Adobe Premiere Proでカラーグレーディングを適用する方法

Wondershare Editor 編集者:

カラーグレーディングとは?

はじめに「カラーグレーディング」とは何かご存知でしょうか? カラーグレーディングとは、美的・芸術的・伝達目的で動画のシーンや雰囲気、物語などに合わせて、作品として映像の品質を高める作業のことを言います。例えば、楽しいシーンでは鮮やかで明るい色に、怖いシーンなら暗めの色にするなど、雰囲気によって与える印象を変えるのがカラーグレーディングの目的です。 今回は動画編集ソフトAdobe Premiere Proを使ってカラーグレーディングを適用する方法について、紹介します。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.Adobe Premiere Proを使ってカラーグレーディングを適用するには?

カラーグレーディングというのは高度な動画編集ですが、初心者でも編集することができます。以下の手順でカラーグレーディングを適用することが可能です。

ステップ1.新しいプロジェクトを開始する

1. Adobe Premiere Proを起動し、「新規プロジェクト」をクリックします。

2. プロジェクトの名前を入力し、「参照」から保存先を指定します。

3. 入力が完了したら「OK」をクリックします。

新規プロジェクトを開始する

プロジェクトの名前は後からでも変更可能です。 また、プロジェクトファイルを作成する際は、専用のフォルダーを作っておくと良いです。 適当な場所にプロジェクトを保存してしまうと、後からファイルを移動する時に面倒になってしまいます。

ステップ2.動画のインポートとカラーグレーディングの適用

1. タスクバーから「エクスプローラー」を開き、編集したい動画を選択します。

2. 画面右下にある「タイムラインパネル」に動画をドラッグ&ドロップします。

3. メニューバーにある「ウィンドウ」をクリックし、「ワークスペース」から「カラー」を選択します。

4. 画面が切り替わり、画面右側に「Lumetriカラーパネル」が表示されます。

5. 「Look」にあるドロップダウンリストから、任意のカラーエフェクトを選択します。

6. 下部の「フェード」「シャープ」「自然な彩度」「彩度」などを調整します。

カラーグレーディングの適用

手順5でどんなカラーエフェクトか分からない場合は、サムネイルにある「>」アイコンをクリックすることで確認できます。 また、カラーマッチング、ミッドトーンやシャドウ及びハイライトの調整、ビネットの適用など、他にも高度なカラーグレーディングが可能です。

カラーグレーディングの適用

スッテプ3.動画の書き出し

1. 画面左下の「プロジェクトパネル」から「シーケンス(編集した動画)」を選択します。

2. メニューバーにある「ファイル」をクリックし、「書き出し」から「メディア」を選択します。

3. 「出力名」のファイル名をクリックし、任意の名前と保存先を設定したら「保存」をクリックします。

4. MP4形式で書き出す場合は「H.264」、MOV形式で書き出す場合は「QuickTime」を選択します。

5. 「ビデオを書き出し」「オーディオを書き出し」にチェックが入っているか確認します。

6. 好みに合わせて下部の「ビデオ」や「オーディオ」タブなどの設定を行って下さい。

7. 最後に「書き出し」をクリックします。

動画の書き出し

以上でカラーグレーディングの操作は完了です。

Part2.Adobe Premiere Proよりさらに簡単で使いやすさが特徴の「filmora」とは?

Adobe Premiere Proはどちらかと言うとプロ向きの動画編集ソフトなので、あまり初心者には向いていません。もっと簡単に動画編集をするのならWondershareの 「Filmora」 がおすすめです。 Filmoraは強力な編集ツールと種類豊富なエフェクトで、動画をより簡単に編集できるように考えられています。また、編集機能だけでなくFilmoraはシンプルな作りをしているので、見やすく直感的に操作することが可能です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

そして、FilmoraはAdobe Premiere Proより簡単にカラーグレーディングを適用できます。 カラーグレーディングの適用は、画面下部の「タイムライン」にある「カラーチューニング(絵具アイコン)」から設定することができます。 元から調整されている「プリセット」と、好みに調整できる「調整」からカラーグレーディングの適用方法を選択できます。「調整」ではホワイトバランス、カラー、ライト、ビネットなど、カラーグレーディングに必要な機能が揃っています。 ホワイトバランスでは色温度と色合い、カラーでは露光や明るさ、コントラストなど、ライトではハイライトやシャドウ、ビネットでは量やサイズ、円形などの調整が可能です。

カラーグレーディングを適用

いかがでしょうか? Adobe Premiere Proはプロ向きなので初心者には分かりにくいです。 しかし、今回紹介した手順を参考にすればカラーグレーディングも簡単に行うことができます。 また、わずらわしい操作や難しい操作をしたくない方には「filmora」がおすすめです。 「Filmora」 は簡単に動画編集ができるので、Adobe Premiere Proより断然に使いやすいと思います。初心者の方は是非利用してみてはいかがでしょうか。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>