X
filmora logo
Filmora-動画編集アプリ
APP Storeからダウンロード(無料)
Google Playからダウンロード(無料)
入手

【完全版】Davinci Resolveのモーショントラッキング紹介

Nov 29, 2022 • カテゴリ: 動画編集のコツ

撮影した映像に注目してもらうには、効果的な編集作業を施す事が必要になります。自身のPC環境やスキルに応じて、動画編集ソフトを選択する事が第一歩となります。

とは言え、Windows/Mac OSに対応したソフトは数多く存在して選ぶのも一苦労です。自分では決められないので、ユーザーの評判からMacでDavinci Resolveを活用する事にしました。今回、Davinci Resolveでのモーショントラッキング方法を紹介します。

 目次:

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

1.MacでDavinci Resolveによるテキストモーショントラッキングを追いかける手順

ユーザーから根強い支持を得ているMacで、Davinci Resolveを用いてテキストを追いかける手順を紹介します。

● 新しいクリップの作成

作業領域に素材となる動画を置いて効果を施す場面を切り離します。続いて、動画素材を右クリック→New Fusion Clipで新しい素材を作成後にFusionタブへ移動します。

● トラッキングの開始

Ctrとスペースの二つのキーを押して、出てくる入力欄に「tracker」と入力して作業に必要な「Tracker」を選びます。TrackerとMedia inを接続すると、再生画面にトラッキングの枠が表示されます。トラッカーと呼ばれる枠の小さい四角を選択して追跡したい素材に当てはめます。

続いて、枠の形を追跡対象と同じにしたら外枠にて素材が対象を追跡する範囲を広めに設定します。範囲が決まったら、画面右上の右向き矢印ボタンを選択して動きを確認します。

● テキストの作成

Tマークを作業領域にドラッグアンドドロップして、ワードを入力してからTracker→OperationとアクセスしてMatch Moveにするとテキストが表示されます。ここで再生して、追跡対象とテキストが同じ動きをしている事を確認します。

後は、テキストを選択して文字の大きさやレイアウトタブから任意の位置を決めます。これで、テキストのモーショントラッキングを作成出来ました。

2.Davinci Resolveで3Dカメラトラッカーを使用する手順

● Camera Trackerと素材の接続

まずは、3Dカメラトラッカー機能を担うCamera Trackerと追跡の素材を合体します。

次に、Auto Trackで追跡を開始して続くタブで撮影時のカメラ型番や焦点距離を分かる範囲で入力します。

● 解析

次の工程は、Solveを選択して映像の解析を行います。その際に、Average Solve Errorの値を1.0以下にする事を目指して下さい。ここで、不具合が発生した場合は一つでも多くのコマを追跡する、対象となる人物や動物などを追跡する際にPolygonの効果で邪魔な要素を排除します。

● 3Dツールに変換

続く画面にて、Exportボタンを選択して解析した映像を3Dツールに変換します。最後に、Camera 3D Render 3D等のツールへ3Dになった素材を入れてください。この後は、Davinci Resolveより使いやすくて魅力的な機能を結集した動画編集ソフトを紹介します。

3.Filmora Xの紹介とモーショントラッキングの手順

これまでも沢山の支持を得ているFilmora Xは、9からXへバージョンアップしました。最新バージョンにキーフレーム、モーショントラッキング、オーディオダッキング、カラーマッチなど高度編集機能が搭載されました。

キーフレーム:再生の途中で調整を行い各種の効果が効率的に適用される様にします。

モーショントラッキング:動画に図形や画像等を追いかけさせるモーショントラッキングが追加されました。これによって、ユニークな動画が作成出来ます。

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

動画のインポート

Filmora Xによるモーショントラッキングの手順

● モーショントラックの設定

ソフトを起動後に設定画面を開いて、左上のモーショントラックを選択すると追跡する為のボックスが表示されます。

ボックスをクリックして対象の素材を囲んだら追跡開始を選択します。思い通りに追跡出来ているか確認します。

● 素材の追加

例としてタイトルを挿入します。画面上部のTマークから文字を入力して、作業領域の適用したい箇所へマウスで引っ張り配置します。

最後に、モーショントラックの設定にて文字を選択して再生画面で大きさや位置を確認します。

以上の手順で、Davinci ResolveよりFilmora Xが簡単なステップでモーショントラッキングを施す事が出来ます。

最新の機能で

映像にて人や動物に車などが、画像と一緒に動いていたら作成者の意図が視聴者へダイレクトに伝わります。

今回紹介したFilmora Xなら、Windows/Macの最新OSに対応しているから多くの動画クリエイターが見応えある楽しいムービーを作成出来ます。まずは、あなたのPCへ試用版をダウンロードしてみてください。

関連記事:DaVinci Resolveの使い方:複雑な作業を5つのステップにまとめ>>

Filmora X最新機能!モーショントラッキングの使い方|Wondershare Filmora

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
author

fukuda

編集長

関連記事

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>