Filmora GWセール・人気VFX素材BlockBusterコレクションが20%OFF!

夏にはやっぱりコレでしょ!花火ソングの定番まとめ

Wondershare Editor 編集者: Apr 01,2017 17:12 pm

日本では、花火は夏の風物詩の定番です。夏という季節を強く感じる花火をテーマにした曲も数多くあります。花火定番ソングを聞いて夏に向かって気分を盛り上げていきましょう!ということで、今回は花火ソングTOP10を紹介します。

1.夏祭り(Whiteberry)

2000年9月に発売された、平成の花火ソングの大定番。これを聞けば誰もが夏をイメージするはずです。この曲はTBS系のテレビドラマ「ふしぎな話」の主題歌に起用され、オリコン最高3位、ドラマ30主題歌初の大ヒット曲となりました。Whiteberryはこの曲で第51回NHK紅白歌合戦に出場を果たしています。

2.HANABI(Mr.Children)

< p> ミスチル好きなら外せないこの一曲。オリコンチャートでは29作連続の初登場一位を獲得、初動売り上げは約25万枚を突破しました。愛しい人への思いを歌った歌詞が、花火の華やかで儚い光と重なって切ない気持ちになります。


3.花火(aiko)

1999年8月にリリースされた、aikoのメジャー3曲目のシングルです。サークルKのCMやテレビアニメ「まっすぐにいこう。」のエンディングテーマなどで幅広く使用されました。Aikoはこの曲でミュージックステーションに初出演しています。曲中の「夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして」というフレーズは、想像しただけでわくわくしてきます。

4.金魚花火(大塚愛)

大塚愛5枚目のシングル。よくあるファミリー向けの花火パックに入っている金魚のイラスト付きの花火をモチーフとして書かれました。大塚愛の澄んだ歌声が暑い夏に涼しげなひと時を運んできてくれます。

5.HANABI(浜崎あゆみ)

2002年に発売された浜崎あゆみのシングル。同年オリコン年間シングルチャート1位を獲得し、唯一のミリオン突破作品となりました。実はこの曲、歌詞に「花火」というフレーズは一つもありません。曲に浸りながらHANABIという題名が美しくリンクしたとき、切ない思いがこみ上げます。

6.HANABI(いきものがかり)

『HANABI』あるいはそれに近い題の曲は多く存在しますが、いきものがかりもこの題で2006年にシングルをリリースしています。オリコンチャート初登場5位を獲得、シングル・アルバム合わせて初のTOP10入りとなりました。アニメ『BLEACH』のエンディングテーマであり、いきものがかり初のアニメタイアップ曲です。アップテンポな曲でテンションもアップ!

7.夢・花火(GARNET CROW)

GARNET CROW21枚目のシングルとして2006年に発売されました。クオリティにこだわり発売を1年延期したことでも知られています。アニメ『メルヘヴン』のオープニングテーマとしてタイアップしました。GARNET CROWらしい深みのある一曲となっています。

8.あの夏の花火(DREAMS COME TRUE)

やや古めの歌ですが、カラオケの花火ソングリクエストランキングでも上位に入っています。花火の光、音、火薬の匂いなど、丁寧に描写された花火と大切な人との思い出が重なります。

9.線香花火(ガガガ花火)

ロックに花火を感じたいならこの一曲。熱い曲調の中に昔を愛おしく思う「僕」の心が見え隠れします。

10.夢花火(金田たつえ)

年配の方に人気なのが花火を歌ったこの演歌。演歌だからこそ感じられる和の雰囲気に浸ってみるのもいいかもしれません。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

ピックアップ記事

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。