buster」はvol.1とvol.2があり各3,980円となっていますが、セットで買うと30%OFFで買うことができます。

filmoraを使ってビジュアルエフェクト(VFX)を動画に合成する方法

実際に購入した「Block Buster」を動画に合成する方法についても紹介したいと思います。

「Block Buster」をインストールする

といってもやり方は簡単で、購入した「Block Buster」のファイルをダウンロードすると「.exe」というファイルがダウンロードされますので、これを開きます。

するとセットアップ画面が表示されますので、画面に従い次へ次へと進みます。この時、filmoraのソフトは起動していない状態にしてください。セットアップが完了したあと、filmoraを立ち上げると購入したビジュアルエフェクトがインストールされています。

ビジュアルエフェクトを追加する

後は「トランジション」や「オーバーレイ」「エレメント」などを選択し、購入したビジュアルエフェクトのカテゴリが追加されているのを確認したら、通常通り動画に挿入したいものをクリックするだけ。位置やサイズなども普通の画像を調整するようにドラッグなどで調整することができます。作業時間はわずか1~2分。購入した「Block Buster」内には映像のエフェクトだけでなく、エフェクトに合ったBGMもセットで入っているので、合わせて使えばより一層雰囲気が出ます。BGMの追加もエフェクトと同じように、追加したい箇所にドラッグ・アンド・ドロップで置くだけなので非常に簡単です。これを使えば簡単に自主制作映画なども作れてしまいそうですね。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」に追加できるビジュアルエフェクトは「Block Buster」のようなハリウッドさながらのCG映像だけでなく、卒業ムービーを作るのにピッタシの「「卒業コレクション」や、フィットネスジムのプロモーションに最適な「フィットネスコレクション」、会社のPV作成に使える「ビジネスコレクション」といったものがあります。本格的に自主制作映画を作りたい人には「シネマオーバーレイコレクション」というのもあるのでオススメです。

とはいってもいきなりパックを購入するのは勇気がいる…という人のために、親切にも無料のエフェクトパックも提供してくれています。種類は4種類あります。どのエフェクトでも合成方法は同じなので、まずは無料のエフェクトをインストールし、合成方法などを学んだ上で有料のビジュアルエフェクトを購入されるのがいいかもしれません。 いずれにしても、filmoraを使えばかなり高度な動画を簡単に制作することができます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Filmoraエフェクトストア登場!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>