Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手

お盆の迎え火・送り火とは?具体的なやり方や行事を紹介

Apr 02, 2024 • カテゴリ: 動画ヒント

お盆には、迎え火と送り火という文化が存在します。この2つは、ご先祖様の霊を迎える・送り出すために必要とされており、今でも受け継がれている文化です。
ただし、迎え火・送り火にはマナーがあります。ご先祖様に失礼のないよう、ただしい知識は理解しておきましょう。
今回は、迎え火と送り火の意味や手順、迎え火・送り火をあわせて行う行事などについて解説します。

目次:

あなたの思い出をビデオとして残りましょう!|Filmora

初心者でも簡単にできる動画編集ソフト
  • 新機能搭載:音声認識、スピードランプ、モザイクのトラッキング、ハイライト自動検出、キーフレーム、オーディオダッキング、カラーマッチなど
  • 多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • 豊富なエフェクト、フィルター、タイトル、トランジションで動画をかっこよく編集
  • PIPや色調補正、手振れ補正、クロマキーなどの高度編集機能
  • 動画トリミング、クロップ、BGM追加など 多様な編集機能
  • 動画を直接YouTubeにアップロード可能、PCへ保存、 DVD作成可能

Part1.迎え火と送り火は、お盆のいつやるの?

地域や宗派によって異なりますが。お盆に行われる迎え火は、盆入りの7月または8月13日の夕方に焚くことが一般的です。送り火は8月16日の夕方から火を炊き始めます。

迎え火はご先祖様の霊が迷わないように目印として火を焚く風習です。そのため、盆入りの夕方から行われます。一方、送り火は、お盆の期間中に一緒に過ごしたご先祖様の諸霊を送り出す行事として、お盆の最終日に火を焚くことが一般的とされています。

Part2.お盆の迎え火・送り火のやり方

迎え火

ここからは、お盆の迎え火と送り火のやり方を見ていきましょう。

2.1.必要なもの

必要なもの

お盆の迎え火と送り火を行う際は、特定の道具や材料が必要です。具体的には、【焙烙(ほうろく)】という素焼きのお皿と、【おがら】と呼ばれる植物の麻の茎部分から作られたものが挙げられます。【おがら】には魔除けの効果があるとされる麻を使用しており、迎え火や送り火を焚くことで清浄な空間を作り、悪い霊を遠ざける効果があるといわれています。

2.2.お盆の迎え火のやり方

お盆初日の夕方に、ご自宅の玄関先や庭、または墓前で迎え火を炊きます。焙烙におがらをいれて火をつけることが一般的な方法です。燃やした際に出る煙がご先祖様の霊の道しるべになるといわれています。火が完全に消えたら迎え火は終了です。

おがらは非常に燃えやすいので、火の扱いには十分注意しましょう。

2.3. 送り火のやり方

お盆最終日の夕方には、送り火を焚きます。基本的には、迎え火と同じ場所で火を焚くことが一般的とされています。迎え火と同様、焙烙におがらを入れて火をつけましょう。ただし、地域や宗派によっては送り火のやり方は異なる可能性があります。

あなたの思い出をビデオとして残りましょう!|Filmora

初心者でも簡単にできる動画編集ソフト
  • 新機能搭載:音声認識、スピードランプ、モザイクのトラッキング、ハイライト自動検出、キーフレーム、オーディオダッキング、カラーマッチなど
  • 多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • 豊富なエフェクト、フィルター、タイトル、トランジションで動画をかっこよく編集
  • PIPや色調補正、手振れ補正、クロマキーなどの高度編集機能
  • 動画トリミング、クロップ、BGM追加など 多様な編集機能
  • 動画を直接YouTubeにアップロード可能、PCへ保存、 DVD作成可能

Part3.迎え火・送り火に合わせて行うお盆の風習・祭り

お盆の風習・祭り

全国には、迎え火と送り火に関連するさまざまな行事や祭りが開催されています。有名な行事では、京都の「五山の送り火」が挙げられます。五山の送り火は毎年8月16日に行われる大規模な送り火の行事です。疫病や水害で亡くなる人を供養し、悪いことを全てあの世へ持っていってもらうという進行が背景にあります。

上記以外にも、山梨県の「富士河口湖 灯籠流し」では、毎年8月16日に灯籠流しが開催されています。この灯籠流しでは、ご先祖様への感謝の言葉を記載して、あの世に送り返すという背景があるようです。

お盆の風習やお祭りは日本独自の美しい文化です。幻想的な行事も行われているので、家族や親戚と足を運んでみてはいかがでしょう。

Part4.思い出をビデオとして残しましょう!

お盆になると、久しぶりに会う親戚や懐かしい友人と再会することも多いでしょう。また、家族で盆祭りに参加するなど、この時期でしか体験できない思い出も多いかと思います。

そのような貴重な思い出を記録として写真や動画に残すなら、少しだけ手を加えて魅力的な作品に仕上げてみたはいかがでしょう。

4.1.おすすめの動画編集ソフトFilmora

夏の思い出を魅力的な作品に編集するなら、動画編集ソフトFilmoraをお試しください。全ての機能を簡単に使用できるうえ、夏にピッタリのテンプレートや動画素材を活用することが可能です。

ここからは、お盆の思い出つくりにピッタリなFilmoraの機能を見ていきましょう。

①豊富なステッカー素材:日本の夏、花火

素材-日本の夏、花火

Filmoraのステッカー機能には、夏を連想させるお盆にピッタリの素材が用意されています。タイムラインに追加するだけでステッカーを表示できるので、難しい操作方法は必要ありません。

素材-日本の夏、花火

かわいいイラスト素材も用意されているため、子どもを可愛く演出できる機能ともいえますね。キュートな動画作成にはピッタリな機能です。

②TTS&stt

動画に字幕を付けたい場合は、Filmoraの自動字幕起こし機能(stt)を活用しましょう。会話が含まれる動画クリップから自動字幕起こし機能をクリックするだけで、動画内の音声を自動でテキストにすることが可能です。

TTS&stt

また、テキストから音声を作成できる機能も搭載されています。テキストファイルをクリックしてテキスト読み上げをクリックすれば、ユニークな音声を作成することが可能です。

TTS&stt

見やすい映像を作りたい場合やテキストからナレーションを作成する際は、ぜひ活用してください。

③タイトル&文字

タイトル&文字

装飾されたテキスト素材が充実していることもFilmoraの魅力です。すでに装飾されたテキストを使用できるので、テキストを編集する手間は必要ありません。

夏にピッタリのテキスト素材も充実しているので、お盆の思い出を彩る機能といえるでしょう。華やかな動画に仕上げたい方は、Filmoraのテキスト素材も覗いてみてください。

④テンプレート:夏祭り、夏の思い出

テンプレート

動画編集の経験がない方は、テンプレートを活用しましょう。Filmoraには、夏をテーマにしたテンプレートが用意されています。

使用したい動画や写真を組み込むだけなので、難しい編集テクニックは必要ありません。

短時間でプロ並みの動画を作りたい方は、Filmoraで使用できるテンプレートを活用するとよいでしょう。

4.2.お盆時期に相応しい素材パック

Filmora専用の動画素材サイトFilmstockを使用すれば、お盆にぴったりの動画素材を手に入れることが可能です。

ここでは、Filmstockでダウンロードできる動画素材を見ていきましょう。

夏祭りー花火パック

夏祭りー花火パック

かわいい夏の動画素材を使用したい方には、夏祭り-花火パックをおすすめします。イラスト素材の花火や猫など、素敵なイラスト素材が充実しています。

夏祭りー縁日パック

夏祭りー縁日パック

お祭りをテーマにした動画を作成する際は、夏祭り-縁日パックがおすすめです。屋台やお面などの動画素材が充実しており、「夏はこれだよね!」と連想させる動画素材をダウンロードできます。

日本夏祭り花火Vol3

日本夏祭り花火Vol3

大人っぽい演出をした方には、日本夏祭り花火Vol3をおすすめします。迎え火・送り火を連想させる素材が含まれており、優しいイメージの動画作りに最適な素材パックです。

Part5.まとめ:迎え火・送り火はお盆の大切な行事である

迎え火や送り火は、ご先祖様さまの諸霊の道標になる大切な風習です。火の焚き方には決まりが あるので、安全に注意しながら行ってください。

また、迎え火・送り火以外にも、お盆にはいくつかのマナーが存在します。初盆はとくに注意が必要です。地域や宗派によって仕来たりはことなるので、お盆休みが始まる前に確認しておきましょう。

関連情報:

今年の花火をきれいに残すためのコツ!|夏の最後の思い出作り

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
author

fukuda

編集長

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>