フィットネス動画作成時に気を付けたい8つのポイント

Wondershare Editor 編集者:

動画での広告には、いくつかポイントがあります。何でも長く動画を撮影して流せばいいというわけではありません。できるだけ短い動画で、魅力を最大限に紹介できるものを作る必要があります。いろいろな職種のPR動画がありますが、職種によって動画作成のポイントはありますし、どの職種でも利用できる動画というものもあります。動画作成時に、ここだけは気をつけておかなければいけないポイントを見ていきます。フィットネス動画を作成するときのポイントで考えてから、動画作成を行っていきます。

フィットネス動画作成時のポイント8つをご紹介

1つ目:短時間でフィットネス施設の魅力を語れるような動画を作ること

どうしてもPR動画を作成していると、長々と動画を撮影してしまいます。 それでは、視聴者のほうが長すぎて飽きてしまいます。 一番効果的なPR影像として、テレビのCMは勉強になります。 いろいろな手法で商品を紹介していて、そのやり方で商品の売れ行きがまったく変わってきます。 短時間でフィットネスクラブの魅力をできるだけ入れるように心がけます。

2つ目:プログラムの種類やその内容を動画に撮影すること

実際に、プログラムをだらだらと撮影をしても意味がありません。 各プログラムの中で目玉となるトレーニングがあるはずです。 その目玉のトレーニングを、プログラムごとに撮影することで、見る人の心をひきつけてくれます。

3つ目:紹介したいターゲットをはっきりとさせること

誰に見てから来てもらいたいのかがはっきりとしていなければ、ばらばらの動画を撮影することになります。誰をターゲットにしているのかは、重要な動画撮影の条件です。

20歳代の若い女性をターゲットにしているのか、中高年の女性をターゲットにしているのか、働き盛りの男性をターゲットにしているのかなど、年齢層と性別によって作成する動画は大きく変わってきます。そんなターゲットを絞り込むことが重要です。

4つ目:撮影する場所

撮影する場所が屋内なのか屋外なのかで変わってきます。 今回はフィットネスクラブという屋内の教室を対象とした動画を撮影します。 この場合は、よりきれいに撮影をするために、屋内の照明をすべて使って、明るく前向きなフィットネス教室の状況を伝えられるような撮影場所を撮影しなければいけません。

5つ目:撮影時のアングル

撮影時のアングルが重要です。 撮影時にどのようなアングルから撮影するかで、フィットネス動画の質が変わってきます。 若い女性を募集したい場合は、肌の美しさや、しまったからだでトレーニングを受けている姿は、インパクトがあります。

6つ目:見せるだけではなく、聞ける撮影を行うこと

見せるだけではなく、聞ける撮影を行う必要があります。 事前に質問する内容を決めていて、視聴者が聞きたがるような内容を考えてから質問形式で、フィットネスクラブなどの本質に迫ります。 最終的に出来上がった動画では、聞きたい質問とそれに答えるフィットネス関係者の回答を適度に動画内に挿入することが重要です。

7つ目:撮影時のカメラのズームなどをしっかりと使うこと

撮影時のカメラのズームなどをしっかりと使うことが必要です。 プログラムを実践しているときには、全体の動作と部分的な汗や筋肉の動きを見ている人が体感できるように、ズームをうまく使ってからの撮影が必要です。

8つ目:資格と聴覚の両方に刺激を与えること

音の効果を最大限に生かすために、別途危惧などの音を録音してから、実際のプログラムなどの撮影後に、合成して、音で映像を盛り上げていくことも見ている人に聴覚に刺激を与えることができます。 資格と聴覚の両方に刺激を与えることは重要な動画でのPRには欠かせないものです。

フィットネスコレクション - 楽しく充実したフィットネスライフを演出する


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>