料理系Youtuber必見!照明の役割と設置するときのポイント

Dec 12,2019 • カテゴリ: 料理

自慢の料理のレシピを公開する料理動画を作成してYoutubeにアップすると、広告収入を得ることができます。たくさんの人に知ってもらいたいせっかくの料理も、料理動画の出来栄えしだいで視聴者数が大きく左右されてしまうことがあります。誰もが真似したい視聴数が上がる素敵なクッキング動画を作るにはどうしたらよいでしょうか?実は料理系動画の成功の明暗を分けるのが、「しずる感」と撮影時に使う光のテクニックです。

料理動画を撮影するときに、それを見た人が思わず食べたい!と思わせる、業界用語で言う「しずる感」を引き立てるのがポイントです。例えばカレールーなどの食品関係のCMなどをじっくり観察してみると、出来立ての料理からあがる湯気や、スプーンで料理をすくった際に手で繰り出す微妙な振動が食欲をそそります。実際に立ち上がる湯気はカメラにおさめるのが難しく、また静止したままの料理は視覚に訴えることが難しい撮影対象です。そこを光の加減や撮影のテクニックでうまく補うことができれば、視聴者数を増やす人気クッキングチャンネルの確立につなげることができます。

照明の役割と設置するときのポイント

ポイント1:照明器具

カメラと一体型の照明があれば、より撮影時にきれいな動画を撮影することが出来ます。リング型の照明がセットされていて撮影時にその照明で照明代わりにすることが出来ます。素人が料理動画を撮影する場合は、普段使える照明器具を使用するだけで十分な明るさを保つことが出来ます。自宅にあるデスクライトやクリップライトを使うだけでも、きれいな照明として料理の動画撮影で利用できます。特に屋内での料理の撮影時では、デスクライトはテーブルに固定して、照明の位置を自由に変えることが出来るので、役に立ちます。

ポイント2:照明の当て方

料理動画を撮影するときには、屋内での撮影がほとんどなので、照明は欠かせません。照明の当て方でも大きく変わってきます。照明を当てるときに一番大事なのは、照明を当ててから料理に陰を付けないということです。料理に影を付けてしまうと、どうしてもおいしさが半減してしまいます。そのためにも影を付けないよう気を付けてライトアップしましょう。またアングルを工夫して料理を横からではなく、上から撮るのも重要なポイントです。

また正面から照明を当てすぎると明るすぎて、料理の色などがはっきりと見えなくなり、本来の料理の色が失われてしまって、おいしさが半減してしまいます。一番理想的な照明の当て方としては、サイドから照明を当ててて、反対側に反射板を置いておくときれいな料理動画を撮影することが出来ます。料理が立体的に見えて、よりしずる感を演出することが出来ます。

バックから照明を当ててから逆行モードで撮影をするテクニックもおすすめです。反対側には反射板を左右2箇所においてから、出来るだけ影が出来ないようにして撮影をすると、立体的で美しい料理動画を撮影することが出来ます。照明だけでも気を使うことで、スマホやiPhoneでもきれいな料理動画を撮影することが出来ます。たったこれだけで、手持ちのスマホやiPhoneだけで料理をくっきりと見せることが出来て、しずる感あふれる撮影することが出来ます。照明と撮影テクニックを駆使して、人気料理チャンネルを目指しましょう!

料理動画を編集するソフトおすすめー「Filmora(フィモーラ)」

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

料理コレクションーあなたの動画をもっと楽しく、もっと美味しく


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>