filmora go
FilmoraGo

動画編集&動画作成アプリ

appstore
App Storeからダウンロード
Google Playで手に入れよう

iPhone13で写真やビデオを編集する

Jul 15, 2022 • カテゴリ: 動画編集アプリ

iPhone13には、シネマティックモードが搭載されています。シネマティックモードはiPhone13シリーズのすべてのモデルに新しく搭載されたすごい機能です!シネマティックモードの特徴から使い方、利用シーンまで確認してみたいと思います。

目次:

iOS版ダウンロード    Android版ダウンロード

Part1.iPhone13の機能

iPhone13の機能は、ビデオ撮影用のシネマティックモードです。 iPhone13シリーズにはすべて搭載されたシネマティックモード。 これは、iPhone13のビデオ撮影用の新機能です。

iPhone13

1.シネマティックモードの主な特徴とは?

シネマティックの特徴には、「本格的な映画のようなボケ感を付与できる」「自動で被写体にピントが合わせ続ける」というものがあります。静止画のポートレートの動画版といってよいでしょう。ピントが合う被写体を自動で調整します。それ以外の背景をボカすことで被写体を浮かびあがらせることが可能です。

2. シネマティックの使い方とは?

シネマティックモードの使い方は通常の動画撮影と同じく、カメラアプリを利用します。また、編集は写真アプリ使います。

3. シネマティックモードの撮影方法

シネマティックモードの撮影方法は、カメラアプリからモード選択でスワイプし、シネマティックモードに切り替えます。

(1)録画ボタンをタップ

(2)自動的に被写体にポイントが合い、背景をボカすことができます。

(3)ピントを移動させたいときには、画面上で被写体をタップ

(4)被写体をダブルクリックすることで、AFトラッキングというフォーカスが自動で被写体を追い続ける設定をします。

(5)録画ボタンを再度タップしたら撮影を停止

(6)スマホを横向きにすると表示される「調整オプション」で被写界深度・明るさ・フラッシュなどが調整できます。

4.シネマティックモードの編集方法とは?

シネマティックモードの編集では、すべての動画で使える機能に加え、被写界深度、フォーカスポイントなどの調整ができます。編集は写真アプリを使用します。

(1)シネマティックモードの被写界深度の調整

写真アプリから調整したい動画を選択します。被写界深度の調整をするときは、被写界深度の調整ボタンをタップ、表示されるスライダをドラッグします。被写界深度は動画全体に適用されるので注意も必要です。調整がすんだら「完了」をタップします。

(2)シネマティックモード、フォーカスポイントの調整

写真アプリから調整したい動画を選択します。ビデオの下にタイムラインが表示されるので、スライダを動かしながら動画を見ると映像内では、被写体を「黄色い枠」ほかの人や物を「白い枠」で囲っています。「黄色い枠」「白い枠」を動かしながらフォーカスポイントの変更や調整していきます。ほかにも被写体をダブルタップすることでAFトラッキングの設定ができます。

(3)シネマティックモードに対応したデバイス

  • iPhone XS , iPhone XR以降
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)
  • iPad Pro 11インチ (第1世代以降)
  • iPad Air (第3世代以降)
  • iPad mini (第5世代以降)

これらのデバイスで編集する場合、最新のiOSやiPadやOSをインストールしておくことが必要です。シネマティックモードの編集は、MacOSも対応します。iPhoneの編集では画面が小さく作業しずらいときには、ほかのデバイスで編集するようにします。

iOS版ダウンロード    Android版ダウンロード

Part2.iPhone13Proで動画をつくる!

iPhone13Proで動画の撮影が驚くほど楽しくできる!!

iPhone13シリーズの主な新機能は高度な手ブレ補正や背景をボカし動画が撮影できる「シネマティックモード」です。マクロ撮影などカメラ周りに新機能は集中しています。カメラのサイズが大きくなり厚みも増しています。カメラを守るためにはカバーも必要となるかもしれません。

1.iPhone13Proビデオ録画の方法とは?

(1)ビデオモードを選択する

(2)撮影ボタンをタップ、あるいはいずれかの音量ボタンを押すと録画が開始されます。

  • 白いシャッターボタンは、静止画像を撮影します
  • 画面をピンチしてズームイン/アウト
  • デュアル、トリプルカメラシステムを搭載するモデルで詳細にズームするには、「1X」をタッチして、押さえたままにしてスライダを左にドラッグします。

(3)撮影ボタンをタップ、音量ボタンを押すことで録画が停止されます。

2.シネマティックモードのビデオ撮影をするには?

シネマティックモードは、ビデオの被写体をくっきりさせて前景と背景ときれいにぼかす被写界深度エフェクトが適用します。被写体を自動的に認識して撮影中に焦点を合わせ続けます。新しい被写体が認識されると焦点ポイントも移動します。

(1)シネマティックモードのビデオ撮影の方法とは?

    • シネマティックモードを選択する
    • 撮影ボタン、音量ボタンを押すことで録画が開始される

画面上の黄色の枠線はその人に焦点があっています。グレイのフレームは人が検出されてはいるけれど、焦点があってはいません。焦点を合わせるには、グレイのボックスをタップします。さらに もういちどタップすることで、その人に焦点がロックされます。ビデオに人が移っていない場合、画面のどこかをタップすることで焦点ポイントを設定できます。

  • 撮影ボタンをタップ、あるいは音量ボタンを押すことで録画が停止できます。

Part 3:iPhone13で写真やビデオを編集する

iPhone対応の画像編集・写真加工アプリでビデオ編集をする!iPhoneやiPadには、十分すぎるほどの画像編集アプリがあります。フィルターの適応、色調整、Instagramに向いた加工エフェクトなどの機能を使えます。iPhoneユーザー向けに厳選されたアプリの紹介と特徴を比較してみたいと思います。最良のアプリを探すことで、素早い編集、エクスポート、アップロードができるようになります。おすすめの画像編集アプリは?

1つ目:【FilmoraGo】

FilmoraGoは、iPhoneとAndroidに対応したムービー作成のアプリです。フォトムービーを使うのも初めてで、自信がない方でもテーマ選択でムービーをおまかせ作成することが可能です。iPhoneとAndroidに搭載された「デュアルカメラ」とは、2つのレンズを通し撮影する機能があり、従来のカメラよりも多彩な撮影方法を可能にしたものです。カメラが2つあることから「デュアルレンズ」「ダブルカメラ」とも呼ばれています。デュアルカメラは2つのレンズにより、一眼レフカメラ並みの機能をもっています。鮮明な写真を手軽るに撮影できます。2016年半ば以降に登場したスマートフォンには、次つぎにこのデュアルカメラが搭載されました。デユアルカメラは「機能切り替え型」「補助型」が主流になっています。「機能切り替え型」は望遠タイプや広角タイプ、サブカメラとメインカメラが異なる特性のレンズが備えられ、シーンごとに切り替えができます。補助型は、一方のカメラレンズに写真の質を向上させる補助委機能がついたタイプのものです。向上させる機能には主にモノクロ、明暗の調整などがあります。

デュアルカメラモードでプロのように録画するには、

(1)被写体を異なる2つの方向から撮影します。

(2)ソフトウェアでデュアルカメラ録画モードを選び、録画ボタンを押すことで2つのビューがビデオクリップとして同時に録画されます。

(3)録画後、FilmoraGoやiMoveiなどの動画編集アプリを使い、2つのビデオクリップを編集および結合することができます。

【FilmoraGo】無料で使える!iPhone動画編集アプリ

iOS版ダウンロード    Android版ダウンロード

関連情報:

二つ目:【Photo Directer】

Photo Directerはプロや熱心な画像編集愛好家に選ばれている編集アプリです。アプリを閉じることなく、アプリ内の写真ストックライブラリーよりビジュアル素材が選べます。アプリ間を移動することなく、たった数回のタップで写真が編集できるし、編集がすむともとの作業の戻れます。スマホで撮影した写真をSNS映えする写真へ、数秒間で作り変えます。早業には、以下のようなものがあります。

  • (1)カラーコレクション
  • (2)照明調整
  • (3)トリミング
  • (4)レタッチ
  • (5)赤目補正
  • (6)ロイヤリティーのShutterstockのストックライブラリー
  • (7)その他多数の機能

三つ目:【Adobe Photoshop Camera】

Adobe Photoshop Cameraには、AI機能があります。AI機能では、マスクの適用、特殊効果、写真補正などの機能が撮影の前後で使用できます。Adobeからは、常に新しいレンズが開発、提供されています。アマチュアの写真家でもクリエイティブな効果が扱えます。写真愛好家向けのアプリでおすすめです。

おすすめの機能について

  • (1)さまざまにアレンジ可能なレンズが定期的に追加されます。
  • (2)Adobe Senseiが写真に応じたフィルター、マスクを調整します。
  • (3)簡単で全自動の編集機能は初心者向けです。

四つ目:【Snapseed】

Snapseedは、経験豊富なクリエイター向けの加工アプリといえます。すべての画像をとことん編集するためのアプリで、外出先で編集するためのクリエイター向けアプリです。Snapseedには自動フィルターがいくつかあり、アプリ内の30以上の編集ツールを自分好みにカスタマイズしながら使用できます。ほかのアプリの中でも一番多くの機能を備えています。あくまでも初心者向けではなく、もし最初からこのアプリを使うとなると苦労が伴います。

おすすめの機能

  • (1)30種類以上のプロレベルの編集ツール
  • (2)ワンタッチで適用可能なプリセット、フィルターなど

まとめ

iPhone13のカメラならシネマティックモードで、まるで映画のようにムービーを仕上げることができます。動画撮影の前には、シネマティックモードの撮影に対応しました。iPhoneを用意しなければなりません。最新のiOSをインストールすることも必要です。シネマティックモードは、どのビデオにも施せる通常編集のほかに、被写界深度やフォーカスポイントの調整ができるものです。iPhone13では、全モデルでシネマティックモードを使用することが可能です。iPhone12では、シネマティックモードは使用できません。

iOS版ダウンロード    Android版ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
author

fukuda

編集長

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>