Filmora
Filmora - AI動画編集アプリ
強力でシンプルなビデオ編集アプリ
入手

音声編集ができる無料ソフト10選ご紹介

Apr 24, 2024 • カテゴリ: 音声編集の基本

無料で使える音声編集ソフトは、機能制限があったり、体験期間が短かったりと使いにくさを感じていませんか?無料音声編集ソフトのなかにも、プロが使用しているような機能を豊富に搭載しているソフトも多くあります。

今回は無料で利用できる音声編集ソフト10選から、特におすすめのソフトをご紹介します。自分にあった音声編集ソフトを探している方に向けて、選ぶときのポイントについても解説していきますので、最後までご覧ください。

目次

Part1. 音声編集ソフトのおすすめ1位!Wondershare Filmora

Wondershare Filmora」は無料で、すべての編集機能を使えます。多くの音声ファイル形式にも対応しているため、カメラやレコーダーで録音した音声も編集可能です。

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2

filmora13

対応音声形式

MP3、M4A、WAV、WMA、OGG、FLAC、AIF、AIFFなど

音声編集機能

ナレーション追加・オーディオ分離・オーディオダッキングなど

その他機能・特徴

・動画、画像など各種メディア編集が可能

・AIによる自動編集機能

Filmoraは音声編集だけでなく、動画・画像編集機能も搭載されているため、すべてのメディア編集がFilmoraだけで完結します。

特徴①直感的な操作でオーディオ分割や編集が可能

filmora

Filmoraの編集は直感的な操作が可能で、初めて音声編集ソフトを使う方でもストレスなく編集できます。長いオーディオファイルを分割する場合は、タイムライン上の分割したい場所で「ハサミアイコン」をクリックするだけです。さらに、音声クリップの不要部分のトリミングも、同じくハサミアイコンを編集開始点へドラッグするだけで編集できます。

また、動画ファイルから音声部分のみを分ける際は、動画クリップ上で右クリックして「オーディオを分離する」を選択すれば簡単に音声クリップに分けられます。分離した音声クリップは自動でオーディオトラックに追加されるため、わざわざ分離した素材を再読み込みする必要がありません。

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2

特徴②ボリューム調整や速度調整も自由自在

filmora

Filmoraは2つのボリューム調整方法があります。

  • オーディオパネル:ダブルクリックでオーディオパネルを表示させて、スライダーで調整する
  • タイムライン:ボリュームバンドの上にマウスを置き、ハンドルを上下させて調整する


オーディオパネルは、左右のボリューム調整やフェードイン、フェードアウトなどさらに細かい調整ができます。

また、オーディオの速度調整をしたい場合は、プロパティの速度タブから変更可能です。速度タブは音声クリップを右クリックし「速度と継続時間」を選択すると表示されます。速度調整は加速が最大100倍、最小で0.01倍のスロー再生まで編集できるため、好きな演出が楽しめるでしょう。逆再生は「逆再生速度」にチェックを入れて速度調整すれば、おもしろい演出もできます。

特徴③ノイズ除去などのイコライザー機能も使える

filmora

収録時の環境音やホワイトノイズも、Filmoraなら簡単に消せます。Filmoraは次の7つの方法でノイズ除去が可能です。

  • ●AIスピーチエンハンスメント
  • ●風の音除去
  • ●通常ノイズ除去
  • ●リバーブ除去
  • ●ハムノイズ除去
  • ●ヒス除去


任意のノイズ除去方法をクリックすると自動でノイズが消えるため、反響しやすい場所で収録した音声クリップも聞き取りやすいです。ノイズ除去が強くかかりすぎてしまった場合は、強さをスライダーで変更するといいでしょう。

filmora

また、ノイズ除去で話し声が聞き取りにくくなってしまった場合は、イコライザー機能を活用して音域調整するのもおすすめです。イコライザー機能はプリセットが14種類登録されていて、カスタマイズ調整もできます。

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2

特徴④エフェクトやサウンドの追加も簡単

filmora

タイトルコールなどによく使用されるエコーなど、さまざまなオーディオエフェクトが搭載されています。搭載されているエフェクトは次の5つです。

  • ●エコー
  • ●ロビー
  • ●大部屋
  • ●小部屋
  • ●電話


例えば、電話エフェクトを使用すると、スマホで話しているような声に編集できます。エフェクトを変更するときは、新しく使いたいエフェクトをタイムラインにドラッグ&ドロップすると置き換えポップアップが表示されます。

filmora

また、自分で使いたい音声エフェクトやサウンドがある場合も、追加したい素材をドラッグ&ドロップするだけで追加可能です。Filmoraに使いたい音声素材がない、自分でも用意できていない方は、Wondershareが運営しているFilmstockで素材を探してみるといいでしょう。

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2

特徴⑤音声への効果追加やボイスチェンジもできる

filmora

Filmoraにはユニークなボイスフィルターが多く搭載されていて、男性の声や子どもの声などに簡単にボイスチェンジできます。複数のエフェクトを使用すれば、1人2役のボイスドラマを収録したり、重なり合った不気味な音声を演出したり、おもしろ演出も可能です。ボイスチェンジ機能を使いたい場合は、エフェクトのなかから好きな音声を選んでドラッグ&ドロップします。

filmora

また、少し変わった音声編集方法として、ピッチ調整があります。テレビなどでよく聞くモザイク声はピッチ調整で行われていて、ピッチを高くすると甲高い声に、低くすると悪役のような低い声に変更可能です。ほかにも、イコライザー機能を活用して声質の編集もできるので、満足できるまで試してみましょう。

おすすめ記事:Filmora新機能:ボイスチェンジャーの使い方と活用法|女声・男声・ロボット声

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2

【Wondershare Filmora】【音声合成】キャラ実況動画の作り方

Part2. 音声編集ソフトのそのほかおすすめ9選を紹介

ここからは、Wondershare Filmora以外のおすすめ音声編集ソフトを9種類それぞれご紹介します。

①WavePad

WavePad

対応音声形式

MMP3、WAV、VOX、AU、AIF、FLAC、AAC、M4A、MID、AMRなど

音声編集機能

・録音や分割など基本的な音声編集機能

・ボリューム調整やエフェクト、ノイズ除去

その他機能・特徴

一括エフェクト追加機能やノイズ除去などプロユースにも向いている機能が豊富。

シンプルな画面構成のフリー音声編集ソフトです。基本的な音声編集のほかにも自動トリミングなどの便利な機能があり、編集を短時間で効率的に行えます。

②Audacity

Audacity

対応音声形式

WAV、AIFF、MP3、OGG、FLAC

音声編集機能

・音源の録音、切り取りなど基本的な音声編集機能

・複数トラックの合成、エフェクト、ノイズ除去など

その他機能・特徴

マルチトラック編集に対応しているため、パート別に録音や編集が可能。

無料の音声編集ソフトとして昔から長く使われてきた知名度の高いソフトです。VTSプラグインを導入することで機能拡張して便利に使用できます。比較的古めのソフトですが、それだけに解説サイトなども多くマニュアルが豊富です。

③Adobe Auditon

Adobe Auditon

対応音声形式

MP2、MP3、WAV、VOX、AU、AIFFLAC、OGG、M4A、AVRなど

音声編集機能

・録音などの基本的な音声編集

・動画に合わせた音楽リミックス

その他機能・特徴

AIによる自動認識機能が優秀で、Adobe製品との連携も可能。

お試し期間7日は無料で使うことができる、Photoshopなどで有名なAdobe社の音声編集ソフトです。同社のAdobe Creative Cloudなどのほかソフトとの連携でより利便性が上がります。

④Free Audio Editor

Free Audio Editor

対応音声形式

MP3、WAV、AAC、AC3、MP2、OGG、FLAC

音声編集機能

・削除、分割、音量調整

・フォーマット変換

その他機能・特徴

フォーマット変換ができる便利なソフトですが、M4AとWMA形式は有料版のみ対応。

非常にシンプルかつファイルサイズも軽量な音声編集ソフトです。音声の加工ではなく、切り捨てや切り出しといったカット編集がメインのソフトなため、わかりやすく簡単に扱えます。

⑤Sound Engine Free

Sound Engine Free

対応音声形式

WAV、OGG、MP3

音声編集機能

・録音、切り取り、コピー、音量調整、再生

・効果の追加、ノイズ除去

その他機能・特徴

ノイズ除去やエフェクト追加もできるが、無料版ではMP3が使えない。

Audacityと同じく昔から広く普及している無料音声編集ソフトです。使用感も似ていますが、こちらは無料版だとMP3が使えません。そのため、WAV形式などで加工する必要がある場合は注意しましょう。

⑥mp3DirectCut

mp3DirectCut

対応音声形式

MP3、AAC、MP4

音声編集機能

・切り取り、コピー、貼り付け、結合、分割、削除

・音量調節、無音区間検出

その他機能・特徴

MP3に特化した音声編集ソフトのため、動作が軽く使いやすい。

mp3ファイルの録音や、カット・切り出しが可能な音声編集ソフトでFree Audio Editorと似ています。選択範囲だけを保存するといった操作が可能なので、切り出し作業が特に簡単にできるソフトです。

⑦ocenaudio

ocenaudio

対応音声形式

MP3、M4A、AAC、WMA、FLAC、OGG、MP2など

音声編集機能

・録音、コピー、切り取り、貼り付け、結合、分割、削除

・効果の追加

その他機能・特徴

基本的な音声形式、編集機能を軽い動作でできる。

海外製の音声編集ソフトで、音声にエフェクトをつけたり、音量バランスを調整したりなどの機能が使えます。Audacityを意識した画面構成で使用感が似ていますが、こちらは英語表記なのである程度引っかからず英語を読める方向けです。

⑧GarageBand

GarageBand

対応音声形式

AIFF、CAF、WAV、AAC、Apple Lossless、MP3

音声編集機能

・音楽の録音、作成、編集、共有

その他機能・特徴

サンプル音源が豊富なため、さまざまな楽器で演奏を楽しめる。

iPhone向けの音楽作成ソフトですが、MacOSやWindows10版も提供されています。画面構成は、情報が煩雑になりすぎないよう工夫されています。そのため、音声編集に慣れた方にとっては見やすい画面構成のソフトです。

⑨AviUtl

AviUtl

対応音声形式

WAV ※プラグイン導入でMP4、MOV対応

音声編集機能

・音量調整、エフェクト追加、合成、削除、速度変更

・効果の追加

その他機能・特徴

プラグインが豊富で、拡張性がある。

無料の動画作成ソフトであるものの、音声のカットや音量調整、エコーをつけるなどの編集もできます。プラグインが豊富で、さまざまな機能を追加できますが、探すのは難しいと感じるかもしれません。

おすすめ記事:AviUtlで画像や動画を編集する方法紹介>>

Part3. 音声編集ソフトを選ぶときのポイント

音声編集ソフトを選ぶときは、次の5つのポイントを確認しておきましょう。

  • ●動作環境
  • ●対応音声形式
  • ●音声編集機能
  • ●操作性
  • ●料金


多機能な音声編集ソフトは要求スペックも高く、パソコンのスペックが低いと動作不良などで十分な編集ができません。音声編集ソフトを選ぶときは、普段使用しているパソコンで動作するか確認しておきましょう。 また、使いたい音声形式に対応しているか、やってみたい編集機能が搭載されているかも確認しておく必要があります。

さらに、編集効率をアップさせたいのであれば、簡単な操作性であることも重要なポイントです。わかりやすい操作性か、どこまで無料で使えるかなど、料金の確認も忘れずにしておきましょう。

まとめ. プロ向けおすすめの無料音声編集ソフト10選

以上、プロ向けおすすめの無料音声編集ソフト

  • Wondershare Filmora
  • ・WavePad
  • ・Audacity
  • ・Adobe Auditon
  • ・Free Audio Editor
  • ・Sound Engine Free
  • ・mp3DirectCut
  • ・ocenaudio
  • ・GarageBand
  • ・AviUtl

を紹介してきました。

今回紹介した無料音声編集ソフトのなかで、特に多くのプロに採用されているのがWondershare Filmoraです。すべての機能が無料で使えて、機能制限の心配もないため、気軽に音声編集が楽しめます。

Filmoraの多機能でシンプルな操作性は、音声編集ソフトに慣れていない方にもぴったりです。自分にあった音声編集ソフトを探している方は、多機能で使いやすいFilmoraを利用しましょう。

関連記事:

Windows版ダウンロード2 Mac版ダウンロード2

【新機能】自動字幕起こし・テキスト読み上げ機能の使い方を徹底解説

編集長

fukuda

編集長

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>