ムービーメーカーの文字入れ-ムービーメーカーで動画や写真に文字を入れ、編集しましょう。

Wondershare Editor 編集者:

ムービーメーカーは文字入れができる事で人気があるソフトなのですが、思い出の写真や動画に文字入れができれば非常に魅力的になるかと思います。
そんなムービーメーカーの文字入れについて詳しく紹介していきたいと思います。


win版ダウンロー    Mac版ダウンロード

Part1.ムービーメーカーで動画や写真に文字を入れる手順

まず、Windowsのムービーメーカーの文字の入れ方ですが、こちらはムービーメーカを立ち上げて、それから編集モードにします。 そして、一度写真や動画を取り込んで、全てムービーメーカで見れるようにします。 次に、編集モードになっている状態で、文字入れツールを使用していくのですが、ただ文字を入れるだけではなく、様々な設定が可能です。

文字のフォントを変更したり、色を変えたり、アクションをつけたりと自分の思い描いている形で文字入れをする事が可能です。 以上がWindowsのムービーメーカーの文字の入れ方ですが、ポイントとして、しっかり文字入れの機能を理解するという事があります。 何故なら色々な機能の組み合わせてクオリティが高い形で仕上げる事ができるので、ただの文字入れで終わる事がないのです。

また文字入れにあたってムービーメーカーではムービーメーカーで文字の背景を変えたり、ムービーメーカーで文字をスクロールしたりする事も可能です。 そしてムービーメーカーで文字の縁取りやムービーメーカーで文字の色を変更したりする事ができるので、更に文字の魅力を上げる事が出来ます。
特にムービーメーカーでエンドロールの文字を作成する際は、細かい部分まで拘る事ができるので、ただ文字を入れるだけですが、拘りをもって作業をする事が可能です。
ムービーメーカーで文字を入れる作業は紹介したように、様々な形で対応する事ができるのです。

Windowsムービーメーカーの文字の入れ方

また、ムービーメーカーの文字の入れ方では満足できないという方は、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」というソフトを利用しましょう。

win版ダウンロー    Mac版ダウンロード

Part2.「Filmora(旧名:動画編集プロ)」で動画や写真に文字を入れる手順

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は文字入れをする機能はムービーメーカーの文字の入れ方と相違ありませんが、システムが非常に充実しております。 そのため、やりたい事が多いというのが特徴となっており、拘りを持って作成をしたいという方に最適なソフトとなっています。

オープニング&エンディング追加

特に「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の場合はムービーメーカーの文字の挿入と違って、ダイレクトに作業を行う事ができるのです。 つまり、初心者が使いやすいように、ムービーメーカーの文字の入力を簡単かつ魅力的にしてくれるのです。

そんな「Filmora(旧名:動画編集プロ)」での文字の入れ方ですが、まず動画や写真を読み込みます。 そして読み込んだ動画や写真に対して編集モードで作業をしていきます。 この時に文字入れの作業を選ぶことで後は自分の望んでいる設定を加えながら作業をしていくことが可能です。

このように動画や写真への文字入れは「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使用すると理想的な形で仕上げる事が可能となっています。

ムービーメーカー、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」自分自分に合っている物を選択しましょう。

win版ダウンロー    Mac版ダウンロード

動画に文字を入れる方法


win版ダウンロー    Mac版ダウンロード

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

1 Windowsムービーメーカー
1.1 ムービーメーカー使い方
2 Windowsムービーメーカー チュートリアル
2.1 ダウンロード
2.2 ムービーメーカー mac
2.3 ムービーメーカー の代わり
2.4 ムービーメーカー 形式
3 Windowsムービーメーカー 読み込み
3.1 ムービーメーカー AVI
3.2 ムービーメーカー MOV
3.3 ムービーメーカー MKV
3.4 ムービーメーカー MTS
3.5 ムービーメーカーMOD
3.6 ムービーメーカーWMV
3.7 ムービーメーカー FLV
3.8 ムービーメーカ WMA