【ロイヤリティーフリー】Macで使えるオシャレ編集素材紹介

Wondershare Editor 編集者:

まずは、撮影した動画を編集することで撮影しただけの動画よりもきれいな映像にしたり、かっこいい映像にしたりすることが出来ます。 動画を編集するには、単に動画編集ソフトを遣ってから編集するのではなく、ソフトを遣う上で、いろいろな素材を使ってからより効果的な動画へと変身させることが出来ます。 そんな素材集やエフェクトなどを取り揃えている動画編集ソフトを利用することで、より効果的な動画へと編集することが出来ます。 MACユーザー向けの動画編集ソフトやエフェクトに素材集などもあれば、十分に活用してからより見栄えのする動画を作り上げていくことも重要です。 中身よりも見かけが重要で、動画編集をするときの最大の武器は、多くのエフェクトを利用できて、その効果を100%生かすことができることは重要です。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.Macで使えるオシャレ編集素材紹介

動画を編集する上でおしゃれなエフェクトを必要としているときに、どれだけ多くのエフェクトを使えるかということは重要です。 MACユーザーでも利用できる動画編集ソフトで使えるエフェクトがたくさんあれば便利ですし、そういった動画編集ソフトを遣うのは必然です。 まずは、MACで使える動画編集ソフトを見つけてから、その後に動画素材を見つけることが重要です。 最初に動画編集ソフトを利用することで、動画の価値が変わってきます。

Mac動画編集ソフト1 VideoPad

こちらのソフトは、MACでインストールして利用することが出来ます。 初心者でも簡単に操作してから自由に編集することができます。

Mac動画編集ソフト2 youtubeエディタ

こちらの動画編集ソフトは、オンライン上で使えるソフトで、音楽や特殊効果などを編集に取り入れることが出来ます。 クリエイティブコモンズの動画素材を利用することが出来ます。

Mac動画編集ソフト3 iMove

こちらのソフトは、誰もが知っているMACで利用できる動画編集ソフトです。 基本的な動画編集を刷ることが出来て、エフェクトも幾つか用意されているので、動画編集の初心者でも簡単に利用することが出来ます。

Part2.おしゃれな素材集のサイトやエフェクトを見つけていく

幾つかMac上で動作する動画編集ソフトを紹介してきました。 無料で使えて初心者でも利用できるので、簡単にインストールしてから使うことが出来ます。 ただし、おしゃれなエフェクトと言えば、そこまでのエフェクトが用意されていないので、なんとなく物足りない感じはします。 そこで、Mac上で動画編集を刷るときにおしゃれなエフェクトを多数そろえているソフト問えば、有料ですが、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」Mac版という動画編集ソフトがおすすめです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Filmoraを使うと、デフォルトで800以上のエフェクトが用意されていて、使い放題となっています。エフェクトはジャンル分けされていて、どの動画を編集するかで、使い分けることが出来るようになっています。 他にもおしゃれエフェクトとしてfilmoraにはエフェクトセンターというものがあり、filmoraの編集画面の上部にエフェクトセンターへのリンクが張られているので、そちらをクリックしてエフェクトセンターを表示することが出来ます。

エフェクトセンターには、ジオメトリックコレクションがそろっていて、コレクションとしてまとめてダウンロードすることが出来ます。 ジオメトリックコレクションには、たくさんの近未来的なジオメトリックエフェクトを利用することが出来ます。沢山のエフェクトが取り揃えられていて、より動画を装飾してくれます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ジオメトリックコレクション

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>