動画に入れる画像の彩度、明るさ、色相を調整する方法

Wondershare Editor 編集者:

スマートフォンやデジタルカメラ、あるいはビデオカメラがあると旅行先とか催し物などがあったときには簡単に撮れてこれを動画共有サイトにアップロードして知り合いや友人、親戚の人に見てもらうということも出来ます。その場合に必要となって来るのが編集作業ですが、素人にとってはソフトウェアの内容も複雑そうでなかなか操作を覚えるのが大変であると言った感じを持つ場合も少なくないものです。OSにはこの編集ソフトが付属しているケースも見られますが使った経験のある人というのは少ないのではないかという印象があります。WindowsとMacに対応している「Filmora(旧名:動画編集プロ)」という編集ソフトは簡単に操作できるソフトウェアとして知られています。

動画編集する際に、真をタイムラインに配置して音楽ムービーを制作すると言った場合もあり、その場合は画像がすこし明るさが不足気味であるとか彩度が低くて不自然である、コントラストが弱い、ピントが甘い、あるいはノイズが入っていてこれを除去したいという場合もあります。動画に使う画像の色彩や明るさを変更して雰囲気を変えたい、という時でもわざわざイラストレーターなどを使う必要はありません。そこでfilmoraを使って「動画に入れる画像の彩度、明るさ、色相を調整する方法」を解説していきます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

filmoraで動画に入れる画像の彩度、明るさ、色相を調整する方法

ステップ1:まず、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」に画像を挿入します。メディアにインポートからでも、ドラッグ&ドロップでもOKです。挿入した画像をクリックするとタイムラインの時間が表示されている箇所の上に、windowsの「ペイント」のようなマークが表示されますので、それをクリックします。

動画ファイルのインポート

ステップ2:すると「高度なカラーチューニング」というポップアップメニューが開きますので、ここから色合いや明るさ、コントラスト、彩度などを調整することができます。

高度なカラーチューニング

画像全体の色合いを変更したい場合

まず、画像全体の色合いを変更するには、左列メニューの「ホワイトバランス」の「>」を押すとアコーディオンメニューが開き「色合い」というバーが出てきますので、これを左右に動かして調整します。真ん中の白い線をクリックしてからキーボードの方向キーの左右で微調整することもできます。

画像全体の色合いを変更

その上の「色温度」を変更すると全体的な色を温かみのある色か冷たい雰囲気の色かに変更することができます。

画像のある特定の色味だけを変更したい場合

画像のある特定の色味だけを変更したい場合は、左列メニューの「HSL」を開き、表示されているパレットの色をクリックすると、画像内のその色だけを変更することができます。やり方は先ほどと同じで、色を選択してからその下の「色相」「彩度」「明るさ」のバーを調整すればOKです。

画像全体の色合いを変更

画像全体の明るさを調整したい場合

最後に明るさの調整方法ですが、左列メニューの「カラー」を開くと「露光」「明るさ」「コントラスト」といった項目がありますのでこちらで調整が可能です。

画像全体の色合いを変更

以上が「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使って「動画に入れる画像の彩度、明るさ、色相を調整する方法」になります。色彩や明るさについては、こうすれば良いというものはありませんので、作成したい動画の雰囲気に合わせて少しずつ調整してみてください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>