M2TS/MTSデータはどうやって編集したらよいの?クロップ編。

Wondershare Editor 編集者:

M2TSもMTSも、AVCHDで記録されたハイビジョン動画のファイルに付けられた拡張子で、H.264/MPEG-4 AVCで映像が記録されているもので、一般に知られている動画ファイルよりもデータ容量が大きくなり、また、動画編集ソフト自体もM2TSの拡張子を持つ動画データに対応したものが少なく、一度別のファイル形式に変換する必要がある場合が多いです。

そのため、せっかくデジタルビデオカメラで撮影した映像も、専用DVDライターが無いと外部機器での再生ができなかったり、直接ビデオカメラをテレビにつなげて大勢で見たりはできますが、それだけでは味気ないですね 。

単調にシーンごと再生されていく様子を見ていても寂しいですし、例えば細切れになったシーンを、その間にタイトルをつけたりタイトルメニューを作成したり、はたまた誤って撮影してしまった足元が映ったシーンを削除したりできたら、それら映像もより楽しく見ることができますね。

こうした編集の中でも、シーンのカットの中で周囲に余計な風景が映りこんでいて、例えば中央に映っているモノだけが映っているようにしたかったり、映像の一部分だけを大写しにしたい、なんて思ったことありませんか?そういう場合におすすめしたいのが、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」です。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Windows版とMac版が揃っており、どちらもお手頃な価格設定で、しかもできることといえば、高機能で高価なとある動画編集ソフトとほぼ同じことができるといっても過言ではないくらいに高機能です。

final cut pro

さて、早速この、動画のあるシーンのカットの中で、一部分だけを切り取るという「クロップ」という操作方法について見ていきたいと思います。

Step 1 素材となるM2TSやMTSデータを用意して、Filmora(旧名:動画編集プロ)は高度編集モードを立ち上げておきます。

高度編集モード

高度編集モードを立ち上げた最初の画面では、左上がメディアライブラリーといって、そこに素材となる各種データ(動画、静止画、音声等)を入れていく場所で、すぐ下にツールバー、画面の右上(メディアライブラリーの隣)がプレビュー画面、そして一番下にタイムラインが配置されています。

Step 2 このメディアライブラリーに、素材となるM2TSやMTSデータをドラッグアンドドロップするか、「追加」をクリックして素材データを選びます。

final cut pro

Step 3 メディアライブラリーに入れた素材データをタイムラインまでドラッグアンドドロップして、そのファイルをクリックして選択します。

動画クロップ

Step 4 タイムラインの直上にある鋏マークをクリックして「クロップ」ウインドウを立ち上げます。

動画クロップ

Step 5 クロップウインドウは2画面から成っていて、左画面には先ほど選択した動画データの画面とその上に破線が乗っているので、その波線を、残したい場所に移動させて大きさを調整、それを右側の画面でプレビューして問題なければ、「OK」をクリックしてクロップ作業は完了。

動画クロップ

たったこれだけで、難しそうに思っていた編集ができてしまいます。

Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

あなたのストーリに光をつける!「Filmora (旧名:動画編集プロ)」なら、こういう感じの動画が楽に作成できる!

詳しい「Filmora (旧名:動画編集プロ)」操作デモ


Windows版ダウンロード    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

関連記事

コメント

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。 >>