オーディオの編集

音声は、動画の評価を左右する要素の1つです。「Wondershare Filmora Mac版では、プロジェクトに音楽、ナレーション、サウンドエフェクトを追加できます。また、オーディオトラックの編集も行えます。

オーディオファイルを追加する

オーディオトラックにには、BGM(バックグラウンドミュージック)、サウンドエフェクトの埋め込み、自分で録音したナレーションを追加できます。

BGM(バックグラウンドミュージック)を追加するには

[インポート]ボタンをクリックして、コンピューター内のオーディファイルを参照することも、オーディファイルをメディアライブラリに直接ドラッグ&ドロップすることもできます。

ナレーションを追加するには

タイムラインの上のツールバーで[録音]録音 をクリックすると、[録音]ダイアログボックスが表示されます。開始ボタンをクリックして、3秒たったら話し始めます。録音が終了したら、停止ボタンをクリックします。ボイスオーバークリップがタイムラインに現れます。

ナレーション

タイムライン上で新たに録音を開始する場合、ダイアログボックスを閉じる必要はありません。時間インジケータを別の位置に移動して、開始ボタンを再びクリックします。

ヒント: 録音は10秒程度のセッションにすることをおすすめします。うまく録音できなかったナレーションを簡単に削除してやり直せるからです。削除するには、タイムラインのボイスオーバークリップを選択して、[削除]を選択します。

埋め込みオーディオエフェクトを追加する

「Wondershare Filmora Mac版には、目的別に多くのオーディオエフェクトが用意されています。タイムラインにドラッグ&ドロップすれば、オーディオエフェクトを動画に直接追加できます。

1. ツールバーの[メディアのインポート]アイコンをクリックすると、次のような[リソース]ウィンドウが表示されます。

リソース

2. [iTunes]の[ミュージック]を参照し、いずれかをクリックしてプレビューして、下にある検索ボタンの隣のボタンをクリックします。

埋め込みオーディオをプレビュー

3. オーディアファイルは、メディアライブラリにドラッグ&ドロップすれば、すぐに追加されます。また、タイムラインに追加すれば、その他のオーディアファイルと同様に編集が行えます。

タイムライン上のアイコンを動かして、サウンドエフェクトの開始位置を設定します。次に、プレイヘッドをドラッグして、再生時間を変更します。必要に応じて、複数のサウンドエフェクトを追加できますが、同時に適用できるのは1つだけです。

サウンドエフェクトを削除するには、アイコンを右クリックして、[削除]を選択するか、直接[削除]ボタンをクリックします。

オーディオクリップを分割する

「Wondershare Filmora Mac版」では、オーディオクリップを分割する位置を示すのに分割マーカーを使用します。次に、クリップを右クリックして[分割]を選択するか、ツールバーの上の[分割]ボタンをクリックします。

オーディオクリップを分割する

オーディオ設定を調整する

「Wondershare Filmora Mac版」では、デフォルトのオーディオ設定を変更して調整できます。タイムラインのオーディオファイルをダブルクリックすると、オーディオインスペクタが表示され、ピッチ、再生速度、ボリュームを調整したり、フェードイン/フェードアウトをすることができます。オーディオ設定は、スライダーを使って調整するだけです。思い通りにならない場合は、[リセット]をクリックして元に戻すことができます。

オーディオ設定を調整する

オーディオをミュートする

オーディオトラックを含む動画クリップをミュートするには、動画を右クリックして、メニューから[ミュート]を選択します。

オーディオをミュートする

動画からオーディオを分離する

動画からオーディオを分離するには、動画を右クリックして、[オーディオ分離]を選択します。分離されたオーディオクリップは、自動的にオーディオトラックに配置されます。

オーディオを分離する

オーディオのノイズを除去する

オーディオのノイズを除去すると、動画のオーディオ部分やオーディオファイルから定常騒音(風の音や流れの音など)を低減できます。動画やオーディオを動画トラックにドラッグ&ドロップして、そのファイルをダブルクリックします。動画ファイルの場合は、次のように操作します。

1.オーディオトラックに移ります。

2.[バックグラウンドノイズを除去する]をチェックします。

3.スライダーを別のレベル(弱い、標準または強い)にドラッグして、ノイズを適宜減らします。

オーディオファイルの場合は、ファイルをダブルクリックして、動画ファイルと同様の方法でノイズを除去します。

オーディオのノイズを除去する

オーディオイコライザー

オーディオイコライザー(EQ)は、次のように操作します。

1.動画またはオーディオをタイムラインにドラッグ&ドロップします。

2.動画またはオーディオをダブルクリックして、オーディオインスペクタを表示します。

3.イコライザーのドロップダウンリストからプリセットを直接選択できます。プリセットには、デフォルト、クラシック、ダンス、低音、スパークリー、ポップ、ロックンロール、ソフト、テクノ、ハードロック、スカ、国、音響、フォーク、ブルース、カスタムがあります。[設定]ボタンをクリックすると[イコライザーをカスタマイズする]ウィンドウが表示されるので、スライダーを上下にドラッグしてゲインを調整することもできます。

4.[保存]をクリックして、設定を保存します。

オーディオイコライザー

オーディオミキサー

オーディオミキサーを使用するには、次の操作を行います。

1.メディア(動画またはオーディオ)ファイルをタイムラインにドラッグ&ドロップします。

2. [オーディオミキサー]ボタンをクリックします。

オーディオミキサーを選択する

3.カスタマイズするトラックを1つずつ選択し、円の周囲にある赤色の小さい点を回転させて、左右のチャンネルの音を調節します。スライダーを上下に動かして、ゲインを調整することもできます。より正確に調節するには、カスタマイズするDB値を入力します。

4.さらに、[サラウンド(仮想)]または[ステレオ]を選択できます。対応するトラックをパンに沿って目的の位置にドラッグします。

5.[OK]をクリックして設定を保存し、タイムラインに戻って結果をプレビューします。

オーディオミキサーを編集する

無料ダウンロードは下記から:

Download Mac Version    Download Win Version