SUMMERキャンペーン・第二弾

FLVフォーマットのクロップは簡単?

Wondershare Editor 編集者: Apr 01,2017 18:21 pm

FLVフォーマットはOSの垣根を越えて、Flash PlayerとWebブラウザプラグイン等でたいてい見ることができるフォーマットとして、映像配信に使われることが多いフォーマットではあります。

そのため、YouTubeやニコニコ動画、ヤフービデオ、グーグルビデオなど各種ニュース提供元などでも採用されており、素材となるデータの数は相当数になると思います。

趣味の動画や一連の動画が細切れになって配信されているものなどを自分のPCにダウンロードして、動画集を作ったり、1本に繋ぎ合わせて流れをまとめてみたりと、資料作成にはもってこいかもしれません。また、「資料」となる性質も含んでいるゆえに、動画の中の一部分だけを切り出してクローズアップさせたりすることもしたくなります。

ではそういったクローズアップした、注目したいところだけを切り出した動画、どうしたらできるのでしょうか。

そこで役に立つのが「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

このソフトは、Windows版、Mac版どちらもそろっていて、低価格高性能の動画編集ソフトで、先ほど挙げたクロップ作業も、とても簡単にできてしまいます。

「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、簡易編集モードと高度編集モードの2つのモードがあって、簡易編集モードでは、基本的な動画編集、例えば動画データをつなぎ合わせてタイトルをつけてクレジットをつけて出来上がり、というようなことがたった数ステップで出来上がるモードになっています。

高度編集モード

そしてクロップ作業をするには、高度編集モードで行うことになります。操作手順は大きく分けて素材データの取り込み、クロップ作業、(その他編集作業)、出力、だけです。

では詳しく見ていきます:

1.素材となるデータの取り込み。すべてドラッグアンドドロップで対応できてしまいます。

動画クロップ

2.タイムライン上で、クロップしたい動画データを選択(ハイライト)し、鋏マークをクリックするか、右クリックして 「クロップ」を選択します。

動画クロップ

3.レイアウト枠が現れますので、それを画面上で必要な個所のみを囲うようにします。

動画クロップ

4.プレビューして改めてレイアウト枠を修正するか、問題なければクロップ作業完了です。

詳しく見てもこれだけの工程です。

さらにデータの出力も、「作成」をクリックして、出てきたウインドウで保存形式を選び、ファイル名を付けて、保存場所を指定して完了します。

もちろん、解像度などを必要に合わせて「詳細設定」から調整します。 作成したデータはアンドロイド端末やiPhone、iPad等のデバイスに取り込んだり、DVDビデオとして書き出したり、YouTubeやFacebookに直接公開することができます。

*ヒント:メニューには、「形式」、「デバイス」、「YouTube」、「Facebook」、「Video」、「DVD」があり、FLV形式で出力するには、「形式」タブを選択して、FLVを選択、ファイル名、保存場所の指定、と進みます。

動画を出力

このように、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は、データの取り込み編集から出力まで、一気に簡単に操作ができる、優れものソフトです。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

関連記事

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>

Filmoraを購入、または無料体験版をダウンロードして、
動画編集を始めましょう。