Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

撮影した動画内をズームイン&ズームアウトする方法

Wondershare Editor 編集者:

スマートフォンやタブレット端末などで簡単に撮影ができるようになった現在では、多くの動画を扱うことができるようになりました。日常の何気ない風景などを動画ファイルとして残しておくという人も増えてきています。また、スマートフォンたタブレット端末だけでなく、高画質かつ軽量、小型化したビデオカメラの性能もあり、誰もが簡単に動画ファイルを扱うことができるようになっています。基本的に撮影時に、エフェクトを追加したり、ズームイン、ズームアウトをしたりしますが、実は専用のソフトウェアを使用することで、動画撮影後にズームインやズームアウト、強調したい場面などを編集することができるようなります。数あるソフトウェアの中でもおすすめなソフトウェアが、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。filmoraは動画編集ソフトウェアの中でも操作性と視覚的に使用することができる非常に優れたソフトウェアです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

撮影した動画内をズームイン&ズームアウトする方法・手順

スマートフォンやタブレット端末などで撮影した動画の形式は主にmp4という形式が多く、モバイル端末などで再生ができ、軽くて画質も良い形式があります。「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の特徴として、撮影したファイルがソフトウェアが読み込むことができるフォーマットでなくてはいけません。つまり、対応していない拡張子の動画ファイルは読み込むことができないのですが、filmoraはこうしたフォーマットに多く対応しおり、編集後のファイル形式を自分で好みの形式、再生したいデバイスの形式を選択できるようになっています。このことは動画を編集する上で非常に重要な意味を持ち、DVDプレイヤーなどのメディア再生機器で再生するのか、パソコンやスマートフォンで再生するのかで、ファイルのサイズなども異なってきます。このように、撮影後の動画ファイルでも簡単に編集することができるのがfilmoraの編集ソフトウェアです。

では、撮影後のファイルをfilmoraで編集する場合、この場面は動画のこの部分をズームイン、ズームアウトしたいといった場合、どのように操作したらよいでしょうか。簡単に編集することができるのでしょうか。答えは「はい」です。filmoraは非常に優れた動画編集ソフトウェアと先に述べましたが、ソフトウェアの中でもマウス操作で視覚的、直感的に編集ができるのはfilmoraだけと言っても過言ではありません。

ステップ1:作成したファイルをfilmoraに読み込み、どの部分をズームインしたいのかマウスで範囲を指定します。

ステップ2:ズームイン時間は何時から何時までといった細かい指定ができるので、非常に扱いやすい仕組みになっています。動画にズームインズームアウトを入れることで、1本のストーリーが強調される部分になっています。しかも、filmoraの簡単な操作方法によって、入れたい場所を複数個所にしたり、やっぱり入れたくなかった場合に外す場合でも非常に簡単に実施することができます。作成前のレビューやプレビューなどで完成度の印象を調査することができ、非常に優れたソフトウェアとなっています。

ズームイン&ズームアウト

ステップ3:ファイル場の指定した範囲にズームインができるのはそのストーリーで重要な意味を持っており、強調したいだけでなく、そのインパクトを残したり、強弱をつけて興味を持ってもらうような仕掛けとしても利用することができます。

操作方法が簡単でどこにどのくらい、どのようにズームインやズームアウトを入れるのかは、指定した範囲のみで可能です。操作性だけでなく、出力した形式や再生するメディアなどにも考慮して多くの場面に対応ができるのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の最大の特徴でもあり、強みでもあります。誰もが簡単に操作することができる非常に良いソフトウェアです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>