X
filmora logo
Filmora-動画編集アプリ
APP Storeからダウンロード(無料)
Google Playからダウンロード(無料)
入手

【2021最新】4K対応プロジェクターのおすすめ5選

Nov 29, 2022 • カテゴリ: Filmora動画編集

 目次:

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

パート1.プロジェクターの4Kの持ち味は何が有る?

「ビジネス用に使用したい」「映画を鑑賞したい」と言った話をよく耳にします。

4Kの画素数はフルハイビジョンの4倍も有りますので、4K対応のプロジェクターは大きな画面に美しい映像を投影するのに向いていると思います。ビジネスのプレゼンでもホームシアターでも映画館にいるような臨場感溢れています。4K高画質ならではの、ぼやけた映像が無くなります。

パート2.4K対応のプロジェクターおススメの選び方!!

★ポイント1.ルーメン(光の明るさ)をチェック!

光の明るさが高ければ、明るい場所でも映像が見やすくなります。薄暗い場所で映画鑑賞とゲームプレイを行うなら1,000から2,000ルーメン、明るい場所でビジネスのプレゼンを行うなら2,500ルーメン以上を備えたものを選びましょう。


★ポイント2.投影性をチェック!

目指したスクリーンに映し出せる投影性の高いプロジェクターは、長い時間鑑賞しても見やすくて疲れる事が有りません。投影位置を微調整が出来るものを選んでください。

4K対応のプロジェクター


★ポイント3.投影距離をチェック!

最短の距離と最長の距離が画面サイズ毎に設定されていますので、最もふさわしい距離を選んでください。


★ポイント4.設置場所をチェック!

プロジェクターを天井に設置したい際には投影角度、壁などに設置する際にはそれぞれの強度を確認してください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

パート3.4K対応のプロジェクターお勧めランキング5選!!

★ナンバー1.「4K対応LEDプロジェクター HU70LS(LGエレクトロニクス)」

特徴的なLGのLEDランプにより、ナチュラルに映し出せる高精細映像になっています。実物を見ているような臨場感を味わえます。


★ナンバー2.「dreamio ホームプロジェクター EH-TW7100(SEIKO EPSON)」

リモートコントローラーのボタンを押すと処理スピードが速くなり、ゲームプレイも快適に出来ます。3LCD方式と3,000ルーメンの輝き度により、明るい映像を体感する事が可能になります。


★ナンバー3.「ホームシネマ・プロジェクター HT2550M(ベンキュージャパン)」

専用のルーム以外にもホームシアター空間を作れています。人々やシーンに最適な色合いを、又は投影する映像によりランプの明るさを自動調整する機能が備わっています。

4K対応プロジェクター

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

★ナンバー4.「スポーツプロジェクター TK800M(ベンキュージャパン)」

スポーツを観戦する専用モードを搭載されています。オーディオにも対応していて、スタジアムの歓声が聞こえて大スクリーンに映し出される選手に握手を求めそうになります。


★ナンバー5.「アドバンスト 4Kレーザープロジェクタ S718QL(Dell)」

だいぶ高い価格ですが、ほんの僅か10cmの距離で100型以上の大スクリーンに映像を投影する事が可能になります。輝き度も5,000ルーメンとかなりの明るさでビジネス用のプレゼンにも必要になります。

関連記事:4Kカメラ付きドローン5選をご紹介>>

関連記事:4KテレビのおすすめランキングTop10>>

パート4.4K動画編集が出来るWondershare Filmoraをお薦め!!

4K対応の動画編集をされたい方にWodershare社のソフトFilmora をお薦めします。

一番の特徴は、4Kの高解像度で撮影されました動画を編集する事が出来ます。
新機能である「モーショントラッキング:グラフィック等を追跡」、「オーディオダッキング:人々のトークを引き立てる」、「カラーマッチ:色の補正をワンクリック」などが有り、とてもローコストで有りながら機能は満載に含まれています。とても操作方法も簡単に出来るので、シンプルイズベストな動画編集ソフトになります。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Filmora

例えば、4Kの動画編集が終わりましたら「エクスポート」をクリックすると、画面が表示されます。解像度が「1920x1080」になっていますので「設定」をクリックします。違う画面が表示され、「品質」を高品質に✔して、「ビデオ」の解像度をプルダウンで「3480x2160」にします。ビットレートや「オーディオ」のチャンネルやビットレートも変える事が出来ます。「OK」をクリック、1つ前の画面に戻り「出力」をクリックします。たったこれだけで4K動画編集のエクスポートが出来るのです。

パート5.4Kプロジェクターのまとめ

4K対応のプロジェクターを5つご紹介しましたが、良いのは合ったでしょうか。良し悪しが有りますので、自分に合ったものを選んでご購入してください。

4K対応のプロジェクターをご購入した際には、まずは動画編集ソフトWondershare Filmora の無料体験版で試してみてください。もしも良かったら有料版をお考えください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

想像力に翼を。|Wondershare Filmora

役に立ちましたか?コメントしましょう!

登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item.name || userName}}
{{item.time}}
{{item.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
user
{{item1.type == 2 ? authName : item1.name ? item1.name : userName}}
{{item1.time}}
@{{item1.reply_to_type == 2 ? authName : item1.reply_to_name ? item1.reply_to_name : userName}} {{item1.message}}
{{item.likes}} 返信をキャンセルする 返信
登録 / ログイン してからコメントを書いてください
author

fukuda

編集長

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

• 4K動画編集
1.1 4K動画リサイズ
1.2 4K動画編集ソフト
1.3 4Kミラーレス一眼
1.4 4Kプロジェクター
1.5 4K動画再生ソフト
1.6 Mac4Kモニター
1.7 4Kモニター
1.8 4kゲーミングモニター
1.9 4Kカメラマイク