動画を白黒動画のように見せる方法

Wondershare Editor 編集者: May 09,2017 18:21 pm

市販のビデオカメラや携帯電話、スマートフォンなどで撮影した動画を、白黒動画のように見せられると雰囲気が変わって素敵な映像になります。以前は、動画を白黒動画に変換するには専用の機器が必要でしたが、最近はさまざまな企業から動画編集ソフトが提供されていて、自分で簡単に処理できるようになっています。数ある動画編集ソフトの中でも、Wondershare社が提供している「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は使いやすくて様々な機能がついていることで評判の良いソフトです。いろいろな編集機能が備わっているfilmoraですが、価格は非常にリーズナブルになっています。同程度の機能が付いている他社ソフトであれば、倍以上の値段がしているものもあります。それらに比べるとfilmoraは、非常に良心的であると言えます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

動画を白黒動画のように見せる方法・手順

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はウィンドウズ・バージョンだけではなく、マック・バージョンも準備されています。そのため、ほとんどの人のパソコンにダウンロード可能で、インストール後すぐに編集作業を開始することができます。また、Wondershare社のホームページに日本語の丁寧な説明が記されており、filmoraインストール後の詳細な解説もほとんどが日本語です。英語での説明や解説が苦手な人でも、filmoraであれば、安心してダウンロードの上で利用可能になっています。さらに、体験バージョンのソフトまで用意されており、実際のfilmoraの機能を試してから有料ソフトを購入することができるようになっています。体験バージョンと言っても、基本的な機能はほとんど有料ソフトとかわりません。無料体験バージョンで編集した動画は、ウォーターマークと呼ばれるすかしが入るため、外部への投稿が難しくなっています。FacebookやYouTubeなどへの投稿を予定している人は、有料のfilmoraソフトで動画編集を行う方がよいでしょう。

ステップ1:インターネットにつながっているパソコンさえあれば、どこからでもfilmoraをインストールすることが可能です。filmoraを提供しているWondershare社のホームページから、ダウンロードする形になっています。filmoraをパソコンにインストールしたら、すぐに編集を始められます。filmoraのソフトを起動した後で、「高度編集モード」を選択します。

ステップ2:次に、白黒動画のように見せたい動画を、filmoraのソフトに取り込みます。パソコン上で映像をクリックして、つかんだままfilmoraのソフトにドロップするだけで取り込みができます。filmoraに取り込んだ動画を、インターフェイスの下にあるタイムラインにクリックして入れます。

ステップ3:ここからは、エフェクトと呼ばれる動画の色彩に特別な効果をかけるための編集作業です。タイムラインの上にあるツールメニューから、白黒動画のエフェクトを選択します。白黒動画のエフェクトを選択すると、右のウィンドウで、実際に白黒の効果が反映された動画を、プレビューとして確認可能になっています。

ステップ4:また、白黒の効果を動画の一部にとどめるなどの処理も簡単にできます。エフェクトの長さを含めた細かい調整は、インターフェイス上のタイムラインで行うことができます。白黒動画のように見せる調整が完了したら、ツールメニューのすぐ近くに表示されている「作成」というボタンをクリックします。編集後の動画のファイル名を打ち込み、出力の形式と出力の保存先を決定したら、白黒効果が反映された映像の完成です。エフェクトを使って白黒動画に編集する作業は、とてもシンプルです。自分なりの映像を、いろいろと作ることができます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。