写真を動画にしてみよう!おすすめアプリ10選

Wondershare Editor 編集者:

今やスマホの画素数も、静止画で1000万画素オーバー、動画でもかなりの画素数になっていますね。ひところのデジタルカメラよりも優秀で、しかもカメラアプリの性能も相まって、プロ並みの写真を簡単に撮影することができる時代になりましたね。 こうして撮影した写真データ、皆さんはどうしていますか?

単に一枚一枚データを開いてみたり、PCに入れてスライドショーにしてみたり、だけなんて言う方が多いのではないでしょうか。

撮り貯めた写真データは、動画にして作品として仕上げて、そしてみんなで楽しめるようにしてみませんか。 今ではiPhone(iPhone X/8/8 Plusを含む)やAndroidのアプリで、こうした写真データを動画に仕上げるアプリも多く出回るようになってきました。そこで今回、iOS、Android、それぞれでおすすめの、写真・画像を動画にするアプリをご紹介しようと思います。


「Filmora(旧名:動画編集プロ)」のダウンロードはこちらへ:

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

Part 1:iPhone(iPhone X/8/8 Plusを含む)やiPadで写真を動画にするアプリ

まずそもそも、写真で動画を作るアプリってどんなものなの?と思う方がいるかもしれません。簡単に言うと写真を編集するアプリや、写真や動画データを素材としてスライドショーを作成できるアプリが主なもので、素材となる写真や画像データをつなぎ合わせ、トランジション効果で次々とデータを繰り、BGMも合わせながらその一連の動作を動画として保存していけるアプリがそれです。

では早速iPhoneやiPadで使用できるiOSで使えるアプリから。

Top 1:Slide Movie

素材となる写真データとオーディオデータを選んで、簡単にスライドショームービーを作成できるアプリです。 端末に保存してある写真・画像データをつなぎ合わせ、ミュージックライブラリからBGMになる曲を選んで一つの動画データに仕上げられます。

Top 2:Magisto - マジカルビデオエディタ

売り文句は、簡単にPV風の作品ができる、というだけあって、3ステップで出来上がります。 写真や動画データを選んで、テーマを11種類の中から選択し、BGMを選択するだけで、あとはオートで素材データを繋げて作品にしてくれます。このアプリは、作成した動画データをYouTubeにアップする機能もあります。

Top 3:Replay 動画エディター

素材となる写真や動画データは200件まで追加でき、このアプリも、素材を選んでテーマを選び、テキストを追加したりBGMを選択して動画を作成します。YouTubeやFacebook他、各種SNSにもアップできるアプリです。

Top 4:フォトビ

このアプリは、iPhone版とAndroid版があります。 視点がちょっと他のアプリと変わっていて、まずはBGMを決めて、その曲の長さを設定します。その後その曲の長さに合わせて素材となる写真データの枚数を決めていくので、作り始めの段階からBGMの終わりと写真の最後をぴったり合わせることが簡単にできます。

Top 5:ReelDirector

トリミングやタイトル挿入などができる、簡単な動画編集アプリです。他のアプリ同様に、素材データを選んでテーマを選んで作成していきます。各種SNS等へのアップも可能です。

Part 2: 写真を動画にするAndroidアプリ

では続いてAndroidアプリをご紹介します。

Top 1:Animoto Video Maker

このアプリでは、使用できる写真データの数に限りがありますが、まずログインしたら使用するデータを選択するだけで後は自動的にスライドショーを作ってくれます。

もちろんスタイル(テーマ)もプリセットがあるので、BGMになるデータと一緒に使用することで、単なるスライドショーからちょっと手の込んだスライドショー動画として作成することができます。このアプリはAndroid版、iPhone版ともにあります。

Top 2: スライドショー動画作成♪memolii

Memojiが無料のBGM素材を提供していて、自分のデバイスにBGMにしたいものがなければ、そこからBGMに合ったものを探すことができます。有料のBGM素材もありますが、無料の方もかなり充実しています。

写真データの追加数は基本的に無制限のようですので、例えば旅行でたくさん撮ってしまった写真も、全部繋げて動画にすることができますね。

Top 3:Flipagram スライドショー動画作成

アプリ名にあるように、スライドショーをそのまま動画データとして作成してくれるアプリで、3ステップの作業工程です。動画や写真データを、デバイスに保存されたものやFacebookやInstagramから選んで、BGMをつけ、フィルターをつけたりテキストを追加して作成できます。各種SNSなどでのシェアすることも簡単にできます。

Top 4:VideoShow

純粋は動画編集アプリです。動画へのテキスト追加やトリミングやカット、リサイズも簡単にできるので、好きなように写真や画像データと動画データを組み合わせて、ちょっと凝った動画に仕上げることができます。

Top 5:キネマスター(KineMaster) - ビデオ エディター

このアプリのおすすめポイントは、写真や動画データをつなぎ合わせて一本の動画にしている途中で、新たにそのデバイスでシーンを撮影して追加できるところと、作成しているデータは自動で保存してくれるので、最後に保存し忘れて作業がパーになることを防いでくれるところです。

Part 3: PCで写真で動画を作るソフト-「Filmora(旧名:動画編集プロ)」

ここまで10本のアプリをご紹介してきましたが、根本に流れるのは「動画編集」という概念ですね。フリーソフトもあれば有償ソフトもあったりしますが、どちらのデバイスにおいても最終的にSNS等にアップできたとしても、デバイスかインターネット上のデータでしかないですね。せっかくですからDVDに焼いたりしたいところです。

折角ですからきちんとした動画編集ソフトで、デバイスに左右されることなく作品として写真や画像データから動画データを作ってみたいですね。オススメは 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。

Windows版ダウンロード   Mac版ダウンロード

純然たる動画編集ソフトですが、素材になるデータフォーマットは、画像データも動画データもほとんどのフォーマットを利用でき、ドラッグアンドドロップで取り込んだデータをタイムラインに移動させてそこでトランジション効果やフィルタ、テロップをつけたりもちろんBGMをつけたりさらにそのBGMを効果的に編集したりと、まさに動画編集ソフトならではの機能を活用した動画として仕上げることができます。

もちろん写真から動画データとして作成したものは、デバイスに直接保存できたり、DVDに焼くことも、PC上にいろいろな種類の動画フォーマットで保存することができます。

FacebookやYoutubeにも直接アップロードできるので、まさに全方位の活用ができるような作品が、高機能な動画編集ソフトを使っているのに簡単に作成できてしまいます。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」主な特徴

  • 多種形式の動画・写真の入力・編集に対応
  • トリム、クロップ、BGM追加など多様な編集機能
  • 豊富なフィルター、タイトル、トランジション搭載
  • イントロ、クレジットやエフェクトで個性的な動画作成
  • PCへの保存、YouTubeへの共有やDVDへの出力
  • *Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac用動画編集ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」をダウンロードしてください。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

ハリウッド映画の特殊効果をあなたの動画に!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が簡単に作成できる!


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>