Filmora GWセール・人気VFX素材BlockBusterコレクションが20%OFF!

音声の編集

タイムラインのオーディオクリップは、作成する動画に合わせて編集できます。元のクリップに影響はありません。
下記のガイドをご参考していただきます:

1BGMを追加する

Filmoraには、世界中で活躍しているミュージシャンの精選された音楽を取り揃えており、イベントに合わせてさまざまなテーマのBGMを使って動画編集をお楽しみいただけます。
自分の動画に合ったBGMを見つけるには、次のいずれかの操作を行います。

  • コンピューターから音楽を選択する: コンピューターに保存されている音楽トラックをインポートします。
  • メディアライブラリの上にある「追加」ボタンimport music をクリックして、「メディアファイルをインポート」を選択し、コンピューター内にあるオーディオファイルを選択して、メディアライブラリにインポートします。直接オーディオファイルをメディアライブラリにドラッグ&ドロップすることもできます。インポートした音楽は、タイムラインの音楽トラックにドラッグ&ドロップします。
  • Filmoraのサウンドトラックから音楽を選択する: 音楽ライブラリから無料の楽曲を選択します。
  • デフォルトの音楽ライブラリからクリップに追加する音楽を選びます。自分の動画のシナリオに合ったジャンルを選択し、表示される音楽の中から動画に最も合った音楽を選択します。

    select theme music

クリップに音楽を追加するには、次のいずれかの操作を行います。

  • BGMを右クリックして選択し、「適用」をクリックします。
  • BGMをタイムラインにドラッグ&ドロップします。

追加した音楽をダブルクリックすると、再生速度、ボリューム、ピッチを調整できます。クリップの両端でフェードイン/フェードアウト効果とその長さを設定することもできます。

2 オーディオを分割する

プレイヘッドをオーディオクリップの分割したい位置に移動します。クリップを右クリックして「分割」を選択するか、ツールバーのはさみボタンをクリックします。

3 オーディオを調整する

Filmoraでは、オーディオ設定を調整できます。タイムラインのオーディオファイルをダブルクリックすると、再生速度、ボリューム、ピッチを調整したり、スライダーでフェードイン/フェードアウトを設定することができます。調整結果が思い通りでない場合は、 「リセット」 をクリックして元に戻すこともできます。

4動画クリップをミュートする

動画クリップをミュートするには、動画を右クリックして「ミュート」を選択します。

Mute video clip

5動画からオーディオを分離する

動画クリップからオーディオを分離することができます。元になるクリップに影響はありません。

  • タイムラインで、1つまたは複数のクリップを選択します。
  • クリップを選択して右クリックし、「オーディオ分離」を選択します。

分離されたオーディオクリップは、自動的にオーディオトラックに配置されるので、目的に応じて削除または編集できます。

6ナレーションを追加する

メディアライブラリで、「録画」の「ナレーションを録音する」を選択すると、「オーディオの録音」ダイアログが表示されます。 マイクの録音ボタンstart recording a voiceoverをクリックして、3秒たったら話し始めます。 終了したら、もう一度録音ボタン stop recording a voiceoverをクリックします。ボイスオーバークリップは、タイムラインに自動的に現れます。

record voice over

さらに続けてボイスオーバーのトラックを録音するには、「オーディオの録音」ダイアログを表示したままで、プレイヘッドをナレーションを追加したい別の位置に移動し、録音ボタンstart recording a voiceover をクリックして、録音を開始します。

録音のコツ: 録音は10秒程度のセッションにすることをおすすめします。うまく録音できなかったナレーションを簡単に削除してやり直せるからです。削除するには、タイムラインのボイスオーバークリップを選択して、「削除」を選択します。

7オーディオファイルをトリムする

動画クリップの場合とまったく同じです。詳細は、 ここ をクリックしてください。

8音楽オーバーレイ

Filmoraでは、オーディオを3つまでオーバーレイとして同時に再生できます。まず、すべての音楽トラックのトラックマネージャーをアクティブにし、その後、すべてのオーディオを音楽トラック1、2、3にドラッグします。

multi music lays

9音楽のボリュームを調整する

オーディオファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップしたら、ダブルクリックし、スライダーをドラッグしてボリュームを直接調整します。ボリュームは、0~200の範囲で調整できます。調整が終わったら、「OK」をクリックして、設定を保存します。

ボリューム調整のコツ: 特定のセクションのボリュームだけを調整する必要がある場合は、まず、そのセクションの先頭と末尾にスライダーをドラッグし、「ハサミ」形の「分割」ボタンをクリックして、オーディオを分割します。その後、セクションを選択してダブルクリックし、調整を行います。

10音楽をフェードイン/フェードアウトする

オーディオファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップし、ダブルクリックしてからフェードイン/フェードアウトのスライダーをドラックして適用時間を設定します。設定が終わったら、「OK」をクリックして、設定を保存します。

11再生速度とピッチを調整する

オーディオファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップし、ダブルクリックすると、再生速度とピッチを調整するパネルが表示されます。調整が終わったら、「OK」をクリックして、設定を保存します。

Speed-and-pitch-adjustments

12動画内のオーディオを置き換える

元のオーディオを取り除いて、新しいオーディオを追加するには、次の操作を行います。

  • 「追加」 をクリックして、オーディオファイルをメディアライブラリに読み込みます。また、動画ファイルを動画トラックにドロップ&ドラッグします。
  • タイムラインの動画を選択して右クリックし、 「オーディオ分離」を選択します。
  • オーディオ部分と動画部分が切り離されたら、オーディオファイルを選択して、削除します。
  • 新しいオーディオファイル をメディアライブラリからオーディオトラックにドラッグします。そして、オーディオを調整し、目的の位置に移動します。
  • 13ノイズの除去

    動画からノイズを取り除くには、動画をタイムライン の動画トラック(1番目のトラック)にドラッグ&ドロップし、ダブルクリックします。

  • オーディオ編集画面に移ります。
  • 「バックグラウンドノイズを除去する」をチェックします。.
  • スライダーで強弱を調節して、ノイズを適宜減らします。
  • オーディオからノイズを取り除くには、オーディオをタイムラインにドラッグ&ドロップしてダブルクリックし、動画の場合と同じようにノイズを除去します。

    ※ Filmoraは現在、風の音や流れの音などの定常騒音の低減に対応しています。

    audio-denoise

    14オーディオイコライザー(EQ)

    オーディオイコライザー(EQ)を使うと、サウンドウェーブの長さを上げたり下げたりして、異なる楽器やボーカルがうまく調和するように、サウンドを適正に調節することができます。

  • 動画またはオーディオをタイムラインにドラッグ&ドロップします。動画の場合は、タイムラインの 動画トラック(1番目のトラック)に配置します。オーディオの場合は、オーディオトラックに配置します。
  • 動画またはオーディオをダブルクリックし、 オーディオ編集パネル を表示します。
  • イコライザーのドロップダウンリストからプリセットを直接選択できます。, プリセットには、 デフォルトクラシックダンス低音スパークリーポップソフトテクノハードロックスカ音響フォークブルースカスタムがあります。 「カスタマイズ」 ボタンをクリックして、「イコライザーをカスタマイズする」パネルを表示し、スライダーを上下にドラッグして強弱を調整することもできます。
  • 「OK」 をクリックして、調整結果を保存します。
  • audio-equalizer

    15オーディオミキサー

    オーディオミキサーを使用するには、次の操作を行います。

  • ツールバー右上の「オーディオミキサー」ボタン hit-audio-mixerをクリックします。
  • 紫色でハイライトされたトラックを見つけ、「パン」の小さい円を回転させて左右のスピーカーの音の切り替えを行います。 マスター ボリュームを高くまたは低く調整することもできます。「再生」 ボタンをクリックすると、調整結果を聞くことができます。
  • 「OK」 をクリックして、設定を保存します。
  • audio-mixer-adjustment