Filmoraエフェクトストア期間限定セール!

料理系Youtuber必見!照明の役割と設置するときのポイント

Wondershare Editor 編集者:

料理動画を作成してから、youtubeにアップすれば、広告収入を得られやすい動画というのはたくさんの人が知っています。ただ、料理動画のできばえしだいで、視聴者数が大きく変わってくるのも知っている人はたくさんいます。では、料理動画を撮影するときに気をつけなければいけないことがあります。それは、料理動画を撮影するときに必要なのが、光です。

光の当て方しだいでは、同じ料理の動画を撮影してyoutubeに公開したときに視聴者数が大きく変わるので、光の当て方や撮影の仕方しだいです。料理動画を撮影するときに、光をどの角度から荒れるかでおいしそうにも見えますし、そうではない場合もあります。出来るだけおいしそうな動画を撮影するために、必要な証明の使い方を紹介します。

照明の役割と設置するときのポイント

ポイント1:照明器具

カメラと一体型の照明があれば、より撮影時にきれいな動画を撮影することが出来ます。リング型の照明がセットされていて撮影時にその照明で照明代わりにすることが出来ます。照明を使うには、いくつもの照明器具があります。素人が料理動画を撮影する場合、普段使える照明器具を使えば、十分な明るさを保つことが出来ます。自宅にあるデスクライトやクリップライトを使うだけでも、きれいな照明として料理の動画撮影で利用できます。 特に屋内での料理の撮影時では、デスクライトはテーブルに固定して、照明の位置を自由に変えることが出来るので、役に立ちます。

ポイント2:照明の当て方

料理動画を撮影するときには、屋内での撮影がほとんどなので、照明は欠かせません。その照明の当て方でも大きく変わってきます。照明を当てるときに一番大事なのは、照明を当ててから料理に陰を付けないということです。料理に影を付けてしまうと、どうしてもおいしさが半減してしまいます。そのためにも影を付けないような照明の当て方をしなければいけません。

照明をカメラとは反対側から当てると、どうしても影が出来てしまうので、あまりよくありません。では、正面から照明を当てるといいのではと思うかもしれませんが、実際には正面から照明を当てすぎると、明るすぎて、料理の色などがはっきりと見えなくなり、本来の料理の色が失われてしまって、おいしさが半減してしまいます。一番理想的な照明の当て方としては、サイドから照明を当ててて、影をなくすには、反対側に反射板を置いておくときれいな料理動画を撮影することが出来ます。その大きな理由として、撮影している料理が立体的に見えて、よりおいしそうに見せることが出来ます。これだけで、料理動画を撮影するときに料理を最大限に見せてから、見る人がおいしそうな料理に最大限照明だけで出来ます。

照明がなければ、見た目があまりおいしくない動画になってしまいます。料理動画を撮影するときの一番きれいでおいしく見せることが出来る照明の使い方してはバックから照明を当ててから逆行モードで撮影をすることが理想的です。その場合、反対側には反射板を左右2箇所をにおいてから、出来るだけ影が出来ないようにして撮影をすると、立体的で美しい料理動画を撮影することが出来ます。照明だけでも気を使うことで、スマホやiPhoneでもきれいな料理動画を撮影することが出来ます。たったこれだけで、普段持ち歩いているスマホやiPhoneだけで料理をくっきりと見せることが出来て、よりおいしそうな動画として撮影することが出来ます。出来上がりお料理をいかにおいしく見せるかは、照明の力が非常に大きな比重を占めています。照明の使い方を覚えておけば、誰でもおいしく撮影することが出来ます。

料理動画を編集するソフトおすすめー「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

料理コレクションーあなたの動画をもっと楽しく、もっと美味しく


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>