filmora go
FilmoraGo

動画編集&動画作成アプリ

appstore
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう

【mac・Windows】無料で動画を自動編集するソフト5選

Jul 15, 2022 • カテゴリ: 動画編集のコツ

目次:

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

動画を自動編集できる動画編集ソフトFilmora
初心者でも簡単にできる動画編集ソフト
  • 新機能搭載:モザイクのトラッキング、ハイライト自動検出、キーフレーム、モーショントラッキング、オーディオダッキング、カラーマッチなど
  • MP4など多種形式の動画?写真の入力?編集に対応
  • トリミング、結合、クロップ、BGM追加など多様な動画編集機能
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジションで動画をかっこよく編集
  • PIPや色調補正、手振れ補正、クロマキーなどの高度編集機能
  • 自動レンダー&レンダープレビュー機能が充実
  • 分割スクリーンプリセット機能も搭載
  • PCへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力

Part1.動画の自動編集って本当にできるの?

初めて動画編集をする際に、編集って難しそうでよく分からないという方や細かい編集にこだわらない方、時短したいという方など、さまざまいらっしゃるかと思います。そんな方におすすめしたいのが、動画の自動編集機能です。
この記事ではWindowsとMacユーザーに向けて、動画の自動編集ができる無料ソフトを5つご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Part2.動画の自動編集ができるおすすめの無料ソフト5選

動画自動編集ソフト①Filmora

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

動画編集ソフトwondershare filmora

まず初めにご紹介するのが、自動編集機能の他にも非常に便利な機能がさまざま備わっているFilmoraという動画編集ソフトです。試用版で使える機能が限られていますが、それでも十分に動画の自動編集ができます。それでは、機能を詳しく解説していきましょう。

⑴「インスタントモード」

「Filmora」の「インスタントモード」はテンプレートを選択して素材をインポートするだけで、そのテンプレートに合わせておしゃれな動画を自動作成できるため、動画編集が初心者の方向けの機能です。
また、有料版の機能「タイムラインモード」を使用することで、さらに高度な編集機能やエフェクトを使うこともできます。

自動動画編集ソフトインスタントモードテンプレート

  • 起動画面の「インスタントモード」からテンプレートを選択後、「このテンプレートを使用する」をクリックするとログイン画面になります。
  • 「メディアをインポート」をクリックし、5つ以上のメディアをインポート。
  • 「自動作成」をクリックするとそのまま編集画面に移行するので、「エフェクト設定」や「音楽設定」、また「基本設定」でフォントの変更をします。
  • 「エクスポート」をクリックし、名前や保存先を決めたら完了。

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

自動動画編集ソフトインスタントモードエクスポート

⑵「オートモンタージュ」(Windowsのみ対応)

「オートモンタージュ」は、動画に合った音楽やエフェクトが自動的に追加される機能です。テキストなどは追加されないため、動画の構成に自信がない方にはおすすめの機能となっています。また、「自動ハイライトシーン」や音楽の周波数を検出できる「ビート検出」といった機能もあり、自動編集された動画にひと手間加えたい方にもぴったりです。

自動動画編集ソフト

  • 起動画面の「オートモンタージュ」をクリックし「メディアをインポート」を選択。
  • インポート画面下にある「オートモンタージュ」にて「BGM」のスタートポイントや「ビデオエフェクト」を決めた後、「分析する」をクリック。
  • 「タイムラインにエクスポートする」をクリックすると、編集画面のタイムライン上にエクスポートされます。
  • 編集を加えたら「エクスポート」をクリックして保存。

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

自動動画編集ソフト

⑶「オートリフレーム」

動画内の被写体がフレーム内におさまるようにできる「オートリフレーム」は、指定したアスペクト比で動画をトリミングできます。動画のサイズやアスペクト比を自動的に変換してくれるため、作った動画を複数のSNSにアップロードしたいという方におすすめしたい機能です。

  • 起動画面の「オートリフレーム」をクリックした後、「インポート」をクリックして動画をインポート。
  • 「アスペクト比」「モーションスピード」を分析後、「エクスポート」をクリック。
  • 名前や保存先を決め、「エクスポート」をクリックして完了。

他には、上部のメニューバーのツールをクリックして、オートリフレームをクリックするという方法もあります。

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

オートリフレームを開く方法2

⑷「スピードランプ」

動画の速さに緩急をつけることができる「スピードランプ」機能を使うことで、メリハリのある動画が作れます。この機能は有料版のみとなりますが、動画速度の変更や一時停止させるなどの自由なカスタマイズができる便利な機能です。

  • 編集画面にて動画ファイルをインポートしてタイムライン上に配置し、右クリックして「スピード」から「スピードランプ」を選択。

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2
安全2

スピードランプ

  • 「スピードランプ」の設定画面を開いたら、さまざまなカスタマイズが可能。
  • スピードランプカスタマイズ

【新機能】動画に緩急を!スピードランプの使い方を詳しく解説|Wondershare Filmora

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2
安全2

動画自動編集ソフト②「PowerDirector」

CyberLinkから販売している「PowerDirector」は、動画編集や写真編集などができるマルチメディア関連のソフトです。また、「PowerDirector」にはAI技術を搭載した新機能の「AI 自動選択マスク」やエフェクトパック、そして自動で動画編集ができる「自動モード」があります。体験版は30日間利用可能なので、マルチメディアなソフトをお探しの方はまずは体験版をダウンロードしてみましょう。

PowerDirector

動画自動編集ソフト③「Vrew」

AIが動画の音声を認識をし、自動で字幕をつけてくれる無料字幕作成ソフト「Vrew」をご紹介します。そして字幕の作成以外にも、動画の無音部分を自動でカットする機能があるという非常に使い勝手の良いソフトです。ただ、無料の会員登録をしないと1ヶ月間の利用時間が「最大90分」と決まっているため、よく利用する方は会員登録する必要があります。

自動編集ソフトVrew

動画自動編集ソフト④「Quik」

「Quik」とはカメラブランド「GoPro」による動画編集ソフトです。「GoPro」で撮影した動画をインポートすると、そのまま自動的にBGMやエフェクト、トランジション効果などが追加されます。「GoPro」で動画撮影をしている方に特におすすめしたいソフトです。

自動編集ソフトQuik

動画自動編集ソフト⑤ 「Story Remix」

最後にご紹介するのが、Windows 10の「フォト」に内蔵されている「Story Remix」です。動画や写真を選択すると自動的に動画を作成してくれる機能があるので、Windowsユーザーは一度確認してみるのも良いでしょう。

動画を「フォト」で開く

Part3.動画を自動編集できるソフトまとめ

動画を自動編集できるソフトはすべて自分で編集しなくても動画が完成するため、使い方や機能を覚えたりする必要がないという点が非常に魅力的ですよね。動画自動編集の機能を使い、効率よく動画の編集をしてみてはいかがでしょうか?

Filmora 11リリース発表!|スピードランプ・マスクパワーアップなどの新機能を大公開

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2
安全2

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
author

fukuda

編集長

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>