SUMMERキャンペーン・第二弾

Ep. 6 動画に音楽を追加する方法

編集者: May 15,2017 10:57 am

win版ダウンロード    Mac版ダウンロード


最近の動画では、編集で動画に音楽を追加するのが当たり前になって来ています。 そのため、インターネットや家電量販店では、音楽の追加を始めとした多彩な編集が可能な動画編集ソフトがたくさん売られています。 ですが、あまりパソコンを使わない方や動画に音楽を追加した事がないと言う方にはどれを選んだら良いか分からないと言う事があると思います。 今回は、動画に音楽を追加できるオススメの動画編集ソフトと「Fimora動画編集」を使って動画に音楽を追加する方法について紹介します。

動画に音楽を追加できるオススメ動画編集ソフト

Aviutl

この「Aviutl」はタイムライン上で動画に音楽を追加できる動画編集ソフトです。
動画に音楽を追加する機能の他、音ズレを修正する機能や動画の明るさの調節できる機能と言った細かい設定が可能です。
使いやすい機能がありますが、ファイル形式などの知識が少ない初心者の方には扱いにくいと言うデメリットもあります。

Avidemux

この「Avidemux」は無料でwindowsやlinux、macで動画編集できるソフトです。
動画に音楽を追加するのはもちろん、音声・音楽の抽出やシーンのカット・結合など幅広い編集を行う事が出来ます。
無料の動画編集ソフトでありながら、高性能で編集が可能ですが、環境によっては正常に作動しないと言った不具合が起きるデメリットがあります。

VideoPad

この動画編集ソフト「VideoPad」は30日間だけですが、無料で編集をすることができます。
音楽の追加、動画の結合やトリミングと言った基本的な編集の他に、音楽をミックス(複数の音楽を重ねること)すると言った高度な設定を初心者の方でも簡単に操作が可能です。
使いやすい面もある一方で、操作に反応しない、OSにアップデートした途端使用できなくなる不具合が起きるデメリットがあります。


動画の音楽を追加できるオススメ動画編集ソフトについて紹介して来ましたが、どれも操作が簡単ではありますが、不具合が起きやすいので、初心者では安心しにくいと思います。ですが、この「Fimora 動画編集」を使えばそのような心配はいりません。
次に「Fimora 動画編集」について紹介します。

「Filmora 動画編集」の特徴

品質低下が無く高性能で、タイムライン上で動画に音楽を追加できる動画編集ソフトです。
基本的に音楽は用意する必要がありますが、この「Fimora 動画編集」は最初から有名な歌手・ミュージシャンの音楽がテーマごとに収録されています。
なので、わざわざ音楽を用意しなくても短い手順で動画に音楽を追加できます。
また、音楽の追加だけでなく音楽のカット機能、マイクで直接ナレーションを入れられる機能など細かい編集をする事も可能です。
もちろん、動画のトリミングやフィルターの適応などの基本的な編集も行う事ができます。
基本的な編集から高度な編集も高性能で使えるのは「Filmora 動画編集」だけです。

「Filmora 動画編集」を使って、動画に音楽を追加する方法。

1 PCを立ち上げて、「Filmora 動画編集」を起動します。

2 初心者向けの「簡単編集モード」と上級者向け「高度編集モード」が表示されます。   どちらでも音楽の追加が可能ですが、今回は「高度編集モード」を選択してください。

3 画面が表示されるので、編集機能のタブから音楽をクリックします。

4 クリックすると、収録されている有名なミュージシャンの音楽トラックがテーマ別に表示されます。   追加したい音楽トラックを選択してタイムライン上にドラッグします。

5 タイムラインの上にある「編集」をクリックして、再生速度、音量、を自分の好みに合わせて編集します。 ドラッグした音楽トラックを右クリックからでも編集が可能です。

6 編集後、動画を再生して音楽が流れれば、音楽の追加が無事完了になります。



このように「Filmora 動画編集」を使えば、非常に簡単な操作で動画に音楽を追加できます。 まだ動画に音楽の追加をした事のない方はぜひこの際、やってみてはいかがでしょうか? 動画編集の幅が前よりかなり広がると思います。

次のエピソード

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。