プロジェクトの作成

プロジェクトを作成するごとに、Filmora はプロジェクトファイル (.wfp) を作成します。このファイルには、プロジェクト内で行った設定、編集内容、プロジェクト内で使用されているエフェクトや音楽が含まれています。

Filmora9 のプロジェクトファイルには動画、音楽、画像ファイルは含まれず、ファイル名や場所に基づいて各種のメディア ファイルを参照しているだけです。ソース ファイルを移動、名前の変更、削除した場合、Filmora9 はプロジェクトを次回に開いたときに同じファイルを自動的に見つけることはできません。そのため、Filmora9 にはすべてのファイルをプロジェクト内に保管する便利なオプションがあります。

方法については、以下のチュートリアルを参照してください:

新規プロジェクトを作成する

新規プロジェクトを作成する

Filmora9 を実行し、[新規プロジェクトの作成] を選択します。プロジェクトの解像度、アスペクト比、フレーム レートをカスタマイズするには、[ファイル] > [プロジェクト設定] を選択します。

プロジェクトの設定

デフォルトのアスペクト比は 16:9 ですが、Instagram などのソーシャル メディアに合わせるために 1:1 または 9:16 に変更することができます。

プロジェクトの設定

プロジェクトを保存する

[ファイル] > [プロジェクトを保存する] または [名前を付けてプロジェクトを保存] を選択するか、[Ctrl]+[S] ホットキーを使用します。これらのファイルは、Filmora9 だけが認識できます。

プロジェクトを保存する

プロジェクトを開く

1. プロジェクトライブラリからプロジェクトを開く

Filmora9 を実行中の場合は、最近使ったプロジェクトがプロジェクト ライブラリに表示されます。編集インターフェイスから [ファイル] > [開く] を選択してプロジェクトを見つけることもできます。

プロジェクトを開く

2. 編集インターフェイス内にある既存のプロジェクトを開く

Filmora を実行し、[既存のプロジェクトを開く] を選択して .wfp ファイルを読み込みます。Filmora インターフェイス内からは、[プロジェクトを開く] ([Ctrl]+[O]) を選択して .wfp ファイルを開きます。

編集インターフェイス内にある既存のプロジェクトを開く

プロジェクトを別のコンピューターに移動する (プロジェクトファイルをアーカイブする)

[ファイル] > [プロジェクトのアーカイブ] をクリックするか、[Shift]+[Ctrl]+[A] を使用します。プロジェクト ファイルとソース ファイルが 1 つの *.wfp フォーマットにまとめてアーカイブされるので、別のコンピューターやストレージ デバイスに簡単に移動できます。そのファイルをダブルクリックするだけで *.wfpファイルを開くことができます。

プロジェクトを別のコンピューターに移動する

失われたメディアファイルを見つける

ソースファイルの場所を変更、名前の変更、削除を行ったり、保存時に外部ドライブを切断したりすると、Filmora9が削除ファイルを見つけられなくなります。その場合、ファイルの場所が失われたというウィンドウが表示されます。虫眼鏡アイコンをクリックして失われたファイルを見つけ、[OK] をクリックして元のプロジェクトを再度開きます。ファイルが完全に削除されている場合は、代替のファイルを選択することができます。

見失われたメディアファイルを見つける