PowerDirectorの代わりになる動画編集ソフトの紹介

Wondershare Editor 編集者:

撮影した動画をそのまま公開すると視聴者からすると、単なる趣味の動画を公開しているような感じがします。視聴者が見たくなるような動画にするためには、画像を編集してきれいにしたりBGMを入れてから音楽と動画の両方を流したりすることで、視聴者向けの動画に編集しないと、誰も視聴してくれません。そこで、必要なのが動画を編集してから、光度を変えたり飾りつけをしたりといろいろな視聴者へ見せる動画へ編集しなければいけません。

そうするには動画編集ソフトがなければ意味がありません。そんな視聴者向けの動画を編集するためには、PowerDirectorなど有料動画編集ソフトがあります。有料動画編集ソフトを利用する場合は、機能面で無料動画編集ソフトに比べてみても利点がたくさんあり、使い勝手なども良い編集ソフトがあります。

Part 1: PowerDirectorについて簡単に紹介

PowerDirectorを実際に編集する基本的な操作を見ていきます。PowerDirectorでは、エフェクトで動画をよりきれいに見せたりかわいく見せたりする効果があります。そのため、旅行動画などの場合は、小さな画面で別途解説を入れたりすることも出来て、解説を入れると同時に音声を一緒に入れることで、テレビなどでたまにあるワイプ機能を編集することなども出来ます。

動画の速度を調整して早回しをしたり、ゆっくりと流したりすることも出来ます。このような複雑な編集も出来るのがPowerDirectorであり、有料動画編集ソフトの良いところです。動画に効果をつけるために、トランジションをタイムラインの動画挿入エリアへ挿入することで、動画の飾り付けをすることが出来ます。

PowerDirector

読み込んだファイルのうち動画ファイル・音声ファイル・画像ファイルの種類別に表示を切り替えることも出来て、多数入り乱れている場合は、個別のファイル形式にあった表示を行うことも出来ます。初心者が動画を編集するときには、ファイルの表示切替は助かります。出来るだけマウスの操作だけで編集が出来るように操作性もアップしているので、助かります。

Part 2: PowerDirectorの代わりになる動画編集ソフトの紹介

PowerDirectorは操作性や機能面ではある程度の使いやすさがありますが、利用できるプラグイン機能にはちょっと不満な点もあり、使用できるエフェクトの数が若干少ない点などもあります。その点、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では、エフェクトの数が800点以上あり、PowerDirectorに比べてもだいぶ利用できるエフェクトの数が多くなっています。

PowerDirectorの代わりになる動画編集ソフト

さらにエフェクトセンターがあり、不定期ですが、常に最新のエフェクトが追加されています。追加のエフェクトをダウンロードするだけで、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」編集ソフトの中に自動挿入されるので、ダウンロードだけ行えば、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を起動したときにはすでにエフェクトとして利用できる状態になっています。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」にはPowerDirectorにはないようなエフェクトが多数そろっていて、新しいエフェクトも公開されるので、素材には困りません。そんな素材を探せば、編集したい素材を見つけることが出来ます。素材の多さも「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使ってみる価値があります。操作性も初心者向けの簡単編集モードと高度編集モードの2種類があるので、使いやすさとしてもPowerDirectorと遜色ありません。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>