写真の色・明るさを変えるアプリ-写真の色・明るさを加工・調整しましょう

Wondershare Editor 編集者:

写真はどのような状態で撮るかわからない状態で、欠かせない事に色と明るさの調整があります。 暗い場所で撮れば明るさが足りませんし、日差しが強い場所で撮れば色あせてしまい色が足りないという状態に陥り、こちらはいつ発生するか分からないのです。 そのため、写真の明るさや色の調整できる方法を把握して、もし環境が悪い状態で撮っても左右されないようにする事が大事です。


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1.Photoshopで写真の色を変える方法

どのようにして写真の色を変えるや写真の明るさを補正するかという事になるのですが、代表的な方法にPhotoshopがあります。 Photoshopを使用することで、写真の色や明るさをメーターを元に変更する事が可能なのです。 Photoshop自体はプロも使用しているソフトで、実際に自分で使用するとなると高い利用料金をお支払いして使用する必要があります。 そのため、あまりお金をかけられないという方には厳しいかもしれません。

そんなPhotoshopを使用した写真の明るさの調整や写真の色合いの調整の方法ですが、まずPhotoshopを立ち上げて読み込むかドラッグ&ドロップで写真を移動します。 そして、メニューバーよりイメージにて色の調整や明るさの調整を行います。 項目としてはコントラストの設定等を調整していく形になります。

Photoshop自体はそこまで複雑な機能とはなっていないのですが、作りがプロも使用している形となっているため初心者は使用時に混乱する可能性があります。

Photoshop

Part2.写真を色・明るさを変えるソフトの紹介「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

写真の明るさや色合いの調整は仕事でなくても頻繁に使用する機能なので、初心者でも簡単に使用できるソフトが魅力的です。そこで、写真の明るさを調整したり、写真の色を変えるアプリとしてお勧めなものとして、Filmora(旧名:動画編集プロ)があります。 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は初心者でも使用できるインターフェイスを採用しており、機能自体はプロ並みという素晴らしいソフトになります。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をパソコンにインストールして、その後写真を読み込んで、後は入力にて調整をしていくのですが、なんと自動調整という適切な明るさや色にしてくれる機能も付いています。 そのため、どうしていいかわからない時は自動調整をクリックするだけで、適切な環境にしてくれます。

写真の色を変える

写真の色を変えるアプリを利用したいならFilmora(旧名:動画編集プロ)をお勧めします。 特に写真の明るさの加工に関してはとても対応しやすく、写真の背景の色を変えるにしても大活躍してくれます。 写真の色を変える機能を活用して楽しい写真加工をしていきましょう。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>