【SUMMERキャンペーン】Filmoraをシェアして夏にピッタリの最新エフェクトを今すぐ無料GET!

出力と共有

編集作業がすべて済んだら、保存と出力を行います。Filmoraでは、プロジェクトファイルを保存する方法が多数あります。

動画を保存する方法の概要は、次の動画チュートリアルをご覧ください。

1. 形式を指定して動画を出力する

Filmoraでは、一般的なすべての種類の出力形式をサポートしています。プロジェクトをコンピュターに特定の動画形式で保存するには、「出力」ボタンをクリックし、「形式」タブで形式を選択します。Filmoraが出力形式として現在サポートしているのは、WMV、MP4、AVI、MOV、FLV、MKV、TS、3GP、MPEG-2、WEBM、GIF、MP3です。

出力形式を選択したら、動画の名前と保存先を指定します。変換を行う前に出力サイズを確認したり、「詳細設定」をクリックして、出力品質を調整することもできます。

「詳細設定」ウィンドウでは、品質を「最高品質」、「高品質」、「標準品質」の3つのレベルから選択します。3種類の品質レベルの違いは、ビットレートのみです。また、解像度、フレームレートなどのパラメーターも調整できます。

デフォルトでは、出力される動画の品質は「高品質」です。できるだけ良い品質を得るには、出力設定を元の動画と同じ、または近いものにします。ドロップダウンリストに目的のパラメーターが見つからない場合は、手動で解像度やビットレートの値を入力します。

調整が終ったら、「OK」をクリックして、すべての設定を保存します。最後に、「作成」ボタンをクリックすると、変換が始まります。

※動画のサイズは、プロジェクトの長さとビットレートで決まります。変換後のサイズが大き過ぎる場合は、「詳細設定」ウィンドウに戻って、設定や調整をやり直します。

2. 再生するデバイスを指定して動画を出力する

「デバイス」タブでは、再生する携帯デバイスの種類に合わせて、動画をできます。デバイスの種類には、iPhone、iPad、apple TV、その他スマートフォンなどがあり、右側の設定項目を編集することもできます。設定が済んだら、「作成」ボタンをクリックします。

※デバイス別の出力は、デバイスに動画を直接転送するわけではありません。動画は、ハードディスクの指定した場所に保存されます。

3. 動画共有サイトに動画を直接アップロードする

Filmoraには、人気のある動画共有サイトに動画を直接アップロードする機能があります。「YouTube」タブや「Facebook」タブなどをクリックすると、アカウント認証のためのウィンドウが表示されます。すでに登録してあるアカウントを入力すれば、アップロードが行えます。

4. DVDに焼く

Filmoraでは、動画をDVDに焼くこともできます。「DVD」タブをクリックし、表示されたパネルで設定を行います。設定が済んだら、「作成」ボタンをクリックします。