×

素人とは思えない!映画予告風ムービーまとめ5選

Wondershare Editor 編集者:

最近非常に話題となっているのは「映画予告風ムービー」です。素人が作ったとは思えないハイクオリティな動画が多く、映像制作に関わるプロも驚いています。ムービーに使用する写真や動画にこだわるほど、さらに本格的な仕上がりになります。これらの作品は動画編集アプリを使用して作られているものがほとんどです。あなたもアプリを使用してスタイリッシュな動画を作ってみませんか?今回はおすすめの映画予告風ムービーと、ムービーを作るテクニック を紹介します。

おすすめ映画予告風ムービー5選!

1つ目:『カッコいい結婚式オープニングビデオ☆盛り上がる!本格的な映画予告風』

『カッコいい結婚式オープニングビデオ☆盛り上がる!本格的な映画予告風』は、ハリウッド映画のような結婚式オープニングビデオに仕上がっています。通常は「アカデミー賞獲得」などと表示される所を「ラブデミー賞」と表記することで、ユニークな印象を与えます。受賞作品の予告編には顧客の注目を集めるために賞の名称を表示するケースが多いです。映画予告風ムービーは、実際の予告編と同じような効果が得られるため盛り上がりやすくなっています。

2つ目:『英語ナレーション入り映画風オープニングビデオ』

『英語ナレーション入り映画風オープニングビデオ』も結婚式で使用された動画です。英語ナレーションを加えることで洋画の雰囲気を醸し出しています。アプリを使用すればあらかじめ用意されている効果音や、録音したオーディオを使用することが可能です。友人や知り合いに流暢な英語を話せる人がいれば、録音することでムービーへ挿入できるようになります。アプリを使用して結婚式ムービーを作る人は多いものの、英語ナレーションを入れる人は少ないのでムービーを作る際は発想力も重要と言えるでしょう。

3つ目:『絶対に逃げられない【iMovie ホラー映画予告1】』

音楽とエフェクトによってホラー映画の予告風になっているのは『絶対に逃げられない【iMovie ホラー映画予告1】』です。アプリにはあらかじめテーマがいくつか設けられているので、作りたい雰囲気に合わせてテーマを選択します。するとテーマに沿ったBGMやエフェクトを自動で付けてくれるので、クオリティの高い作品になります。写真や文字は自分で演出することになるため、雰囲気に合わせたものを使用しましょう。予告風なので結末を述べたり、断定表現をしないことがテクニックです。「○○なのか?」「果たして…⁉」というように、続きが気になる表現を考えてください。

4つ目:『IMovieの予告編で作って見た。』

『IMovieの予告編で作って見た。』はアクション映画で使われているようなアップテンポの曲を選択しています。素材にはスピーディーなサッカーを使用しているため、アップテンポの曲と雰囲気が非常に合っています。素材とテーマの相性が良いので、視聴者はクオリティが高いように感じやすいです。ハイクオリティの作品を作りたいなら素材とテーマが合っているか考えることがポイントとなります。

5つ目:『iMovie予告編サンプル「超常現象」× PIST RIDER "K"』

『iMovie予告編サンプル「超常現象」× PIST RIDER "K"』は、先程述べた雰囲気を意識して作られています。テーマに合わせた素材が採用されているので、非常にクオリティが高いです。ストーリー性もあるので視聴者の興味をそそります。映画の予告編によくある手法として、予告の最後の方に主人公が危険なシーンを挿入することがあります。こうすることで「続きが気になる」という視聴者心理を刺激するのです。この動画は視聴者心理まで考えていることが分かります。

アプリを使用すれば素人でも今回のおすすめムービーまとめのようなハイクオリティの動画を作ることが可能です。本格的な動画編集ができるWondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」、映画予告風のテーマが設けられているiMovieなどのアプリを利用すると良いでしょう。その際、完成した動画を事前に視聴することでイメージが湧きやすくなります。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

SFコレクション - 未来社会を想像させる大胆なエフェクト


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>