背景の雑音を取り除く方法

Wondershare Editor 編集者:

最近では、スマートフォンやパソコンを使い、色々な映像作品を自分で作って楽しむ人が増えてきました。クッキングのレシピやゲーム実況、スポーツにおけるコツなど、生活に役立つ動画は人気を集めています。様々なジャンルの映像を共有できるサービスも普及し、日常的に映像作品を見る機会も、以前と比べて格段に増えました。しかし、せっかく自分で映像作品を作っても、背景の余計な雑音が入ってしまうことがあります。そんな時に利用できるのが、Wondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」という編集ソフトです。今回は、このfilmoraを利用して背景の雑音を取り除く方法についてご紹介します。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

filmoraを利用して背景の雑音を取り除く方法・手順

Wondershare 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、初心者レベルの人から上級者レベルの人まで、幅広いユーザーに対応できる本格的な動画編集ソフトです。このソフトが優れている点は、高い機能を備えつつも簡単な操作で編集作業ができることです。filmoraのインターフェースはシンプルに設計されており、初めて操作する人も直感的に作業できます。filmoraのサイトには「無料体験」も準備されていますので、無料での試用ができます。

ステップ1:最初に、ソフトをインストールしましょう。インストールできたら、「今すぐ開始」でソフトを起動します。続いてモードとアスペクト比を選択しますが、モードは「簡単編集」ではなく「高度編集」の方を選びます。

バックグラウンドノイズを除去する

ステップ2:動画から背景の雑音を取り除くには、映像のファイルをタイムラインの動画トラックへドラッグ&ドロップした後、ダブルクリックします。ダブルクリックすると、オーディオ編集を行うトラックに移動します。

バックグラウンドノイズを除去する

ステップ3:次に、その画面で、「バックグラウンドノイズを除去する」の項目にチェックを入れます。スライダーがありますので、それを使って強弱を調節すれば、適宜背景の雑音を取り除くことができます。

バックグラウンドノイズを除去する

ステップ4:一方、オーディオに入っている背景の雑音を取り除く ためには、タイムラインへオーディオをドラッグ&ドロップして、ダブルクリックします。背景ノイズを取り除く方法は、動画ファイルの場合と同様です。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」に備わっているこの「高度編集モード」は、非常に高いコストパフェーマンスを誇ります。編集スタイルに関しては、タイムライン方式が基本ですが、お好みによってはストーリーボード方式にも対応しています。カット編集をはじめ、動画エフェクトやBGM追加などの編集作業、トランジションエフェクトやテキストの挿入も可能で、動画の編集作業に必須な機能を網羅しています。特に際立っている機能が、「エフェクト」と「動画合成」の機能です。filmora では、上位ソフトの間でも搭載されることが少ない「再生速度調整」および「逆再生」機能や、「フラッシュモーション」、「ピクチャインピクチャ」、「クロマキー合成」といった多彩な機能が搭載されており、見て楽しめる動画を簡単に作成できます。

そして、撮影した時に手ぶれが起きた場合も、ぼやけた画像を補正できる機能も用意されています。取り込みが可能な動画の形式は、AVIやMPG、MP4やWMV、MKVや3GP、FLVやMOVなどとなっています。フィーチャーホンで一般的とされる3GPや、スマートフォンで利用されるMP4は直接編集も対応可能で、幅広く活用することができる点も魅力です。さらに、PCのデスクトップ画面上の操作を、動画の形で取り込む「デスクトップキャプチャ機能」も備わっていますし、PC接続されているWebカメラから映像を取り込んで編集することもできます。filmoraがあれば、オリジナルな作品を誰でも簡単に作成することができますので、動画を編集する楽しみが広がります。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>