Macで写真をフォトムービーにするのは簡単です!

Wondershare Editor 編集者:

Macで写真をフォトムービーにするのは簡単

Macユーザーなら、動画の作成・編集にiMovieを使っている人が多いでしょう。 iMovieは、Macで簡単に動画を作成できる優秀なアプリです。 デジカメで撮影した動画を1本のムービーにするのはもちろん、写真を使ってフォトムービーを作る事もできます。

ですが、iMovieのみで作るフォトムービーでは、どこか飾り気がなく無難な印象のフォトムービーしか作れません。そこで、フォトムービー を作成するため、ワンダーシェアの「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)がおすすめです!

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

フォトムービーを作るなら、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)がおすすめ!

Macで撮影した写真からフォトムービーを作るなら、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)が簡単でオススメです。 操作は直感的でわかりやすく、iMovieよりも高度にフォトムービーを演出することができます。 ただ、写真で残しておくのではなく、ムービーとして写真を残してみてはいかがでしょう?

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)で本格的なフォトムービーを作れる!

Step1: Macでフォトムービー写真などの素材を選ぶ

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)の最大の特徴は、デジカメなどで撮影した写真をドラッグ&ドロップで並べ替えるだけで、簡単にフォトムービーを作成できるという点です。

Macスライドショー作成

Step2: iMovieの編集よりも簡単、ラクラク設定

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)では、多彩なテンプレートを搭載しており、「スタイルテンプレート」には、 「一般」、「テーマ」、「3D」があります。フェードインやフェードアウトやスクラップブックなど各種エフェクトがそろっています。

Macスライドショー作成

また、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)にはiPhotoのように写真へエフェクトを掛けて加工することができます。  他にもフォトムービーをトリム機能で加工したり、字幕やBGMの挿入など、非常に便利な機能が搭載されています。

「それならiMovieでもできる」と思うかも知れませんが、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)には豊富なテーマが搭載されています。 あらゆるテーマを選択して、フォトムービーを華やかな物に演出します。 これは、iMovieでは真似のできない機能ですね。

Step3:作ったフォトムービーは簡単に共有できる!

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」(Mac版)で作ったフォトムービーは簡単にYouTubeへアップロードして公開したり、DVDへ焼くことも、iPhoneやiPod touchなどのモバイル端末でも再生することができます。

Web動画やDVDなどのデータ拡張子に関しての知識が無い方でも、直感的に最適な保存形式を選ぶことができます。

Macスライドショー作成

Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Mac版ダウンロード    Windows版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>