【weddingキャンペーン】キャンペーン期間中にFilmoraをご購入の方へ抽選で豪華景品をプレゼント!

パワーツール

Filmoraには、チルトシフト、モザイク、フェイスオフ、フラッシュ&ホールドなどの編集ツールが搭載されています。ここでは、以下の項目を説明します。

このページには下記の項目が含まれています。

高度な編集機能を使うには、まずメディアライブラリにメディアファイルを追加し、タイムラインの動画トラックにドラッグします。タイムラインの動画クリップをクリックすると、タイムラインの上に「パワーツール」(星のスティックボタン)が表示されます。

「パワーツール」ボタンをクリックすると、「パワーツール」ウィンドウが表示されます。

1 チルトシフトエフェクトの作成

高価なチルトシフトレンズを購入して撮影しなくても、Filmoraでは、チルトシフトエフェクトを簡単に作成できます。チルトシフトエフェクトは、動画クリップの一部分をぼかして、ミニチュア化されたように錯覚させるのに用いられます。Filmoraでは、次のような手順で行います。

1. 「チルトシフト」を選択し、「チルトシフトを適用」をチェックします。

2. プレビュー画面に調整ツールが表示されます。調整ツールをドラッグ、リサイズしてさせて、最も良い結果になるよう設定します。

3. 調整が済んだら、「OK」をクリックして、結果を保存、出力します。

2動画クリップにモザイクエフェクトを適用する

動画に公開したくない個人情報などが含まれている場合、モザイクエフェクトが役立ちます。モザイクエフェクトは、次のような手順で行います。

1. 「パワーツール」ウィンドウで、「モザイク」を選択します。「モザイクを適用」をチェックし、「追加」をクリックします。

2. プレビュー画面にモザイク領域が表示されます。ドラッグしてモザイク領域の位置を変えたり、リサイズして、思い通りの結果になるよう設定します。

3. 最後に「OK」をクリックします。

3 動画に面白いフェイスオフエフェクトを追加する

モザイクエフェクトとフェイスオフエフェクトの違いは、モザイクエフェクトが動画クリップのぼかした部分を再生中に動かすことができないのに対し、フェイスオフエフェクトは顔の部分を動かすことができる点です。フェイスオフエフェクトは、次のような手順で行います。

1. 「指定の顔にモザイクをかける」を選択し、「フェイスオフをクリップに適用」をチェックします。

2. フェイスオフエフェクトライブラリから気に入ったエフェクトを選びます。

3. 「OK」をクリックして、結果を保存、出力します。

4 フラッシュ&ホールド(クロースアップ)

フラッシュ&ホールドは、クロースアップとも言い、テレビ番組でもよく使われます。このテクニックを使うと、主役の顔の表情や手の複雑な動きなどの細部を表現し、主役やシーンを際立たせることができます。Filmoraでは、プロ用の撮影レンズを使わずに、このような効果を再現できます。Filmoraのクロースアップ機能を使うには、次のような手順で行います。

1. 動画ファイルをメディアライブラリにインポートします。

2. 動画クリップをタイムラインにドラッグします。

3. 動画クリップを選択し、タイムラインの上にある「フラッシュとホールド」ボタンをクリックします。または、動画クリップを右クリックし、メニューから「フラッシュとホールド」を選択します。これによって、各動画クリップの先頭にフラッシュ&ホールドセグメントが追加されます。

flash-n-hold

4. このセグメントは、動画の好みの部分にドラッグできます。