動画キャプチャ、スクリーンレコーディングをする方法

Wondershare Editor 編集者: May 23,2017 17:00 pm

ビデオカメラで撮影した動画や、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で撮影した動画など数々の動画を簡単に保存して閲覧することができるようになりました。インターネット上にアップロードされた動画や、ダウンロードした動画など数多くの物があります。最近では、SNSサイトなどに自分で撮影した動画をアップロードしてみんなで共有することも簡単にできるようになっています。こうした数多くある動画サイトなどは、閲覧することがほとんどで、記憶としては残りますが、記録として残しておくことができません。ダウンロードできるものもありますが、全てがそうとは限りません。こうした場合に、パソコンなどの再生画面を動画キャプチャとして保存しておくことができるソフトウェアがあります。数あるソフトウェアの中でもおすすめなソフトウェアが、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」と言うソフトウェアです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

filmoraを利用して動画キャプチャ、スクリーンレコーディングをする方法

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、誰もが簡単に操作することができるため、使い勝手が良く、簡単に記録することができます。動画キャプチャやスクリーンレコーディングは、欲しい動画サイトなどを閲覧しながら可能になっているため、すぐに実行することができます。

ステップ1:まずはfilmora を起動します。動画キャプチャモードが選択できるため、スクリーンレコーディングのみなのか、動画キャプチャなのかお好みの保存方法を選択します。

スクリーンレコーダー

ステップ2:次に、アスペクト比を指定します。4:3なのか16:9を選択します。最近は16:9がほとんどですが、任意で選択することができるようになっています。

ステップ3:そして、録画ボタンをクリックして画面上で再生されている動画のキャプチャが開始されます。スクリーンレコーディングはマウス操作なども入ってしまうことがあるため、注意が必要です。

スクリーンレコーダー開始

ステップ4:また、filmora は録画開始後は、操作パネルが非表示になるため、ファンクションキーを押下して表示させるようにできるため、動画キャプチャを停止する場合は、ファンクションキーを押下して操作パネルを表示した後、停止ボタンをクリックして停止させます。

スクリーンレコーダーを停止

filmora の設定として、スクリーンレコーディングしたファイルの保存先や出力する動画の保存形式、品質など一般的な設定ができるのも非常にありがたい点となっています。保存先には十分に空き容量があることを確認しておくことが必要です。途中でハードディスクの空き容量がなくなると、システムが不安定になることもあるため、注意が必要です。

filmora の特徴として、この保存した動画をさらに編集することができる点です。画面キャプチャして保存した動画をさらにオリジナル動画として編集することができるのが、filmora の特徴でもあります。欲しい動画は手に入っても、オリジナルとして編集できるので、短い動画を集めて1本の長いストーリーとして完成させたり、文字入れやエフェクトなどのオリジナルシーンを追加したり編集したりすることで、単純な動画もストーリーのある動画として生まれ変わることができます。さらに、動画の出力フォーマットが数々あるため、mp4でスマートフォンで再生できるようにしたり、DVDメディアを作成して自宅のDVDやブルーレイプレイヤーなどで再生してテレビで閲覧するということも可能になっています。filmora はこのように、録画したスクリーンレコーディングファイルを単純に保存しておくだけでなく、オリジナルとして完成させる、編集することができるというのが1本のソフトウェアで完結するというのが非常にメリットのあるソフトウェアとなっています。簡単操作で、誰もができるのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。