フィルターとオーバーレイ

フィルターやオーバーレイを使うと、動画制作の可能性が広がります。わずか数クリックで、動画の見栄えや印象を劇的に変えることができます。

1. フィルター/オーバーレイを追加する

Wondershare Filmora9では、好きなだけフィルターやオーバーレイを追加することができます。

動画にフィルターやオーバーレイを追加するには、3 つの方法があります:

  • メディアライブラリで、[エフェクト] をクリックし、プロジェクトに追加したいフィルターやオーバーレイを選択します。
  • フィルター/オーバーレイを追加する

  • 使いたいエフェクトのサムネイルにマウスを重ねます。中央に表示されるプラス アイコンをクリックします。エフェクトがタイムラインに追加されます。
  • フィルター/オーバーレイをドラッグしてタイムライン内の追加したい動画クリップの上に直接ドロップします (注: この方法では、エフェクトは動画クリップ全体に適用されます)。

注: 16:9 動画内でポートレート (9:16) クリップを編集している場合、背景ぼかしフィルターを追加して黒帯の代わりにすることができます。

2. フィルター/オーバーレイを削除する

プロジェクトからフィルターやオーバーレイを削除するには、2 つの方法があります:

  • タイムライン内のフィルター/オーバーレイを選択し、キーボードの [Delete] を押します。
  • タイムライン内のフィルター/オーバーレイを右クリックし、メニューから [削除] を選択します。

フィルター/オーバーレイを削除する

3. フィルター/オーバーレイを見つける

すべてのフィルターやオーバーレイは、テーマ別のカテゴリ (Faux Film または Bokeh Blurs) に分類され、簡単に、見つけることができます。[エフェクト] メニューでは画面の左にカテゴリが表示され、閲覧することができます。

4. フィルターをカスタマイズする

Wondershare Filmora9では、フィルター エフェクトの継続時間や不透明度を変更することができます。

継続時間を変更するには

デフォルトの長さは 5 秒ですが、タイムライン内のエフェクトの端をドラッグして継続時間を変更することができます。

フィルター継続時間を変更する

フィルター/オーバーレイの不透明度を変更するには

不透明度 (透過度) の値は、0~100 です。値が少なくなるほどフィルターは透明になります。不透明度をカスタムするには、タイムライン内のフィルターをダブルクリックします。次に、プレビュー ウィンドウでフィルターを適用したクリップがとのように見えるかをプレビューします。

フィルター/オーバーレイの不透明度を変更

5. フィルター/オーバーレイをお気に入りに追加する

フィルター エフェクトを右クリックし、[お気に入りに追加] を選択します。これによって、次回に [お気に入り] カテゴリで素早く見つけることができます。

フィルター/オーバーレイをお気に入りに追加する