Ep. 5 オーディオ分離・フェードイン・フェードアウトーオーディオの基本編集

編集者: May 15,2017 10:57 am

win版ダウンロード    Mac版ダウンロード


動画内に音楽やBGMなどが入っている動画から、オーディオ部分を切り離して、ボリュームなどの調整・設定ができると便利ですよね。しかし、動画編集ソフトによっては、動画内からオーディオを抽出できても分離ができなかったり、英語表記でよく分からなかったり、操作方法が複雑で設定が困難だったり、ということがあるかと思います。そんな難しいオーディオ編集など、「Filmora動画編集」を使えば難しい操作もなく、簡単にオーディオ分離・フェードイン・フェードアウトの編集が可能です。「Filmora動画編集」では、動画内にオーディオが入っていても、動画からオーディオ部分だけを簡単に分離することができます。
◆今回は、「Filmora動画編集」を使って、オーディオの分離・フェードイン・フェードアウトの編集する方法を紹介します。

動画からのオーディオ分離

「Filmora動画編集」を使えば、動画内のオーディオを簡単に切り離すことが可能です。
まず、動画内のオーディオを動画から切り離すには、オーディオが含まれた動画をタイムラインに追加します。タイムラインに動画を追加したら、タイムライン上の動画を右クリックして「オーディオ分離」をクリックします。すると、動画からオーディオを切り離すことができます。動画からオーディオが切り離されると、タイムラインに別のレイヤー(階層)が表示され、そのレイヤーにオーディオが追加されます。これで、動画内からオーディオを切り離すことができました。

フェードイン・フェードアウトの編集方法

フェードインの編集
「Filmora動画編集」では、オーディオのフェードインを編集・設定することができます。
ライムラインに追加したオーディオを編集するには、タイムラインに追加した音楽やBGMなどをダブルクリックします。すると、「基本的なオーディオ編集ツール」が表示されます。そして、その「基本的なオーディオ編集ツール」の中から、フェードインという項目でフェードインの長さを指定します。そうすることで、音楽やBGMなどにフェードイン効果を付け加えることができます。また、この「基本的なオーディオ編集ツール」では、フェードインの他に、オーディオの再生速度やボリューム、ピッチを調整することも可能です。

フェードアウトの編集
「Filmora動画編集」では、オーディオのフェードアウトもフェードインと同様、編集・設定することができます。タイムラインに追加した音楽やBGMなどをダブルクリックします。すると、「基本的なオーディオ編集ツール」が表示されます。そして、そのツール内にあるフェードアウトという項目から、フェードアウトの長さを指定します。そうすることで、音楽やBGMなどにフェードアウト効果を付け加えることができます。

ナレーションの追加
「Filmora動画編集」では、ナレーションを録音して動画に追加することも可能です。
ナレーションを録音・追加するには、ツールバーにある「メディア」から、「録画」アイコンをクリックし、ドロップダウンメニューを表示させます。そして、ドロップダウンメニューから「ナレーションを録音する」をクリックします。すると、「オーディオの録音」というダイアログボックスが表示されます。そのダイアログボックス内にある「マイク」のアイコインをクリックすると、録音が開始されます。録音が終わったら「OK」をクリックします。そうすることで、ナレーションを録音・追加することができます。

いかがでしたでしょうか?
「Filmora動画編集」では、オーディオの分離やフェードイン、フェードアウト、ナレーションの録音・追加など、誰でも簡単に編集・設定ができるのです。オーディオの分離も右クリックから直接行なえるので、ストレスなく、スムーズに動画からオーディオを分離できます。また、音楽や音声、BGMなど、全て共通した設定方法なので、迷うことなくオーディオの編集が行なえます。以上、オーディオの分離・フェードイン・フェードアウトの編集する方法でした。

次のエピソード

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。