クリップのトリム/分割/回転/クロップ/結合

メディアファイル (動画、画像など) がインポートできたら、編集を開始します。このチュートリアルでは、タイムラインへのクリップの配置、映像のクリーン アップ、不要な部分の削除などを説明します。

1. メディアをタイムラインに追加する

メディアをメディアライブラリからタイムラインに追加するには、2 通りの方法があります:

方法 1: タイムラインに追加したいファイルを見つけて選択し、タイムラインの追加したい場所にドラッグ&ドロップします。

方法 2: タイムラインに追加したいクリップを右クリックし、以下のオプションのいずれかを選択します。

メディアをタイムラインに追加する

挿入: メディアを選択したトラックのプレイヘッドの位置に追加します。トラック上にすでに存在しているメディアは、挿入されたクリップの長さによって挿入されたメディアの右側へ移動します。

上書き: メディアを選択したトラックのプレイヘッドの位置に追加し、その場所にすでに存在しているメディアを置き換えます。

プロジェクトの終わりに追加: メディアを選択したトラックの最後の部分に追加します。

新しいトラックに追加: メディアを新規に作成した他のメディアのないトラックに追加します。

: ロックされているトラックにメディアを追加することはできません。

サンプル色やサンプルビデオを利用する

サンプル色やサンプルビデオを利用する

Filmora9には、サンプル色 (色の静止画像) やカウントダウン イントロ ビデオがいくつか用意されています。これらの素材を利用するには、メディアをクリックして [カラーサンプル] または [動画サンプル] を選択します

2. タイムラインからメディアファイルを削除する

Filmora9 Mac版には、タイムラインからファイルを削除する方法がいくつもあります。

タイムラインからファイルを素早く削除するには、そのファイルをクリックしてキーボードの [Delete] キーを押します。または、ファイルを選択してツールバーの[削除] アイコンをクリックします。

タイムライン内のクリップを右クリックして、メニューから [削除] を選択することもできます。

複数のファイルをタイムラインから削除するには、[Command] キーを押しながらファイルを選択し、上記の方法のいずれかを使います。

リップル削除

動画内に大きな隙間を作らずに動画クリップをタイムラインから削除したい場合は、リップル削除機能を使います。

削除したいクリップを右クリックし、[リップル削除] を選択します。Filmora は、隣り合う 2 つのクリップを配置して削除するクリップの左側にある隙間を埋めます。

リップル削除

3. 動画クリップをトリミングする

動画クリップをトリミングする

動画クリップ (またはメディアの一部分) の先頭から末尾までをトリミングする必要がある場合、マウスをタイムライン内のクリップの左端上または右端上に重ねると、  Filmora 9 for Mac  Trim iconツールが表示されます。 次に、クリップの端をクリックして前方または後方にドラッグして不要な部分をトリミングします。[編集開始点から再生ヘッドまでトリム] または [編集終了点から再生ヘッドまでトリム] ツールを使って、プロジェクト内で使われているすべてのクリップを素早くトリミングすることもできます。プレイヘッドを動画の先頭または末尾にしたいフレームに置いて右クリックし、[編集開始点から再生ヘッドまでトリム] または [編集終了点から再生ヘッドまでトリム] を選択します。

動画クリップの中間部分を切り出す必要がある場合は、プレイヘッドを不要部分の先頭にドラッグし、[ハサミ] アイコンをクリックしてクリップを分割します。次に、プレイヘッドを不要部分の末尾にドラッグ、再度 [ハサミ] アイコンをクリックします。これによって不要部分が独立するので、その部分を選択して [削除] をクリックします。

4.動画クリップを分割する

分割機能は、動画を2つに切るのに役立ちます。

Filmora9 Mac版には、動画クリップを分割する方法が 2 つあります。タイムライン上で、またはシーン検出機能を使用します。

タイムライン上で直接クリップを分割するには

  • タイムライン上でクリップを選択します。
  • プレイヘッドをクリップの分割したい位置に置き、右クリックします。
  • 表示されたメニューから [分割] オプションを選択します。または、ツールバーの [ハサミ] アイコンをクリックします。
動画クリップを分割する

シーン検出を使ってクリップを分割するには

クリップにいくつかの別々のシーンや異なる場面が含まれている場合は、シーン検出機能を使って別々のクリップに分割することができます。

  • メディア ライブラリの動画ファイルを右クリックし、[シーン検出] を選択します。[シーン検出] ウィンドウが表示されます。
  • シーン検出
  • [シーン検出] ウィンドウで、[検出] をクリックします。Filmora9 が検出したシーン間のトランジションに基づいて、動画がいくつかのクリップに分けられます。
  • シーン検出
  • [適用] ボタンをクリックすると、分割された動画クリップが自動的にタイムラインに追加されます。

5. 動画クリップを回転または反転する

  • クリップを回転または反転するには、回転または反転したいクリップをタイムラインに置いて、そのクリップをダブルクリックします。
  • [クロマキー] や [合成] などのオプションがあるメニューが表示されます。[トランジション] メニューでボックスにチェックが入っていることを確認します。
  • 動画クリップを回転または反転する
  • [回転] スライダーを動画の右にドラッグするか、スライダーの横にあるボックスに数値を入力します。
  • [回転] の真下には、[反転] オプションがあります。[水平方向に反転] アイコンをクリックするとクリップが左右に反転し、[垂直方向に反転] アイコンをクリックするとクリップが上下に反転します。

メニューの左下には、[リセット] ボタンがあります。変更を取り消したい場合には、この [リセット] ボタンをクリックします。編集を確定するには、[OK] をクリックします。

動画を素早く 90 度回転するには、タイムライン内の動画を右クリックして [時計回りに90度回転] または [反時計回りに90度回転] を選択します。

  Filmora 9 for Mac rotate videos

6.動画クリップをクロップする

以下のステップに従って、動画クリップの一部分をクロップしてズームします:

  • タイムライン内のクリップを選択します。
  • クリップを右クリックして [クロップとズーム] を選択するか、[クロップ] アイコン  Filmora 9 Mac crop iconをクリックします。
  • 表示された [クロップ] ウィンドウ内で、クロップしたい範囲を四角い枠を使って移動、調整します。プリセットされた縦横比 16:9、4:3、1:1、9:16 から選択することもできます。
動画クリップをクロップする

7.動画をリサイズする

動画の表示サイズを変更するには、クリップをダブルクリックして [ビデオ] メニューを表示し、[動画] タブの [変換] の下にある [スケール] スライダーをドラッグします。このとき、[変換] の横にあるボックスにチェックが入っている必要があります。

動画をリサイズする

[スケール] スライダーには、正確な数値を入力するボックスもあります。

8.動画を結合する

連続するいくつかの動画クリップを 1 つのクリップにまとめたいときに結合機能を使用します。動画クリップを結合するには、動画クリップを順番にタイムラインに置き、1 つの動画としてエクスポートします。

9.タイムライン上でズームイン/ズームアウトする

タイムラインをズームイン/ズームアウトしたり、大きくまたは小さく (詳細に) 表示するには、タイムラインの右上にあるスライダーを使います。また、プラスアイコン  Filmora Mac zoom in icon をクリックするとズームインし、マイナスアイコン  Filmora Mac zoom out iconをクリックするとズームアウトします。

[タイムラインに合わせてズーム] アイコン  Filmora Mac zoom to fit icon をクリックすると、動画全体を見渡すことができます。

ショートカットを使ってズーム レベルを変えることもできます。[Command]+[+] でズームイン、[Command]+[-] でズームアウトします。