Filmora GWセール・人気VFX素材BlockBusterコレクションが20%OFF!

動画の編集

プロジェクトに使うすべてのメディアファイルがインポートできたら、編集を開始しましょう。クリップを動画内の思い通りの位置に配置してクリップの長さを調節したり、不要な部分を取り除いてベストシーンだけが動画に入るように編集します。
ここでは以下のステップについて説明します:

1. メディアライブラリのクリップを選択する

1. ファイル単体の選択: サムネイルをクリックします。
2. 複数のファイルを選択: Ctrlキーを押しながら、使用したいサムネイルをクリックします。
3. メディアファイルを一部分まとめて選択: 選択したい部分の先頭のサムネイルをクリックし、次にShiftキーを押しながら、選択したい部分最後のサムネイルをクリックします。

2. メディアライブラリからメディアクリップを削除する

ライブラリで、クリップを右クリックして、「削除」を選択します。

※メディアライブラリからクリップを削除する場合、Fillmoraに取り込まれたクリップへの参照のみが削除され、PCに保存されている元のクリップは削除されることはありません。すべてのクリップ・ファイルは、メディアライブラリから参照されているだけなので、利用しているデバイスの元の保存先に残っています。

3. タイムラインに動画やクリップを追加する

タイムラインにクリップを追加するには、次のいずれかの操作を行います。

  • *メディアライブラリにあるメディアファイルのサムネイルを、タイムラインにドラッグ&ドロップします。
  • *使用したいメディアのサムネイルを選択して右クリックし、「プロジェクトに追加」または「PIPに追加」を選択します。

※ファイルは、動画トラックの一番先頭に自動的にドロップされます。次のファイルをドラッグ&ドロップすると、その前のファイルの隣に自動的に配置されます。これは、動画をエクスポートしたときにブラックフレームができるのを避けるためです。

4. サンプル色やサンプルビデオを利用する

Filmoraには、サンプル色やサンプルビデオがいくつか用意されています。これらの素材を利用するには、「ユーザーアルバム」をクリックし、「サンプル色」または「サンプルビデオ」を選択します。

5. タイムラインからクリップを削除

次のいずれかの操作を行います:

  • *クリップを右クリックして、「削除」を選択します。
  • *クリップを選択して、メニューの「削除」ボタンをクリックするか、キーボードの[Delete]キーを押します。

6. 動画クリップを切り取る

動画を先頭や末尾を切り取りたい場合は、クリップの先頭または末尾にマウスを置き、トリムアイコンtrim iconを表示させます。そして、前方または後方にドラッグし、不要な部分をトリムする位置で離します。

trim sides

動画の中間にある部分をカットするには、まず、スライダーを不要な部分の先頭と末尾ドラッグし、ハサミ形の「分割」ボタンをクリックして動画を分割します。次に、不要な部分を選択して「削除」ボタンをクリックします。

7. 動画クリップを分割する

タイムラインのクリップを手動で分割するには、スライダーを分割する位置にドラッグし、右クリックして、「分割」を選択するか、はさみボタンをクリックします。

シーンの検出機能を使ってクリップを分割する

  • a) メディアライブラリにある対象のクリップを右クリックし、「シーン検出」を選択します。
  • b) ダイアログが表示されたら、「検出」をクリックします。
  • c) スマート分割が完了するまで、しばらく待ちます。検出後は、不要なシーンを選択して「削除」をクリックすれば、削除できます。
  • d) 最後に、「適用」をクリックして、タイムライン上のすべてのシーンに対して適用すれば、タイムライン上で編集できるようになります。
scene detections

8. 動画クリップを回転または反転する

スマートフォンで動画を撮影すると、動画の向きが合っていないたりと、見づらくなってしまうことがあります。Filmoraには、この問題を解決するために、回転や反転の機能があります。クリップを回転するには、次の操作を行います。

1)タイムラインまたはストーリーボードで、クリップをダブルクリックします。

2)編集パネルで回転/反転の4つのボタンをクリックし、プレビューパネルで結果を確認します。

3) 「OK」をクリックすると、クリップが選択したように回転/反転します。

rotate media clips

9. 動画クリップをクロップする

1)タイムラインでクリップを選択します。

2)クリップを右クリックし、「クロップとズーム」crop clipsを選択するか、「クロップ」ボタンcrop をクリックすると、編集パネルが表示されます。

3)表示されたウィンドウで、プレビュー内の点線枠を広げたり、動かしたりして、手動でクロップする範囲を決められます。また、画面下の「16:9」、「4:3」を選択して、クリップをクロップすることもできます。

10. 動画の結合

Filmoraを使えばいくつかに分かれた動画の結合もあっという間に実現します。動画を結合するには、タイムライン上に結合したいすべての動画を順番に配置して、「出力」をクリックするのみです。

11. クリップをコピーして貼り付ける

つまたは複数のクリップを一度にコピーして貼り付ける際、クリップの相対的な間隔(時間的な水平方向の間隔とトラック内の垂直方向の間隔)はそのまま保たれます。対象のトラックの末尾にコピーして貼り付けることも、プレイヘッドを新しい位置に置いて挿入することもできます。

  • *一連の動画を1つ、または複数のクリップを選択して右クリックし、「コピー」を選択します。
  • *タイムラインで、コピーしたものを張り付けたい位置にプレイヘッドを置いて、クリップのコピーを貼り付けます。

※1つまたは複数のクリップ一度に貼り付ける場合、貼り付ける以前に設置してあったPIPトラックあるクリップは、コピーされたPIPクリップで上書きされます。一方、動画トラックにあるクリップは、どのような状況でも上書きされず、動画トラックの末尾またはプレイヘッドを置いた位置に挿入されるだけです。

12. 明るさ、彩度、コントラスト、色相を調整する

クリップのコントラスト、彩度、明るさ、色相を調整するには、クリップをダブルクリックして、編集画面を表示します。

手動でクリップの画質を高める

タイムライン上の動画クリップまたは画像クリップをダブルクリックします。次に、スライダーを左右にドラッグしてクリップのコントラスト、彩度、明るさ、色相を調整します。変更を反映したクリップは、プレビューウィンドウで確認できます。

manually enhance a clip

自動でクリップの画質を高める

「自動補正」をチェックすると、ノイズの除去と画質の向上が自動的に行われます。

※「リセット」ボタンをクリックすれば、元の色設定に戻すこともできます。

動画の再生速度を変更する

タイムライン上の動画クリップをダブルクリックします。スライダーをドラックして動画クリップの再生速度を調整します。調整できる再生速度は、0.20X、0.25X、0.33X、0.5X、1.0X、2.0X、3.0X、4.0X、5.0Xです。

change video playback speed

13. トラック内のクリップの再生順序を入れ替える

シーケンス内のクリップを選択してドラッグ&ドロップすれば、再生順序を入れ替えることができます。

14. タイムライン上をズームイン/ズームアウトする

次のいずれかの操作を行います。

  • *タイムラインにトリムアイコンtrim icon が現れるまでマウスを置き、前方にドラッグしてズームイン、後方にドラッグしてズームアウトします。
  • *タイムライン右上マイナス記号のボタンzoom out timelineをクリックするとタイムラインがズームアウトし、プラスの記号zoom out timelineをクリックするとタイムラインがズームインします。
  • *「タイムラインに合わせるためにズームする」automatically zoom to fit Timelineをクリックすると、タイムラインのズームが自動的に調整されます。

15. 動画をリサイズする

動画のファイルサイズをリサイズする必要がある場合には、動画をタイムラインにドラッグ&ドロップして、動画の一部をカットします。または、「出力」ウィンドウで解像度、フレームレート、ビットレートなどのパラメーターの値を調整します。

動画の表示サイズを再生する動画プレーヤーに合わせてリサイズする必要がある場合には、まずタイムライン上で動画をクロップし、出力する解像度を調整します。

16. 動画にウォーターマーク/ロゴを追加する

  • 動画にウォーターマークを追加するには、次のいずれかの操作を行います。
  • 1. 「追加」をクリックして、動画ファイルとウォーターマークの画像をメディアライブラリに読み込みます。
  • 2. 動画ファイルとウォーターマークの画像を動画トラックPIPトラックにドラッグ&ドロップします。
  • 3. 次に、フレームの周りにある小さい点をドラッグして、画像のサイズを調整します。好みの位置に移動することもできます。
  • 4. 次に、画像ファイルの端をドラッグして、ウォーターマークの再生時間を動画と同じ長さに変更します。
  • 17. リップル編集をする

    リップル編集を使うと、編集内容やデザインのすべての状態を保ったまま、動画をまとめて後方に移動できます。「自動リップルをオンにする」ボタンをクリックすれば、自動リップルがオンになります。プロジェクト内に新しいエレメントを追加すると、動画は、追加されたエフェクトとともにグループとして移動します。鎖型のボタンをもう一度クリックすれば、グループを解除できます。

    リップル追加

    また、この機能では、別トラックの別エレメントの流れに影響を及ぼさずにリップルを解除できます。自動リップルをオンにして動画クリップを選択し、右クリックして「削除」を選択すれば、適用されたエフェクトは、クリップとともに削除されます。重要なのは、別トラックの別エレメント順序にはまったく影響がないという点です。

    リップル削除

    ヒント: この機能は、タイムラインのオーディオには適用できない点に注意してください。