PowerDirectorの評価・評判

Wondershare Editor 編集者:

いろいろな動画編集ソフトがありますが、その中でもPowerDirectorは非常に良くできていて、わかりやすい操作画面などもあり、初心者でも使いやすい動画編集ソフトです。ほかにも無料・有料の動画編集ソフトはありますが、初心者が理解しやすい動画編集ソフトとしてはPowerDirectorがおすすめです。PowerDirectorでもやはり万能ではありません。PowerDirectorのメリットとデメリットについて説明していきます。

PowerDirectorのメリットを紹介する

PowerDirectorの特徴として、長時間の動画を編集したりした場合に、編集した部分だけを書き出しすることが出来ます。通常であれば編集していようがいまいが、すべての動画を書き出しをするのが一般的です。編集していない部分の書き出しは通常必要ないような場合は、編集した部分だけを書き出した方が時間の短縮ができて、便利なのですが、PowerDirectorではこの編集した部分だけを書き出してくれる、画期的な機能があります。

PowerDirector

編集が終わったら、上部にあるメニューの中から「表示」をマウスでクリックしてからプルダウンメニューを表示させます。表示されたメニューの中に、「スマートレタリング情報」というものがありますので、マウスで選択すると、ビデオレタリングの必要がある部分を赤で必要がない部分を緑で表示してくれます。上部の「出力」をマウスでクリックすると出力画面が表示されます。出力画面のスマートレンダリングを選択することで、出力形式のファイルを表示します。このままレンダリングを使ってから出力をすると、編集した部分だけを出力してくれて、時間の短縮と元の画像データの劣化を防止することが出来ます。この機能を使えば、編集途中でいったん保存してからまた違うときに編集をするときなどに、出力時間を短縮できて、元の動画を書き出さないので、劣化を防ぐことににもなります。

PowerDirectorならではの機能で、何度も同じ動画を編集したりする場合に便利な機能です。 PowerDirectorには音声の編集ソフトも就いていて、ほかの動画編集ソフトではないような機能がいろいろと付属でついています。あとは、編集した動画を出力するときにYouTubeやFacebookへ直接アップロードすることも出来ます。この点は、ほかのソフトでは得られないお得を感じてから利用することが出来ます。

PowerDirectorのデメリットを紹介する

PowerDirectorはメリットがたくさんありますが、デメリットもまったくないわけではありません。

動画編集ソフトとして動作する環境もWindowsだけという不便さもあります。Windowsパソコンを使ってから動画を編集する人であれば問題はありませんが、Macを利用してから編集をしたいと思っている人には使えないので、どうしても別のソフトを利用しなければいけません。

PowerDirectorを実際に使ってみて、ほかの動画編集ソフトと比べて見え、画面の切り替えの速度が遅く感じます。パソコンの性能が同一で他の動画編集ソフトと比べてみるとだいぶ画面切り替え速度が遅くて待ちきれない幹事がします。この点も気になるPowerDirectorのデメリットではないでしょうか。

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>