EDIUS Proの評価・評判

Wondershare Editor 編集者:

撮影した動画を編集して、プレゼントしたいと思ったり、自分用の保存版として編集をしたい場合などに利用できる動画編集ソフトというものはあるのでしょうか。 実際にEDIUS Proを使うことでプロ並みの動画編集を行うことが出来ます。 さらにMacで編集したい場合はEDIUS Proがおすすめです。 ほかにも動画編集ソフトはありますが、ほかのソフトですと、操作は簡単だが、そこまでの編集をすることが出来ません。 出来るだけ細かい編集をしたい場合は、EDIUS Proを使うと思ったような編集をすることが出来ます。

EDIUS Proのメリットを紹介する

EDIUS Proという動画編集ソフトは有料版で細かな編集をすることが出来ます。 EDIUS Proの一番のメリットとしては、マルチカムモードという複数カメラで取り入れた動画を取り込んでから編集をすることが出来ます。 同時に編集できる動画の編集が出来るのは、16個まで編集することが出来ます。

EDIUS Proのメリット

デバイスからの直接のキャプチャをするのに細かな設定が出来て、いろいろなデバイスからキャプチャすることが出来ます。 動画の読み込みを行うときにいくつものデバイスを指定できることは、他の動画編集ソフトではあまり見かけません。 この2つの機能は他の編集ソフトでは出来ないような機能です。

ほかにも、いろいろなフォーマットの動画を読み込むことが出来るようになっています。 あとは、画面レイアウトを自由に変更することが出来ます。 使い勝手の良い画面構成に、位置を変えることが出来ます。 使いやすい画面構成というものは、人によって代わってくるので、最初にどのような画面構成で編集を始めるかで操作性も変わってきます。 使用できるエフェクトの種類が豊富で、EDIUS Proではクリップと呼ばれています。 あとは色の設定として、RGBの詳細を編集することが出来ます。 カラーの選択は視覚的に細かく設定することが出来ます。 タイムラインでの動画などの追加や編集をするときには、切り替えボタンをクリックして切り替えできます。 タイムライン上に挿入しているクリップを自由に移動させることも出来て、自由度は他の動画編集ソフトに比べるとずば抜けています。

EDIUS Proのデメリットを紹介する

EDIUS Proを使う上で、操作性は抜群ですが、逆にその自由な操作が、何をどう操作したらいいのかを理解するまでに時間がかかります。 プロの編集者であればEDIUS Proは使い勝手が良くて、複雑な編集をすることが出来ます。 ただし、動画編集に慣れていない人手、今から始めようとする人が、EDIUS Proを使うと、使いこなす前にいやになってあきらめてしまう可能性もあります。 趣味の世界や、動画を軽く編集してからyoutubeなどにアップロードするような場合は、操作が複雑すぎて、何をどう編集すればいいのかがわからなく、あきらめてしまいます。 動画編集でプロになるのではなく、自分の趣味の世界で使えるような編集をするくらいであれば、EDIUS Proは機能的に多すぎて、覚えることが出来ません。

クリップの自由な削除や移動が出来ますが、あまりにもいろいろな編集が出来るので、複雑な編集になりやすく、採取的に出来た動画が意図しない動画になってしまう可能性もあります。 こうなると、本末転倒で出来すぎて使いこなせないということになりかねません。 出来るだけシンプルな操作で編集を行いたいと考えている人には向きません。 ここでおすすめの代わりの動画編集ソフトは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。複雑な操作がなくて、初心者でも簡単に使いこなせます。試してみてはいかがでしょうか。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じのムービーが簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>