Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

ゲーム実況者になるために必要な編集ソフトまとめ 5選

Wondershare Editor 編集者:

ゲーム実況動画を撮影し終えて、いざ動画をyoutubeやニコニコ動画に投稿しようと思っても、撮影した動画をそのままアップロードするだけでは人気が出るとは言い難いですよね。そう、動画を編集して視聴者により楽しんでもらう動画にする必要があります。

ちょうど最近、日本のとあるゲーム実況者が5年という年月を掛けて「色違い(金色)のコイキング1匹で殿堂入りを目指す」というシリーズを完結させたことがYahooニュースやLineニュースに取り上げられていました。この動画は、内容もさることながら「神編集」と呼ばれる非常にクオリティの高い動画であったことが人気に拍車を掛けたのだと思います。ということで、今回は「ゲーム実況者になるために必要な編集ソフトまとめ 5選」と題して筆者がオススメする動画編集ソフトをご紹介したいと思います。

一つ目:「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

そして最後にご紹介するのが筆者が最もオススメする「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。こちらのソフトは編集機能の使い易さはもちろん、PC画面の録画機能もあるため、ゲーム実況の動画を撮影しそのまま編集まで行える優れものです。では、実際にどのような編集ができるのか、簡単にご紹介したいと思います。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の編集機能について

まず、テキストの挿入一つとっても非常に簡単かつ豊富なデザインが用意されています。メニューにあるテキストを選択し、様々なカテゴリのデザインから使用したいものをクリックで選んでいくだけ。文字の修正も挿入したテキストをダブルクリックするだけで行なえます。デザインにはOPに使えるタイトル風なものもあれば、映画の字幕風なデザイン、テレビでよく見るテロップ風なものまで様々あります。画面の切り替えには「トランジション」機能を使いますが、こちらもメニューから気に入ったものをクリックで選んでいくだけの手軽さ。もちろんBGMの挿入もクリック一つできます。

そして実況動画に欠かせないのが「PIP(ピクチャーインピクチャー)機能」ですよね。PIP機能とは背景で流れている動画の上に別の動画を流したり、画像を被せたりする機能のことです。よく実況動画では、ゲーム映像の右下に実況をしている人の映像が小さい窓で出ていたりしませんか?テレビでいうところの「ワイプ」というやつです。

ピクチャーインピクチャー

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」ではこのPIPも簡単にできます。まず、メニューのメディアから背景で流したい動画をアップロードし、左クリックでメイン動画のタイムラインに挿入します。続いてPIPとして使いたい動画を同じようにメニューからアップロードし、今度は右クリック→「PIPに追加」を選択します。すると先ほど挿入したメイン動画の下の段にPIP用の動画が追加されます。あとはサイズや位置などを、タイムテーブル上のPIP動画をクリック→右上のプレビュー画面からドラッグするだけで調整することができます。 filmoraならこれだけ簡単にゲーム実況動画が編集できてしまうのでオススメです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

二つ目:Atiutl

まず二つ目は「Atiutl」というフリーソフトです。聞いたことがある人も多いと思いますが、 無料なのに有料と遜色無い編集機能を備えているソフトです。ですがこのソフト、高機能は高機能なのですがユーザーインターフェースが非常に使いにくい。動画編集初心者では扱いきれない代物です。ソフトをダウンロードして起動するだけでは出力も満足にいかず、拡張機能をインストールしなくてはなりませんが、その方法も非常に分かり辛い。ということでこんなソフトもある程度の紹介に留めておきたいと思います。

三つ目:Windowsムービーメーカ―

続いて三つ目はwindowsPC御用達の「Windowsムービーメーカ―」です。こちらは基本的な動画編集は出来ますが(カットやテキストを被せるなど)、やはりどうしても使い勝手が悪い。正直動画編集のどの字も知らない人が、自分たちの結婚式用の簡単な動画を作るために触る程度のものだと思っております。(完全に偏見ですが)

四つ目:VideoPad

「VideoPad」という30日間無料の動画編集ソフトです。こちらは上記で紹介した2つのソフトと比べインターフェースは使いやすく、文字入れやBGM挿入、カット編集など基本的な動画編集ができるので初心者にオススメとなっています。ただ、有料版が7,000円強という価格なので、この値段を払うなら下記に紹介するソフトの方を買われたほうが良いと思います。

五つ目:VideoStudio

五つ目は「VideoStudio」というソフトです。こちらは完全有料版で少々値が張りますが、解説本なども出ているので便利と言えば便利です。ただし、トランジションという機能を使うと動画のタイムラインにズレが生じてしまう点、文字入れの挿入が少々面倒な点に目をつぶる必要はあるかと思います。

以上が筆者がオススメする動画編集用ソフトになります。これからゲーム実況を始めようと思っている人は、ぜひ使いやすい編集ソフトを使ってください。編集が面倒だとそれだけでゲーム実況動画を撮影するモチベーションが下がってしまいますので。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>