【SUMMERキャンペーン】Filmoraをシェアして夏にピッタリの最新エフェクトを今すぐ無料GET!

画像の編集

ストーリーを物語るのに画像は欠かせない要素です。Filmoraでは、画像の追加、管理、編集が簡単に行えます。シンプルな編集機能と数多くのフィルターやオーバーレイエフェクトが用意されていて、画像の質を高めることができます。画像を追加して動画と組み合わせれば、あなただけのストーリーをこだわりの動画で表現できます。
下記のガイドをご参考していただきます。

1動画トラックに画像を追加する

動画トラックに画像を追加するには、目的の位置にプレイヘッドを置き、メディアライブラリの画像を右クリックして「プロジェクトに追加」を選択します。または、画像を動画トラックにドラッグ&ドロップします。

※動画クリップの途中に画像を挿入するには、画像を表示する位置でクリップを分割する必要があります。画像は、分割されたクリップの間に挿入することができます。

2画像をPIP(ピクチャーインピクチャー)として追加する

対象の画像をPIPトラックの目的の位置までドラッグします。

動画のフレームに1つ以上の画像を追加するには、複数のPIPトラックを使います。

※デフォルトでは、タイムラインのPIPトラックは1つです。画像をPIP1にドラッグすると、PIP2が自動的に現れます。別の画像をPIP2にドラッグすると、PIP3が現れます。PIPトラックは、最大10トラックまで編集が可能です。

3画像を編集する

画像の再生時間を変更するには、次の操作を行います。

タイムラインの動画トラックに追加された画像の再生時間は、デフォルトで5秒間です。画像の再生時間は、長くすることも、短くすることもできます。
画像の再生時間を変更するには、次のいずれかの操作を行います。

  • タイムライン上の画像の端を直接ドラッグ&ドロップして、再生時間を変更します。
  • 画像をダブルクリックし、再生時間を入力します。プロジェクト内のすべての画像の再生時間を同じにするには、 「全てに適用」をクリックします。この方法は、コマ抜きでよく使われます。

change image duration

※再生時間を「すべてに適用」と変更できるのは、動画トラック内の画像だけです。PIPトラックの画像の再生時間はこの方法では変更できません。

モーションエフェクトを適用する

モーションエフェクトを使うと、静止画像に動きをつけて表示することができます。
モーションエフェクトを追加するには、タイムライン上の画像をダブルクリックし、編集パネル右上のモーションボタンをクリックし、パネルを表示します。モーションをダブルクリックすると、そのモーションを画像に適用できます。

モーションエフェクトを削除するには

タイムライン上のサムネイルを右クリックし、メニューから「モーションを削除」を選択します。

3コントラスト、彩度、明るさ、色相の調整や回転

動画トラック内の画像をダブルクリックしすると、回転やコントラスト、彩度、明るさ、色相、画質の調整が行えます。設定を保存するには、「OK」ボタンをクリックします。

other-image-settings