有料動画編集ソフトおすすめTOP10

Wondershare Editor 編集者:

有料の動画編集ソフトとは

有料動画編集ソフトを使ってプロが作ったような動画を作ってみたいけれど、機能やその使い方をはじめとして、対応しているパソコンのOSなども分からない場合があるでしょう。そういった方たちの為に、今回はお薦めの有料動画編集ソフト10選を紹介していきたいと思います。

有料動画編集ソフトの最強おすすめ人気ランキング10選

おススメソフト1:Filmora

Filmora(旧名:動画編集プロ)」は初心者の方でも簡単に見栄えのある動画を作成出来るソフトです。メリットとして、豊富なテンプレートやBGM素材があるので編集がしやすいと思います。 また、動画のトリミング機能や動画自体の音声、BGMの音量調整をするミキサー機能などのボタンが編集画面を見た時に分かるようになっています。その為、どこにどのような機能があるか分からなくなったり、動画編集が進まなくなったりすることがありません。

対応環境は、WindowsとMacに対応しています。永久ライセンスの値段も約8000円と、動画編集ソフトの中でも有料でありながらお手頃価格です。無料体験版があるので、一度試してみてください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

使いやすい動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」主な特徴

  • ・多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • ・動画トリミング、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • ・3000以上の豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • ・PIPやクロマキーなど高度な編集機能で個性的な動画作成
  • ・PCへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力
  • ・*Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac用動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をダウンロードしてください。

有料動画編集ソフトおすすめ

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!

動画編集ソフトFilmoraの操作ガイド|初心者でもプロ並びの動画を簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

おススメソフト2:PowerDirector

PowerDirector

創造性を発揮出来るので、動画編集初心者の方並びに慣れている方にも対応しているソフトです。クリエイティブツールに向かって、ビデオをドラッグアンドドロップするだけで見栄えのある動画を作れます。 ビデオ編集ソフトとして13000円は少し高価ですが、有料ならではの機能性や操作性は信頼できます。対応環境はWindowsのみです。

おススメソフト3:VideoStudio

VideoStudio

この動画作成ソフトは、有料ならではのエフェクトやタイトルを追加出来ます。高性能ツールによって動画を簡単にトリミング出来るほか、サイズ変更や整列ガイドによって動画を修正できます。 値段は16800円と高価ですが、コマ撮りアニメーションや画面分割ツールなど様々なクリエイティブツールが用意されていて、対応環境はWindowsのみに対応しています。

おススメソフト4:MovieStudio

MovieStudio

ピクチャーインピクチャーの機能があり、画面上で大きさの調節や位置の調節が行えるソフトです。クロップも画面上で調節出来るので画面分割も簡単です。 値段は約6900円とお手頃価格で、紹介した機能以外にもクイックスタートウィンドウ、分割した映像の再結合などがあります。ビデオ作成ソフトとして有料ですが、充実の機能を搭載しているのでおすすめです。対応環境はWindowsのみです。

おススメソフト5:PhotoCinema

PhotoCinema

3つの編集モードが搭載されているので、好きなものを選択出来る有料動画編集ソフトです。 おまかせモードは音楽と動きのエフェクトを選んで、写真や動画を取り込むだけでひとつの動画を作れます。じぶんでモードは細かく設定しながら作るので、こだわりのある方におすすめのモードです。シナリオモードはストーリー仕立てのテンプレートで動画を作れます。 値段は約16000円と高価ですが、簡単に編集出来るモードが搭載されていて対応環境はWindowsとMacに対応しています。

おススメソフト6:Pinnacle Studio

Pinnacle Studio

2000種類以上のエフェクト、トランジション、テンプレート、トラック数無制限のHD、3D、4Kビデオ編集機能が搭載されているソフトです。 また、ペイントエフェクト、モーフィング遷移、NewBlueのエフェクト、360度ビデオ編集、モザイクぼかしを使用したモーショントラッキングも搭載しています。 値段は約18200円と高価ではありますが、これだけの機能が搭載されているので購入する価値は充分にあると思います。対応環境はWindowsのみです。

おススメソフト7:Adobe premiere

Adobe premiere

起動するだけで作品を自動生成する新機能が追加されており、編集作業をソフトがサポートしてくれるので初心者の方にも編集しやすいと思います。 値段は24800円と高価なものの、Adobeの高度な編集機能に加えてサポート機能まで搭載されているので、値段以上の価値はあると思います。対応環境はWindowsとMacに対応しています。

おススメソフト8:Final cut pro

Final cut pro

編集・オーディオ・モーショングラフィックスや360°ビデオの編集とVRヘッドセットでの再生、高度なカラーグレーディングとビデオのノイズリダクションなどの新機能が搭載されていて、編集を効率よく行えるソフトです。 値段は34800円と高価ですが、プロと同じクオリティーの動画編集がしたいという方にはおすすめのソフトで、対応環境はMacのみに対応しています。

おススメソフト9:Movie Pro MX

Movie Pro MX

様々な映像出力に対応していて、ソフトに搭載されたエフェクトを駆使することによって、躍動感溢れる映像作品を作れるソフトです。 値段は約17000円と高価ですが、解説DVDも付いていて初心者の方にも使いやすいソフトなので損はないかと思います。対応環境はWindowsのみです。

おススメソフト10:Adobe Premiere Rush

Adobe Premiere Rush

iOS版もあるのでiPhoneで撮影した映像をすぐに編集出来るソフトです。プロがデザインしたモーショングラフィクステンプレートが多数搭載されているので、躍動感溢れる映像を外出先で作れます。 値段は月額980円と機能の割にお得で、対応環境はWindows10の日本語版がv1709以降、Macの日本語版が10.13以降に対応しています。

動画編集ソフト選びに大切なこと

動画編集ソフトを選ぶポイントは、対応環境と操作性が一番重要ではないかと思います。なぜなら、自分が使いやすければ値を張らなくてもいいソフトに出会えるからです。その中でも編集からアップロードまでをカバーでき、ユーザーを選ばないという点で 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」がおすすめです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>