CocoMovieの使い方

Wondershare Editor 編集者:

CocoMovieは、動画広告などを初めて導入する個人事業主や企業経営者であっても、気軽に簡単に利用できることで評判になっている動画広告編集アプリケーションです。CocoMovieの使い方は、「ドラッグ・アンド・ドロップ」と呼ばれる「クリックして、つかんで、はめこむ」だけのプロセスで、ほとんどの作業が完結する仕様になっています。YouTubeやホームページなどに掲載する広告動画だけではなく、さまざまなマーケティングやプロモーション向け動画を、CocoMovieであれば簡単にきれいに作成することができます。インターネットにつながるパソコンさえあれば、CocoMovieのホープページからソフトをダウンロードして、すぐに動画広告の編集作業に入ることができます。動画編集ソフトの中には、ホープページの説明やソフトの解説が英語であるものがありますが、CocoMovieな国産サービスであるため、すべての内容が完全日本語対応になっています。英語が苦手な人は、CocoMovieのソフトをダウンロードすれば使い方で迷うことがありません。

CocoMovieの使い方を紹介する

CocoMovieの最大の特徴は、そのシンプルな使い方です。複雑な工程は一切なく、3ステップで初心者であっても、手軽に動画広告を作成することができるよう設計されています。動画製作者が行う作業は、テンプレートを選んで、マーケティングやプロモーション演出に沿った素材とキャッチフレーズをインポートするだけです。CocoMovieの使い方はとてもシンプルですが、搭載されている機能は多種多様です。また、動画で用いられるテンプレートはあらゆるビジネスシーンに対応できるよう、いろいろなものが用意されています。

動画広告を初めて作成する場合、「動画広告とはそもそも何なのか」、「作成プロセスが複雑ではないのか」と心配する人がいます。CocoMovieであれば、映像の専門家がプロデュースしたテンプレートに当てはめていくだけの作業で、動画広告を簡単に作ることができます。製品紹介、アプリ紹介、WEBサービス紹介、セール情報、人気ランキング、採用情報、メニュー紹介、会社紹介、プロモーション、展示会などのテンプレートが用意されています。また、自分で撮影した写真や画像なども、Cocomovieの動画に簡単に入れ込むことができます。ここでも複雑なプロセスは一切なく、使い方はとてもシンプルです。

ステップ1:挿入したい写真や動画をドラッグして、該当する動画の箇所にドロップするだけです。他の処理は、基本的にCocoMovieのソフトが自動で行ってくれます。

ステップ2:ユーザーが編集した動画は、画面内ですぐに確認可能で、問題がなければそれで手続き完了になります。後は、ファイル名と動画の保存先を入力するだけです。

ステップ3:完成した動画を、個人のブログや会社のホープページに貼り付けることも簡単にできます。CocoMovieのソフトで作成した動画の上にマウスをもっていくと、人とメールのアイコンが表示されます。

ステップ4:人のアイコンを選択して、クリックします。そうすると、「外部貼り付けコード」という画面が出てきます。そのコードをコピーして、個人のブログや会社のホープページに貼り付けるだけです。これによって、ブログやホープページでの動画再生が可能になります。

CocoMovieは、広告動画編集ソフトとして知られていますが、結婚式や誕生日、記念日のお祝い映像を作成するソフトとしても非常に使い勝手が良いです。家族やパートナーとの写真をきれいな動画にする場合でも、簡単に処理が行えるためプライベートな動画作成に利用している人も多くいます。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>