GoProの静止画の撮り方!初心者が知りたい撮影方法を解説

May 18,2020 • カテゴリ: gopro

GoProの強みは動画撮影だけじゃない

コンパクトなサイズと性能の高さで人気があるGoProですが、写真(静止画)の撮影も得意です。モードとしては、通常撮影と夜間撮影の2種類です。夜間撮影は被写体の周囲が暗くても、ちゃんとした写真が撮れるすごいモードなのですが、今回は省略させていただきます。

GoProはHDR(ハイダイナミックレンジ)といって、通常より広い明るさの幅が表現できる技術を利用した撮影もできます。つまり、その場面に適した明るさに自動調節してくれる機能です。これによって以前は暗い部分は黒く潰れ、明るすぎる部分が白飛びしていたのが、きちんと表現されます。また、レタッチ(画像処理)する際に破綻せず、沢山の色情報が記録されたRAW形式でデータを残せます。RAWで保存することにより、色やコントラスト、彩度などを自分好みにできます。写真加工が好きな人、またはプリントする前に納得行くクオリティに仕上げたい人におすすめです。ただし、容量が大きいので、若干扱いにくい形式かもしれません。 今回はGoProの静止画の撮影方法静止画を写真スライドショーにするWondershare 社の動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を紹介します。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード


Part1.GoPro撮影画面について

GoProは激しい場面の撮影にも対応するため、非常に小型に作られています。画面も相対的に小さいです。しかし、様々な情報が表示されています。上部中央に現在のモード(ビデオか写真、タイムラプスのいずれか)、左は残りの録画時間と撮影可能枚数、右はバッテリーステータスとなっています。下部中央には撮影設定が表示されており、プリセットまたは自身でカスタマイズした内容になります。これ以外にもアイコンのようなものが見えると思いますが、ショートカットでズームやタイマー機能のオン・オフなどができます。

gopro撮影画面

Part2.GoProの静止画の撮影方法

GoProで静止した画像を撮る方法です。具体的な順序を解説する前に、撮影のプリセットと出力の種類を知っておく必要があります。

プリセットは「写真」、「LIVEBURST」、「連写」、「夜間」の4つです。
「写真」はシャッターボタンを1回押すと1枚撮れ、長押しすると連写も可能で、初期設定になっています。
「LIVEBURST」とは、連写の一種でボタンを押す1.5秒前から1.5秒後までを連写する機能です。

出力で選べるオプションは「スーパーフォト」、「HDR」、「標準」、「RAW」の4つです。
「スーパーフォト」は自動で高度な画像処理を行って最高の写真に仕上げ、 「HDR」は光と影が混在した写真を程良く調整してくれます。
どちらも写真モードでのみ、選択できます。

それでは、GoPro静止画の撮り方です:

  • Step1:カメラのセットアップとバッテリーの充電
  • 事前に済ませておきましょう。
  • Step2:モードボタンを押して電源を入れる
  • Step3:写真モードになっているか確認する
  • 写真モードでなければ左右にスワイプして合わせます。
  • Step4:被写体に向けてシャッターボタンを押す

以上の操作で写真撮影ができます。

写真を動画にしてみよう!おすすめアプリ10選>>

Part3.静止画を写真スライドショーにするソフトFilmora9

せっかくゴープロで撮った静止した画像はBGMを追加してスライドショーにするのが一番です。自分で見ても、家族や知り合いに見せても、楽しい時間が過ごせるからです。スライドショーには高度な編集作業は伴いませんので、どんな編集ソフトを使っても問題ありませんが、おすすめは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。Wondershare社から発売されている動画編集ソフトで、無料体験版もあります。操作がとても簡単なので、世界の多くの人々がこのソフトを選んでいます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Filmora9でGoPro写真スライドショー作成の手順は以下になります:

  • Step1:Filmora9を起動

  • あらかじめパソコンにソフトのダウンロードとインストールを完了しておきましょう。

  • Step2:使用する写真と音楽を読み込む

  • 一つのフォルダにまとめておき、Filmora9にドラッグ&ドロップすると早いです。

    動画をインポート

  • Step3:表示する順序を考え、配置する

  • 難しく考えず、直感的にタイムラインへ入れていくのがコツです。

  • Step4:微調整を行う

  • 写真が入れ替わるタイミングが大事です。間にお好みのトランジションを追加して、自然に見えるように調整します。音楽は写真の様子に合わせると効果的です。例えば、思い出のシーンであれば穏やかでスローテンポの曲にします。

    音楽を追加

  • Step5:完成(プレビューで確認)

  • できたら任意の場所にデータを書き出します。DVDに焼いたり、YouTubeなどの動画共有サイトにアップしたりすることも可能です。

    動画共有サイトに動画を直接アップロードする

以上がGoProで写真(静止画)を撮影する方法です。ぜひ今回の記事を参考に、皆さんもGoProデビューしてみてはいかがでしょうか。

GoPro静止画を写真スライドショーにする方法|Filmora9

初心者でも簡単に動画作成できるFilmora 9で、あなたの「面白い」を始めよう!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

fukuda

編集長

0 コメント

サポート

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>