料理系Youtuber必見!撮影で使える3つのカメラアングル

Wondershare Editor 編集者:

料理の動画を上手に撮影することは、料理自体をおいしく見せることにつながります。同じ料理を撮影するにしても、カメラアングルをどうするかで、料理の見栄えとおいしさが大きく変わってきます。料理をよりおいしく見せるための方法として、動画撮影時に気をつけてから撮影をすることで、よりきれいな動画を撮影することが出来ます。

さらに、料理をおいしく見せることも出来ます。料理の動画の出来は編集をする以前の問題で、撮影時にどのような撮影をするかでおいしさは大きく変わってきます。料理動画を撮影するときに、どのような点を気にしていれば良いのかをしっかりと学んでから、よりおいしい料理動画を撮影できるようになりましょう。料理ならではの撮影方法がありますので、十分に勉強してから撮影するようにしてください。

料理動画撮影に使えるカメラアングル3つをご紹介

料理系動画を撮影するときに気をつけなければいけない点として、カメラの撮影する位置を変えるだけで大きく変化してきます。料理をした品が何種類もある場合、全体を撮影するのと1品を決めてから撮影をするのでは大きく変わってきます。

カメラアングル1:1品だけに焦点を絞る

メイン料理の動画がほしいときに、その他の副菜も合わせて撮影してしまうと、メイン料理が影が薄くなってしまいます。ということは、おいしさが半減してしまいます。少しでもメイン料理をピックアップしたいのであれば、メイン料理だけにピント合わせてからおいしさを引き立たせるように撮影すれば、見た目以上においしそうな料理を紹介することが出来ます。

周りの料理と比較させないで1品だけに焦点を絞るということは、そのメイン料理だけが見る人の目に飛び込んでくるので、よりおいしさが増します。同じように1品を撮影する場合でも、周りにいろいろな別のものが乱雑に置かれていたりすると、メインで撮影したい料理がおいしそうには見えなくなります。そうならないようにするには、撮影する料理の周りには何も置かないようにして、テーブルと料理のみをおいてから撮影するほうがおいしそうに見えます。

実際に、メイン料理の周りにいろんな皿などを置いてから撮影した場合と、テーブルにメイン料理だけを置いた動画を撮影した場合で、同じ料理で見比べてみるとその違いがすぐにわかります。

カメラアングル2:接写する

ほかには、接写するという方法もあります。 料理の撮影で主役は料理になるので、1品だけを撮影するだけではなく、料理そのものだけにカメラ近づけてから撮影することで、料理本来のおいしさを表現することが出来ます。 料理の皿なども撮影しないで、料理そのものを出来るだけ近くまで寄ってから撮影をするとより料理のおいしさを見出すことが出来ます。

ほかにも料理があってから、取りたい料理の撮影が出来ない場合は、料理そのものに近付けてから撮影することで、ほかの料理がたくさん並んでいても、気にすることなく撮影することが出来ます。

カメラアングル3:「シズル感」を出す

最後に、素人ではなかなか難しいかもしれませんが、「シズル感」を出す方法もあります。 料理の過程で焼くシーンなどを撮影することで、よだれが出そうなくらい料理のうまみを感じることが出来ます。

ステーキなどは、鉄板で焼いているところを撮影することで、鉄板に肉汁が染み出していて、焼いている煙などが撮影できれば、これ以上ナに酔うなおいしさを出すことが出来ます。野菜などは、取立てのジューシーさを出すために、洗った野菜をジューシーさを出しているような撮影をすることが出来れば、おいしさが良くできます。このような撮影時のカメラアングルによって、料理のおいしさを大きく変えることが出来ます。視覚でも、おいしく見せるような撮影は重要なことになります。

料理動画を編集するソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

料理コレクションーあなたの動画をもっと楽しく、もっと美味しく


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>