動画をかっこよくするにはー編集テクニック

Sep 30,2019 • カテゴリ: 動画編集のコツ

YouTubeの動画を参考にしてみよう

皆さんは「YouTube」はご覧になりますか?様々なジャンルの動画が日々投稿されており、空いた時間についつい見てしまうという方や、一歩進んで動画を投稿しているという方もいるのではないでしょうか?YouTubeに投稿される動画は編集・演出が派手で、凝っているものもあります。 そのような動画が、一体どうやって作られているのか気になったことは無いでしょうか。今回は、動画を制作していく上でよりかっこよく見せる方法を見ていきましょう。  まず、最も身近で参考になるお手本として他のクリエイターの投稿した動画を観ると良いでしょう。クリエイターごとに思い思いの編集が施されていますので、自分の作りたい動画の参考にもなります。 明確にイメージできない方のために、以下に動画をかっこよく見せるためにこだわるべきポイントをまとめてみました。ご参考ください。

ここに手を加えればかっこよく見える!動画編集コツ・テクニックまとめ

・オープニングにこだわろう

動画で一番に目に入るのはやはり「オープニング」です。ここで派手なエフェクトやフォントを用意して表示することで、その後のシーンにも引き込みやすくなります。AfterEffectsや専用のデザインソフトで作成した動画を組み合わせている事もあります。 参考動画としては、海外のクリエイターが投稿している物に多く見られるでしょう。


・BGMを付けて華やかに

上述のオープニング、ゲーム実況などのケースでは要らないこともありますが、BGM素材を使うと一層リッチになります。せっかく作った面白い動画でも、何もBGMがなければ味気ないものになってしまいますから、ぜひ加えたいですね。


・効果音で賑やかに

BGMが必要ないというケースもあるとお話ししましたが、効果音はそういった場合でも外すことはできないでしょう。オープニングの出現時に効果音を流すことでより良いものにすることができますし、後述するテロップ表示の際にも効果音を流すことでテレビ番組のような演出が可能です。 YouTubeで視聴できる動画の中では効果音が入っていないものはほぼありませんので、必須といえるかもしれません。


・テロップを表示して視覚に訴えよう

テロップ(字幕)を表示することで視覚に訴えることも重要です。一部字幕を表示するパターンでも、重要な部分に字幕を表示することによってその部分がキーポイントであることを視聴者に分かりやすく伝えることができます。 バラエティー番組ではテロップやキャプションの表示が笑いにつながっていることも多く、重要な役割を担っているのでうまく使いこなしたいですね。


・ロゴの透かしを表示する

クリエイターの中には、自分のトレードマークともいえるロゴを動画内に透かし表示している方も多く、これもテレビ番組でよくみられる手法です。自分の動画であると視聴者に認識してもらいやすいため、動画の転載対策にも有効です。


・トランジションやジャンクションを挟むことで場面転換を適切に

様々な場面の切り替えが行われる動画の際に、場面転換がぶつ切りなっていると視聴者にどこで場面が変わったのか分かりにくく、場合によっては手抜きの印象を受けてしまいます。 フェードアウトやスクリューエフェクトなどで場面転換を行うか、ジャンクションを挟むことで、ここが編集点であると認識させるのも良い方法です。アイキャッチのように画像や動画を挟むなどすると見栄えが良くなりますね。


・ズームやアニメーションで画面に動きを付ける

動画内で何か出来事があったときに、画面を拡大したり集中選を付けたりして動きを加えると、画が変わることで淡白ではないものにすることができます。 大きなリアクションがあったときに効果音に合わせて、画面をシェイクしてみる等テロップやエフェクトとまた違った角度で視覚に訴えてみましょう。


・エンディングにもこだわろう

ここまで来たらエンディングにもこだわりたいですよね。YouTubeでは「終了画面」機能によってチャンネル登録ボタンやおすすめ動画などを表示することができます。これをうまく活用するべく、エンディングでボタン表示予定の位置を装飾しているケースが多いです。 チャンネル登録者を確保したいなら、エンディングも妥協できませんね。


以上8つほど抑えるべきポイント、動画編集テクニックをご紹介しました。続いては動画制作の際に必要な素材を集める際に有用なサイトをご紹介します。

After Effectsテンプレートや画像・音楽素材をダウンロードできるサイトFilmstocks

素材を集める際に様々なサイトを回ることになりますが、一ヶ所ですべてをまかないたいと思ったことはありませんか?そんな時には「Filmstocks」を利用してみると良いでしょう。 このサイトはAfter Effectsのテンプレートや画像・音楽素材をダウンロードできるサービスになります。無料で利用できる素材のほかにも、月額課金で利用できる素材が大量にあります。 動画制作などの際に利用してみてはいかがでしょうか?

filmstocks

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事を参考に、よりよい動画を制作してください

新サービスFilmstocks登場!|新しくなったFilmoraエフェクトストア


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>