パワーツール

Filmoraには、チルトシフト、モザイク、フェイスオフ、フラッシュ&ホールドなどの編集ツールが搭載されています。ここでは、以下の項目を説明します。

これらの高度な編集機能を使用するには、まずメディアファイルをFilmora 9のメディアライブラリにインポートしてから、タイムラインのビデオトラックにドラッグする必要があります。 上部にある[エフェクト]をクリックし、左側にある[フィルタ]を見つけて[ユーティリティ]をクリックします。 その後、ビデオパワーツールが開きます。

エフェクト

1. チルトシフトエフェクトの作成

高価なチルトシフトレンズを購入して撮影しなくても、Filmoraでは、チルトシフトエフェクトを簡単に作成できます。チルトシフトエフェクトは、動画クリップの一部分をぼかして、ミニチュア化されたように錯覚させるのに用いられます。Filmoraでは、次の手順で行います。

  • Filmora には、円形チルト-シフトと線形チルト-シフトの 2 つのチルト-シフト オプションがあります。このガイドでは、円形チルト-シフトを使います。
  • プレビューウィンドウに調整ツールが表示されます。 調整ツールをドラッグ、サイズ変更、回転するだけでチルトシフトエフェクトを調整できます。

チルトシフトエフェクトの作成

タイムライン内の円形チルト-シフト エフェクトをダブルクリックして調整することもできます。画面の左上には、コントロール パネルが表示されます。ここでは、サイズと強度の横のスライダーをドラッグして、エフェクトの見え方を変更します。

イメージマスク

2. 動画クリップにモザイクエフェクトを適用する

  • [エフェクト] > [フィルター] > [ユーティリティ] からモザイク エフェクトをタイムラインにドラッグします。
  • モザイク エフェクトを適用する

  • プレビュー ウィンドウにモザイク領域が現れます。その領域をドラッグ、リサイズして、クリップや画像のぼかしたい部分を選択します。
  • モザイクをかける

  • タイムライン内の [モザイク] エフェクトをダブルクリックするとコントロール パネルが表示されるので、スライダーをドラッグして調整することもできます。

3. フェイス-オフ エフェクトの適用方法

モザイク エフェクトとフェイス-オフ エフェクトの違いは、モザイク エフェクトが動画クリップの静止した部分をぼかすのに対し、フェイス-オフ エフェクトは動きのある顔もぼかすことができる点です。

  • [エフェクト] > [フィルター] > [ユーティリティ] からフェイス-オフ エフェクトをタイムライン内の適用したいクリップにドラッグします。
  • フェイス-オフ エフェクト

  • タイムライン内のエフェクトをダブルクリックして [フェイス-オフ] メニューを表示し、好みのエフェクトを選択します。
  • フェイス-オフ

  • 「OK」をクリックして、結果を保存、出力します。